« 2011年10月 | トップページ | 2011年12月 »

2011年11月29日 (火)

南三陸町にて栄養物資支援、贈呈式の写真

Zoteishiki一昨日行われた、東日本大震災の被災地(宮城県)南三陸町、町長さん宛てに贈られた贈呈式の写真を入手しました。

右の写真は、ベガ・カラバーニャ社(スペイン)代表より南三陸町に渡された目録。

ちなみに、この目録は私が書いて手伝いました。(笑)

そして全員の記念写真。
日本側は、K&オリーブ(株)関係者↓

この贈呈品である『ペケ・オリーバ』の日本デビューが、社会貢献となりました。
新商品発表が社会貢献だなんて、大手企業といえどもなかなかないことでしょう?

Minami_sannriku_cho単なる宣伝ではなく、今までにない世のためになる新商品なので、紹介しちゃいます。

ペケ・オリーバ(Peque Oliva)は、スペインの小児科学会が世界に先駆け、生後6ヶ月以降の乳幼児の食事に1日小さじ2~4杯のエクストラバージンオリーブオイルを勧めておりますが、その勧告に見合ったオリーブオイルを独自に開発、また、ヨーロッパ小児消化器肝臓栄養学会(ESPGHAN)の基準にも合った乳幼児用栄養プログラムも開発し、世界初の乳幼児専用オリーブオイルが生まれたのです。

来月早々目標にホームページを(焦って)作ってますので、また報告します。(^^;ゞ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年11月27日 (日)

被災地、南三陸町へ栄養物資を支援。

東日本大震災の被災地(宮城県)南三陸町の赤ちゃんとお母さま方のために、
スペインより乳幼児専用のオリーブオイル(1,500人分)が贈られることになったのです。

素晴らしいことです。

本日11:00より(南三陸町)町長に、スペイン側からの贈呈式が始まります。
私は東京で無事を祈っています。(笑)

Pequeoliva250ml贈呈品は先日(11/25)紹介した「ペケ・オリーバ」。→
全国で各メディアが取り上げました。

その内容の一部をここに転載します。

贈呈式及び式次第

日時:平成23年11月27日(日)
    11:00~11:30
場所:宮城県南三陸町 仮庁舎 町長室
1. 開会
2. 出席者紹介 南三陸町/最知保健福祉課長
           スペイン側/K&オリーブ(株)飯島社長
3. 贈呈挨拶および目録贈呈 ベガ・カラバーニャ社代表 ロベルト・カブレラJr.
4. 謝辞  南三陸町/佐藤仁 町長 
5. 記念撮影
6. 懇談

今後の予定:
来年早々、南三陸町保健施設にて震災時の赤ちゃんと栄養に関して記念講演を。順天堂大学 山城雄一郎教授の講演、管理栄養士によるレシピ実演デモなど計画中です。

関係サイトへのリンク:
ベガ・カラバーニャ社の公式サイト http://www.vegacarabana.es/
ペケ・オリーバ(PequeOliva)商品紹介サイトhttp://www.pequeoliva.com/noticias/
K&オリーブ(株)の紹介サイトhttp://www.k-olive.jp/

というわけで、私もIT関連で全面的に協力して頑張ってます。(^^)v

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年11月26日 (土)

三の酉~鷲(おおとり)神社へ。

昔から三の酉まである年は火事が多いと言うけど本当かな~?

111126_163259 火事は迷信でしょうが、

それはともかく、今年は時間が取れなくて(最後の)三の酉になってしまったが、お酉さまの元祖(浅草)鷲神社へ。

つまり私の地元なのですが、ここでのお参りは何十年ぶりか?なのです。

都内の酉の市へはいろいろ行ったけど、鷲神社はお酉さま発祥の地、スケールが全然違う。

111126_164105鷲(おおとり)神社って読ませるんですねぇ、それで"おとりさま"?
小さい頃からそう思ってました。

どうして学校が休みにならないかと怒ったくらいお酉さまは楽しみだったような…。(笑)

日が短くなったし、遅くなると混むし、と、夕方早めに行ったのですがもうぎっしり。

人の流れに乗りながら少しずつ少しずつ入り口に近づく。これがいいんです、次第に胸が騒ぎます~。お払いをやってくれてるので、私も急いでその下にもぐり込む。↑

111126_164158 売れた熊手の名前を見ながら歩くのも楽しいもの。
北島三郎事務所、石原良純、兄、弟、などなど有名人の名札が目立ちます。

それにしても変わらないのが屋台のメニュー、的屋(てきや)さんも変わらない。
まさに下町文化の香りか?江戸庶民文化とも言うべきか?

やっぱり生まれ育った町はいいもんでした~。(^^)v

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年11月25日 (金)

「ペケ・オリーバ」?それは、赤ちゃん用オリーブオイル!

Peque_250ml世界で初めて乳幼児用に開発されたオリーブオイル、
「ペケ・オリーバ(PequeOliva)」。(右の写真)

本日発表、日本で初登場です!

ペケって名前…?日本でどうなのかな~?と、最初思ったけど、意外や意外、"カワイイじゃん"となりました。(笑)

ペケはスペイン語で小さい子供の意味だそうで、
昔からスペイン、イタリアなどの地中海沿岸地方では、離乳食や幼児食として、オリーブオイル(エクストラバージンオリーブオイル)が多様に使われて来ましたが、乳幼児専用に開発されたのは初めて!という事なのです。

Main_pequeolivaオリーブオイルの研究ってつい最近、この10年くらいの間にアンチエイジングはじめ、スゴイ効能が続々と発見されているんです。
日本では殆んど料理関係だけど、調べるほど驚くばかり。

パトリシア日記」で、いろいろ勉強になりました。

しかも日本デビューの仕方が社会貢献という素晴らしさ!

今度の日曜日、東日本大震災の被災地(宮城県)南三陸町の赤ちゃんとお母さま方のために、スペインから1,500缶をプレゼントするんです。

動画をスペインから入手したので、日本語の字幕を入れました。↓

翻訳は私ではありません、当然でしょう…(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2011年11月23日 (水)

大人の生活誌『サライ』にパトリシアの広告。

最新号の『サライ』に、コロニアパトリシアの1ページ広告(右ページ)が載ってます!

Saraiad やっぱりメジャーな雑誌に載ると反響はスゴイ。

この広告には、商品メッセージだけで、K&オリーブ社の社名も住所も電話番号も何も書いてない。
商品を買うネットショッピングのページが、
http://www.patricia.jp 
右下の端に小さ~く書かれているだけ。

それなのに、ケイタイやPCからたくさんのアクセスがあるんです。
まさにメディアミックス、インターネットの時代ですね。

「大人の、母乳です。」が、キャッチフレーズ

いいですね!

本文を読むと、この広告コピーはさすがにレベルが高い、と感心しました。

ホームページも広告表現も高級感あふれ、本物志向の方々に支持されると思います。

良いものには、良い人々が集まると言うことなんでしょうね~!

さらに来月早々には他誌、『レタスクラブ』、『食楽』と、続々掲載されるようです。(^^)v

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年11月21日 (月)

最高級オリーブオイルのお試しボトル、応募が続々。

会員登録された方々には御礼申し上げます。全員にミニボトルが締め切り後に郵送されます。

右のサイドバーにも、テキストでリンクしてますが、
スペインの最高級オリーブオイル『コロニアパトリシア』のミニボトルプレゼント実施中!
2011/11/30まで。

あと一週間なので、現在状況のお知らせです。

会員登録された方の殆んどがメルマガ配信も希望されてます。
まもなく世界初の新商品が発表になりますし、メルマガ登録だけでもお急ぎを!

メルマガだけの登録だと、ミニボトルは抽選ですが、
こちらだけの登録は少ないので、いまのところ高確率で当たります。

もちろん会員登録されれば全員がもらえますから、そちらの方が安心ですけどね(笑)

いずれにしても、締め切り間近です、是非お試しくださることをおすすめします。
http://www.k-olive.jp/present/2011.11.html

Patricia_present
このオリーブオイルについては、
私も一生懸命仕事やってるので宣伝ブログしちゃってます。(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年11月17日 (木)

「どうして、日本を好きになったんだろう」

JAPAN  WEEK  IN  HUNAN  2011  湖南省日本人会と湖南省の各大学日本語科が中心のスピーチコンテスト(19大学参加、各大学一名)が長沙の湖南大学で開かれた。
テーマは『あなたと私をつなぐ心、愛する心、一つの心』で、発表者の日本、日本人観を述べるもの。と言うことで…、

Img_3236 三回にわたり浴衣(ゆかた)デビューを伝えてくれた、中国湖南省の湘潭大学・日本語教師の渡辺明次先生。
今日のお便りは、自分の生徒の「日本語スピーチコンテスト」の様子です。

惜しくも3等賞だったそうですが…、全文を送ってくれました。(長いので印象に残った一部だけ転載します)

「どうして、日本を好きになったんだろう」 3年 彭 蕾(Peng Lei) 
                    
 あなたの身近には、外国人の友達や知り合いがいますか。あなたは彼らのことをどう思っていますか。そして、そんな彼らがあなたの国をどんな思いでみているのでしょうか、ちょっと気になりませんか。では私の感じる日本をお話しましょう。       
2009年9月、私は高校を卒業して、日本語科の学生になりました。ちょうど同じ時、ある一人の日本人が私の大学へ日本語の先生としてやって来ました。 そして私の一年と二年の時、「あいうえお」から私たちに日本語の会話を教えてくれました。テレビの中の血だらけの銃剣を振り回しているちょび髭の軍人の感じと違って、先生は意外に親切なイメージを私に与えました。本物の日本人と出会えるとは思っても見なかったので、わくわくしながら先生の観察を始めました。

<中略>
Img_3230 先生はとても優しくて、学生に愛情を持って、ユーモアのある人です。授業中いつも身振り手振りを交え、面白い話をして生き生きと教えてくださいます。例えば、日本の「盆踊り」の話をすると、一人でテンション高く踊り始めました。挨拶の言葉を教える時、脱線してナンパ族に変身して、「ちょっとお茶しない」というような劇を演じました。
<中略>
そうしているうちに、日本語の勉強もだんだん面白くなり、先生のことも好きになりました。また、勉強すれば勉強するほど、日本の文化をも身につけるようになりました。もし今の私は「どうして日本語を勉強するんだろう」ということを聞かれると、「もうすっかり日本のことを好きになりましたから」と答えます。
 先生は日本人で、私たちは中国人です。そして私たちの付き合いはある意味では小さな国際交流になります。さらに一歩進んで考えれば、中日友好の力にもなると思います。先生は別にお金のために働き続けているわけではありません。年を取っても怠けずに、ささやかでも力を尽くして、学生達がしっかり日本語を身につけて、本当の日本と日本人の姿を多くの中国人に知ってもらい、日本人にも真実の中国の姿を知ってほしいのです。こういうような日中両国の文化交流のために頑張る姿勢の先生が大好きです。

<中略>
先生のような存在こそ、これからの中日関係を良い方向へ導いてくれるのではないだろうか。中国と日本はきっと明るい未来が迎えられると私は信じています。中国の皆さん、さらに日本の皆さん、一緒に中日友好という輝く未来のためにがんばりましょう。

ここに出てくる先生とは、もちろん渡辺明次先生のこと。
欲得を超えた自然な振る舞いが、若い人の心をしっかり掴んだと感じました。(^O^)/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年11月15日 (火)

浴衣(ゆかた)デビュー・第三弾!

今月の初めに、中国湖南省の湘潭(シャンタン)大学で日本語を教えている渡辺明次先生の活躍、「ゆかた」デビュー、第一弾と二弾を紹介しましたが、
今日のは第三弾ですって。(笑)

Img_3282 湘潭シャンタン大学だより(要約)

2011年下学期(9月から1月)もあと少し。

「ゆかた」についてはだいたい周知されたようで、第三弾は一年生が8名。
12月に外国語学部が行う「クリスマス晩会」の演芸会で「さくらさくら」を踊る予定だと。

その出場予選会が今日11/15の昼休みに、久しぶりの陽光に恵まれ、キャンパスの広場で開かれた。
予選を通過したかどうかはまだ連絡はない。

ということだそうで、"予選通過"を祈りましょう。

ほんの20秒ですがYouCubeに載せました。
さくらさくら~♪に合わせて?楽しんでますね~。

それにしても渡辺先生、楽しんで学校生活を堪能されています。
日本語を教えながらの、まさに、素晴らしき日中友好交流でもありますね。(^^)v

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年11月14日 (月)

福島市の山田明生氏

東日本大震災で大被害に遭われた福島市の山田明生さんとは、震災が起こる数ヶ月前に知り合ったばかり。(写真右端↓)

Allmember その後、震災も含め、偶然と言うかいろいろな人と縁が重なり、今日に至っています。

そもそも山田さんは、福島市日中友好協会の会長ということで知り合ったのですが、お店が大被害に遭われたということから、東北の養老乃瀧チェーンを11店舗も経営されているオーナーと知りました。それも何と、78歳?の現役社長なのです。

Dish_2 あれから8ヶ月、着々と複数店舗の復旧活動を続けておられ、東京に仕事で来られるたびに声をかけてくださいます。

前回は確か8/18でしたが、その間に中国・北京で防災関連の会議に日本人として参加されたそうです。

スゴイ事です。

それなのに今回も、山田さんの方から北京でお世話になった御礼ということで会席を設けてくださったのです。

Sakana

ここは池袋駅向かい、養老乃瀧池袋ビル5Fの海鮮番屋 魚彦(ウオヒコ)

Tsuka01_2 同じ養老乃瀧グループでも、こちらは鮮度にこだわった本格海鮮料理。

素敵な個室でゆっくりできて良い感じです。

私なんぞはお礼されるほどのことはしてないので恐縮しちゃいました。

お酒も飲みすぎたようで、しっかり酔ってしまい、本当にご馳走様でした。m(__)m

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年11月11日 (金)

スペインのオリーブオイル(コロニアパトリシア)

あれから一ヶ月経った今、オリーブオイルのことが少しづつわかってきたような…?

Spanish たとえば、オリーブオイルといえばイタリアじゃなくて!スペインなのです。
イタリアの方が商売が上手いようで?ずっと信じ込まされてましたねぇ。

Cloniapatricia 原産地にこだわるのは当然品質が良いからで、高級なオリーブオイルは調理に使ってはもったいない、風味と香りを直接味わうべき。私も同感、毎日味わってます(笑)

それを日本の皆さまに試して欲しいと!

スペイン直輸入・国内総販売元のK&オリーブ社から、会員登録(無料)するだけで、全員に「お試しミニボトル」を送ってくれます。

会員登録されると特典はもちろんですが、日本の皆様に本物のオリーブオイルを見直していただきたく、新しい情報提供を次々に準備していますので、是非ご応募してみてください。
こちらから >>http://www.k-olive.jp/present/2011.11.html

With_bread 何て…、宣伝しちゃいました。ぜひぜひアクセスしてお試しを!(^^)v

とくに、毎朝のヨーグルトにピッタリ、便秘にはバッチリですよ~。
これ、とっても香りが良くて美味しいんです、写真のように何にでもかけちゃってます。(^^;ゞ

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2011年11月10日 (木)

チリのワイン(VILLAGOLF)

数日前に、我が奥様から「今日は何の日?」と聞かれ、ドキッっと!(笑)

今日になっちゃったけどプレゼント買ってきました。

Villagolf しかし、今さら誕生日プレゼントと言っても…私もそうだけど希望は特に何もない。

食べるもので充分でしょう。でも、ケーキやスイーツのような単品はあまり喜ばない。
それでは私の独断で、仕事の帰り道、円高還元セールと書いてある洋酒屋の看板に魅せられて。

チョコやクッキーなど、駄菓子みたいな安物ばかりゴチャゴチャたくさん買ってきた。
ところが、これで喜んでくれる?んです。

そして乾杯用のワイン、これも安い!

これ、チリのワインで名前が『VILLA GOLF』、いちおう有名みたいです。
ある方のブログで知りました、ここのオーナーがワイナリーにゴルフコースを作ってしまうくらいゴルフ好きなのだそうです。

ゴルフのイラストや下のほうにHOLE IN ONEって書いてあるので、景品用かと思ったくらい。口当たり良くさっぱりしていて、お酒があまり飲めない彼女もご機嫌でした。

そして、ワインの向こうには、グツグツ煮えた鍋料理に酒の肴も待ってます。
私にとってチョコやクッキーは場違いかも?

まあ、そういうわけで、本日は無事に奥さん孝行ができました~。(^^;ゞ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年11月 9日 (水)

新橋駅前の立ち飲み広場?

111109_181210仕事帰りのサラリーマンインタビューでおなじみ新橋駅前。

今日も何かやってました。

古本市か?骨董市か?いや、違う。と、興味津々で近づくと、みんな一杯飲んでるじゃないですか!

さすがサラリーマンの街、ものすごい人だかりです。

111109_181236 『がんばろう日本!がんばろう東北』の看板→
を見てわかった。
東北の地酒市でしょう。

そうであれば、私も素通りするわけには行かない。
庄内の雫?とかいうのを並べている店の前で立ち止まりました。(写真↓)

111109_181353 米の焼酎で25度だというので、ひと口ばかり試飲を…。

ム~ちょっと…、
「いただいたのにゴメンなさい、私の場合、焼酎はやっぱり米じゃなくて芋がいい」
お店の人に正直な感想を。
「いえいえこちらこそ」と低姿勢な返事。

しかしこの『雫』は目の前でどんどん売れてる。

それでも私は頑固として、焼酎は米じゃダメ。と自分に言い聞かせつつ…

なぜか足が、帰路と違う方角に向きそうになってました。(^^;ゞ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年11月 8日 (火)

日比谷図書館リニューアル、図書文化館に!

日比谷図書館は、確か2ヶ月くらい前に工事中で入れなかったのを覚えてる。
今日の昼休みになんとなく、覗いてみるとやってるみたい。

111108_122255_2 どこかリニューアルしたのかな?と思うくらい何の変化も感じないので聞いてみた。

先週の金曜日(11/4)にオープン、名前を『日比谷図書文化館』と変えたんですね。
建物も東京都立だったのが千代田区立になったようです。

日比谷図書館は、学生時代はもちろん最近でも利用させていただいてます。

111108_121306 それが、単なる図書館でなく"文化館"という"知の拠点"として役立つ施設に変身。
ミュージアムやセミナー・イベント空間を作り、すでに年内スケジュールができてました。

111108_121835 2階受付の奥に常設展示室ができ、郷土「千代田」の歴史館、日比谷公園の目の前まで海だったんですね。

『団塊の青春グラフィティ』という開館記念特別展もやってるようで、我ら団塊世代には懐かしいワードが並びます。
キューポラ/前衛/天井桟敷/平凡パンチ/ビートルズ/水俣病/ヒッピー/ゲバラ/全学連/フーテン/ツィギー/安田砦/よど号/内ゲバ/日本赤軍/サリドマイド/日比谷暴動/イージーライダー/あさま山荘……想いに耽ます(笑)

まあ、今日は時間がないので今度ゆっくり見に来ます。(^^)v

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年11月 6日 (日)

愛子さま、マイコプラズマ肺炎?

一昨日の11月4日は、半年に一度の定期検診で東大病院へ。
採血と尿検査だけでした。

それが、今日になって知ったのですが、愛子さまが入院されてたんですね!

Todai そういえばSPの人たちがいたような…

小町恭士東宮大夫は 4日の記者会見で皇太子ご夫妻の長女愛子さまは「マイコプラズマ肺炎の可能性が高い」と明かした。マイコプラズマという病原体の感染で起こり、激しいせきや熱…。asahi.com(朝日新聞社)

昨日退院されたけど、まだ全治してないそうで?お大事になさってください。

ところでこの日は、偶然、娘と長男(孫)も予約日だったらしく両家族が合流。
久々に孫と遊んだり…。
(中庭の休憩場所から見上げた空)→

さて、ランチは東大病院の食堂で。

私も去年入院してたくせに初めて入ったのですが、今日のメニューにバイキングって書いてある。料理を取りに行くと魚菜類が殆んどで、病院らしくヘルシーな料理ばかり。

でも、それが逆に良かった、最近はすっかり草食系男子になってます。(笑)

デザートもあるしコーヒーも飲み放題で700円とは安い、これもGood!

ということですが、愛子さまが入院してたなんて知らなかったので、
「愛子さまお大事に」を、書きたくて日記しちゃいました~。(^^;ゞ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年11月 3日 (木)

浴衣(ゆかた)デビュー・第二弾

昨日の続きで、渡辺明次先生から中国湖南省の湘潭(シャンタン)大学だより、追加でもう一報が届きました。

Img_3061 もう一つのグループは、日本語科の大学院一年生(全員10名)の「ゆかた」デビュー。

着付けに関しては、「着付けの本」と日本留学から戻った大学院生や、日本暮らしが長かった日本語科の女性の先生などに助けてもらっている。大量の「ひも」が必要と言うことで、約30本の「ひも」を調達した。

Img_3074 外国語学部と化学工学部合同の新入生歓迎会で、キロロの「未来へ」の曲を女性が踊り、男性二人が歌うという形式で舞台に上がり「ゆかた」姿を披露した。
女性陣は一生懸命踊っていたが、歌が若干引き締まらず精彩を欠いた感があったが、登場時「ゆかた」に対する声援は絶大であった。

女性陣が全員かなりお化粧をしているようだ。

Img_3065_2 写真は化学工学部の学生のダンス。
後ろに掲げている文字「保護環境人人有責」は、「環境保護はみんなに責任がある」という意味か。中国では今、環境保護が叫ばれている。

キロロの「未来へ」の歌と踊り?ちょっとイマイチの動画も拝見しました。(笑)
舞台と浴衣が違和感あるけど面白い、皆さん本当に楽しかったでしょうね~!

渡辺先生、プロデューサーにも向いているのでは?!

これぞ「パブリック・ディプロマシー」の一環。(9/8のブログで紹介
文化交流なんてありふれた言葉より、こっちの言葉のほうが良いかも?
何て、新しい言葉に耽りつつ、渡辺先生の近況に感動しています。(^^)v

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年11月 2日 (水)

浴衣(ゆかた)デビュー

すっかりご無沙汰しちゃってますが、中国湖南省の湘潭(シャンタン)大学で日本語を教えて3年目に入った梁祝(りゃんちゅう)先生こと、渡辺明次先生の近況が届きました。

Img_3022 以下、青字が渡辺先生のお便り >>
日本語教師3年目に突入し、なにか日本語科に協力せねばと、自分に出来そうで役立つことはと思い、この夏、日本であの相田翔子さんを始めとして、古い卒業生など多くの人たちの協力を得て25枚の浴衣を「着付けの説明」の本も添えて寄贈してもらいました。

先ずはここまでが素晴らしい、これからの時代に大切な、協創・共生・貢献の精神。
元ウインクの相田祥子さんも浴衣を寄贈してくださったそうで、心が通じたのでしょう。

帯が無い「ゆかた」には、リサイクルショップで帯を探し、中国にEMS便特大の箱(縦30㎝横40㎝)3箱で大切に運びました。
集まったものは布地が高級だが地味な色合いが多かったので(協力してくれた皆さんすいません)、激安ショップで売っていた「益若つばさ」デザインの若者向けのものを、自ら5着追加しました。
「ゆかた」を希望するグループにいつでも、誰にでも貸し出すと日本語科の教室で宣伝したところ、早速二つのグループが使用を申し出てきた。

Img_3051 スゴイやる気と行動力!乗ってますね~!
70歳にして?バリバリの熱血教師となってるんですね!

写真はそのトップバッター「日本語科のアニメ声優グループ」のもので二年と三年生8名。
「ゆかた」を着て、商学部の新入生歓迎会にゲスト出演しアフレコを行った時のもの。

素晴らしい!は当然として、中国でこんな活躍をしつつ日本語を教えている先生、他にいますかね~?
しかも定年退職後に自分のやりたいことを見つける人はいても、私利を追わず、共に生き、貢献する気持ち。

高齢化時代、世界に先んじて日本の高齢者はこうでありたい、頭が下がります。m(__)m

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年11月 1日 (火)

銀座ルミネ

111101_115539 たまたま有楽町でランチをすることになったので、せっかくだから旧マリオンへ行ってみた。

"銀座ルミネがオープン!"を、連日テレビで大騒ぎ。どんなもんかと…、単なる好奇心です。

メンズが出来たからと言うわけでもなく、ショッピング目的でもなく…。(笑)

でも、ビル自体も周りも客足も昔とあまり変わってないような?
今頃行ったせいかな~、
まあ、祝日もあるし週末は地方からもたくさんの来客があるとは思いますが…。

正直言って先々どうなのかな?というのが私の感想。

111101_120708 表通り側に回ると、12時ピッタリに動き出すあの時計台はそのまま。
ランチの前にしっかり待ち構えて撮りました。

5年前書いた日記と同じだわ
(今見たら恥ずかしい、懐かしい…、あの時の映画の看板はダビンチコードでした)

期待の仕方が間違っていたのか?何の変化も感じないので日比谷公園でも散歩するかとなりました。

111101_121717 今さらながらだけど、ここで発見したのは高齢者たちのバードウォッチングオタク?たち。
超望遠レンズを構えて本格的です。ファインダーで捕らえた鳥のアップを自慢し合ってる。

日比谷交差点側から入ってすぐ左に曲がると自然のままの小さな静かな池があるんです、昼間の環境はなかなか良いですよ。

結果的には、とりとめもないランチタイムでした。(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年10月 | トップページ | 2011年12月 »