« 『ボランツーリズム』という企画 | トップページ | 敦煌芸術展 »

2011年7月21日 (木)

中国異文化研修

二週間前に『今、中国が面白い』という本を紹介しましたが、その著者(監訳)三瀦正道先生の講演を聴いてきました。

会場は「東京中国文化センター」だそうで、私は初めて。
虎ノ門駅から徒歩5分の37森ビル、1階にちゃんと独立したエントランスがあるんです。

Mizuma 今回は"日中異文化理解"というテーマ、本の解説ではなく実体験をもとにした話が面白い。
他では入手できない驚くべく興味深い内容ばかりでした。

"中国人は謝らない"とか"法律を守らない"とか、理解し難いたくさんの事も文化の違いを知るとわかる。
それらを日本人側の論理で、偏見のまま理解しようとしないのが実情。

また、それとは別に考えさせられる例を一つ、日本と中国の違いは、関東(江戸っ子文化)と大阪(浪花っ子文化)の違いに似ていると言う。

中国語にある関西弁的な言葉(関東弁には無い)。
もうかりまっか発財発財
ぼちぼちでんな馬馬虎虎
よう言わんわ我不敢説

なんとも言い難いけど、説明を聴くとなるほどと思わされます。
私は東京っ子なので、自分でもうっすらと感じてはいましたが…(^^;ゞ

とにかく文化の違いと理解は大事です。
自分としても中国だけに限らずこれからの重要な課題となることでしょう。(^^)v

|

« 『ボランツーリズム』という企画 | トップページ | 敦煌芸術展 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/164930/52293234

この記事へのトラックバック一覧です: 中国異文化研修:

« 『ボランツーリズム』という企画 | トップページ | 敦煌芸術展 »