« 代官山駅前のレストランとマルシェ。 | トップページ | 『漢語角』の忘年会 »

2011年12月16日 (金)

来年の干支、龍の字の下書き。

『龍』の書は、先週一つ書きましたが、

今日は、創作の幅を拡げるために古典の資料から色々な「龍」の字を集めてみました。
「竜」は新字体、「龍」が正字です。
また、十二支の「辰」の字はどうも面白くないのでやめました…(笑)

絵で言えば、最初のスケッチみたいなもんですね。
良ければご自由に利用してください。
Tatsu
これらの竜(龍)の字をヒントに、あとは好きに書いてみるのはいかがでしょう?

ところで、干支(えと)について専門じゃないけど、良く聞かれるのでカンタンに。

来年の干支は?と聞かれたら、十二支の"辰"と"十干の"壬(みずのえ)"を足したもの。
だから壬辰(みずのえたつ)が来年の干支。

つまり干支とは動物のことではなく、十干(甲乙丙丁…)と、五行(木火土金水)に陽と陰(兄弟=えと)を、組み合わせていったもの。これに十二支を掛け合わせて一回転すると60年。だから還暦です。

壬辰の場合は、十干の"壬"と、五行の"水と陽"を足した合計が(みず+え+たつ)。
これ以上の説明は長くなるので、ご自分でお確かめください。(^^;ゞ

|

« 代官山駅前のレストランとマルシェ。 | トップページ | 『漢語角』の忘年会 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/164930/53511887

この記事へのトラックバック一覧です: 来年の干支、龍の字の下書き。:

« 代官山駅前のレストランとマルシェ。 | トップページ | 『漢語角』の忘年会 »