« 今日は芝居見物。 | トップページ | 亡き母の詩ーその2 »

2011年5月 4日 (水)

亡き母の詩。

毎年のことですが、私のゴールデンウィークは出かける予定も無く、のんびりしてます。

実家の掃除と片付けをしていて見つけたのが、亡き母の短歌集。

生前に詠んだ1,140句が、製本されて残ってました。
一句一句に月日が記されていて、まるで日記のよう。
私と思える人物や、私でもわかる想い出がたくさん出てきて懐かしい。

Poem_may4こんな気持ちでいたんだ…などと感慨深く、お掃除そっちのけで読みふけっちゃいました。(笑)
この詩は、昭和51年の作だから35年前?
『雨もなく、気温上がり吹き荒れて、初夏の緑も葉波にうねる』

母が、今の私の年齢の時に詠んだ句で、日付もあわせて選びました。
これも、ウォーキングしながら撮った写真と合成です。

今年の春は、風の強い日が多く、しかも気温の変化が激しい。
それがなんとなくこの詩と気分が合っていたので書き楽しんじゃいました。(^^;ゞ

|

« 今日は芝居見物。 | トップページ | 亡き母の詩ーその2 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/164930/51604562

この記事へのトラックバック一覧です: 亡き母の詩。:

« 今日は芝居見物。 | トップページ | 亡き母の詩ーその2 »