« 書と紙 | トップページ | 日本人の味覚は変わったのか?! »

2011年6月 7日 (火)

加賀藩御用『森八』の和菓子。

昼間、打ち合わせをした女性の方から、こんな手土産をいただいちゃいました。

Morihachi1 加賀藩御用菓子司「森八」の和菓子、始祖は清和天皇の末裔で380年の歴史だそう。
いただいたのは和風ゼリーで包んだ涼菓、名のとおり『季すずやか』。→

久しぶりでもないし、特別何かがあったわけでもないのに、このような手土産に恐縮しちゃいました。

ただ、私にというか、私の奥さんと85歳のおばあちゃんに…、でした。(笑)

しかし、私にはこのような気遣いは、とても真似できません、大切なことを学ばされてます。

男にはなかなか気がつかない、女性の感性の素晴らしいところと思わざるを得ません。

さすが気品ある方がくださった、手土産のお菓子も品がいいですよね。

家に持って帰ると、やっぱり喜ばれたこと!

私は、めったに間食しない習慣だけど、さすがに一ついただきました。
甘ったるくない甘さ!なんと品の良い味でしょう。甘党ではない私もこれはいけます!

こういう日本の伝統的な物をいただく時って、なぜか?ガツガツしない、これは不思議。

一瞬、私も品が良くなったような気がしました~(^^)v

|

« 書と紙 | トップページ | 日本人の味覚は変わったのか?! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/164930/51917321

この記事へのトラックバック一覧です: 加賀藩御用『森八』の和菓子。:

« 書と紙 | トップページ | 日本人の味覚は変わったのか?! »