« 『ペケ・オリーバ』のホームページができました。 | トップページ | 来年の干支は壬辰、龍の字第一弾。 »

2011年12月 4日 (日)

王君の「頑張れ日本」

10/14に中国人の日本語作文コンクールで最優秀賞をGetされた胡万程さんを紹介しましたが。その作品集(中国の若者たちの生の声)を入手しました。

Sakubun_vol7 受賞作品の題名が、『王君の「頑張れ日本」』

王君というのは著者の友達で、3.11の東日本大震災のニュースを知り、「ざまみろ…云々」という一文をネットに書き込んだ人らしい。
この友人の日本への偏見に対し、時間をかけつつも見事に説き解し、「頑張れ日本」と言ってくれた。感動した!という実体験を作文されたものです。

私も最終審査員として感動し、最高点をつけたのですが、実は「ざまみろ…」で始まるこの話を他の審査員がどう感じるかとの不安もよそに、自分の信念を貫きました。

それが、最優秀賞ということで我ながらホッとしました。(笑)

応募数3000点から選ばれた上位61点が収録されているこの本は既に7巻目。
審査していても減点するのに骨が折れるくらいの完璧な日本語です。

日中の相互理解に大いに役立つのに、ちっとも日本のマスコミは取り上げません。
まあ別に構わないけど、今週の土曜日(12/9)に北京の日本大使館で丹羽大使直々の授賞式があるそうです。

しかし、マジな話、中国に偏見を抱える日本人こそ、この本をおすすめします。(^^;ゞ
出版:日本僑報社→http://duan.jp/item/122.html

|

« 『ペケ・オリーバ』のホームページができました。 | トップページ | 来年の干支は壬辰、龍の字第一弾。 »

コメント

塚越先生、ご紹介ありがとうございます。先生をはじめ、皆様のお陰で第7回中国人の日本語作文コンクールが無事開催出来て、心から感謝しています。ぜひ18日に忘年会で会いましょう。

投稿: 段躍中 | 2011年12月15日 (木) 10:57

段先生、
コメントのお返し遅くなりました。
18日の忘年会、楽しかったです。
来年もよろしくお願いいたします。

投稿: 塚越誠 | 2011年12月21日 (水) 16:42

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/164930/53478472

この記事へのトラックバック一覧です: 王君の「頑張れ日本」:

« 『ペケ・オリーバ』のホームページができました。 | トップページ | 来年の干支は壬辰、龍の字第一弾。 »