« 新年会のための新年会。(笑) | トップページ | 南三陸町への栄養物資支援、雑誌「料理王国」に紹介。 »

2012年1月10日 (火)

人生で最も感動した年賀状。

宮城県の亘理町といえば東日本大震災の被災地、津波での大被害はニュースでも大きく報道されていましたが、その町に永住するつもりで、定年退職後(6年前)に越された方からいただいた年賀状の話。

その方の現役時代に大変お世話になったことを5年前のブログに書きましたが…、
3.11の大震災直後に私が最も心配したのはもちろんご本人の安否です。

しかし私としては、電話もメールも恐くて出来ないまま9ヶ月も経ってしまったのです。

去年の暮れに、恐る恐る私の住所変更の手紙を出し、年賀状も出すことにしました。
(宛先不明で戻って来ないことを祈りつつ…)

そして、新年!

いただきました、年賀状。

感動です!

賀状に書かれた文言に少し安心したところで、近況をうかがうメールを出しましたが、すぐに返事が来ないので今度は別の心配が…。

あ~、ようやく届いた返信メール。

内容を要約、箇条書きにしました。

・津波襲来の約10分前に家族を車に乗せ何とか避難できました。
・亘理町では300名が犠牲になり町の約50%が冠水し、壊滅的被害状況です。
・復興迄はまだまだこれからですが、永住を決めた地ですからあせらず頑張ります。
・塚ちゃんも十分備えをして健康にはご留意の上仕事頑張ってください。
・上京の折はぜひお会いしましょう!ではお元気で(^v^)

やはり大変だったんです~!犠牲になられた方のご冥福もお祈り申し上げます。

と言うことで年賀状および、私のことまで心配してくださり"ダブルの感動"でした。(-_-;)

|

« 新年会のための新年会。(笑) | トップページ | 南三陸町への栄養物資支援、雑誌「料理王国」に紹介。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/164930/53727842

この記事へのトラックバック一覧です: 人生で最も感動した年賀状。:

« 新年会のための新年会。(笑) | トップページ | 南三陸町への栄養物資支援、雑誌「料理王国」に紹介。 »