« 2012年2月 | トップページ | 2012年4月 »

2012年3月29日 (木)

さくらが咲いた~!!

Sakura20120329 ここは西新橋のとある公園。
咲いてました~。

でも、こんなに咲いてるのは公園の桜の何本かだけ。

サラリーマンやOLさんが真剣な顔して写真とってるので、私も真剣にパチリと。
みんなこうやってブログに書くんでしょうかね?Facebookか?twitterかも?

さて、新橋駅前広場では恒例の「古本まつり」やってました。

Furuhonmatsuri ←あの蒸気機関車がある、テレビでおなじみ酔っ払いサラリーマンおじさんのインタビュー広場です。

前にも書いたけど、いつもここで気に入った本が見つかるので不思議です。

すぐに欲しくなったのがこれ、西川寧先生の本、525円。 >>西川寧(書の巨人)

Nishikawanei_2 定価は3,500円となってるから得したかな?(笑)

昭和16年に第1版を出した書の論文らしいけど、それに随筆を加え1985年に出した初版がこれ、『猗園雑纂』。→
スゴイ古いけど、本の中味は読んだ人がいたのかと思うくらいキレイです。

ところで読む前に、この本(『猗園雑纂』)をネットで調べてみました。
書とは何か、書をどのように見、どのように評価するか。中国の書に心酔し、「猗園」を斎号とする著者が、書道史上の主要な事象についての熱い思い入れを、みずみずしい筆致でつづる若き日の随想50余篇。

とても面白そうな内容で、読むのが楽しみです。(^^)v

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年3月27日 (火)

大人の、母乳です。

「大人の名古屋」っていう雑誌があるんですね、阪急ムック本らしい。

それよりビックリしたのは、表紙が『大人の名古屋』で、裏表紙が『大人の母乳』!

Otonano_nagoya 偶然?とはいえ語呂合わせ?みたいで、初めて見せてもらったとき笑っちゃいました。

『大人の、母乳です。』は、コロニアパトリシアの広告キャッチフレーズ。

K&オリーブ社に行ったとき、この意味を聞いてみました。

本文の中に少しだけ書いてあるけど、母乳の中で最も必要な栄養素は脂肪。
その母乳に含まれる脂肪酸の中で、最も高いのはオレイン酸で35%を占めています。

オリーブオイルの主成分はまさにそのオレイン酸で、7~8割も含まれているのです。

つまり母乳に最も近いと言えるのだそうです。

このように、10年ほど前からオリーブオイルの医学的研究が盛んになり、赤ちゃんの脳の発育にも影響し、ごく最近ではオリーブオイルがコレステロールを下げ成人病予防や糖尿病の発症を少なくするなど、色々なことがわかってきました。

そうなると、本物の高級オリーブオイルほど、グルメだけのものでは無い。
化学合成で作られた栄養ドリンク剤なんかより、
"自然そのものの恵み"を毎日摂りつづけることこそ自然でしょう。

私も、全身が生まれ変わるような気がしてきてる今日この頃です。(^^;ゞ

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2012年3月22日 (木)

古筆手鑑(こひつてかがみ)展へ。

Ticket古筆(こひつ)手鑑(てかがみ)とは、現代風に簡単に言うと「日本の名筆アルバム」。
その展示会が3月25日(日)まで出光美術館にて。

昨日、日比谷図書館に本を返しに行った時、割引券をもらったのでお昼時間に見てきました。

出光美術館は帝国劇場のとなり、場所が良いのでテーマが気に入ると寄りますが、展示されているアルバム(古筆手鑑)の中の国宝、見努世友(見ぬ世の友)は出光美術館が所蔵してます。さすが財閥!(下の写真)↓

"古筆"というのは単に古人の筆跡と言う意味ではなく、平安・鎌倉時代の名筆で、主に仮名文字が中心。
あの美しい平安仮名の巻物などですが、江戸時代初期以降、多くの愛好家が細切れに切断して分け合ったという。

巻物や冊子それ自体が国宝級なものを、細切れにしちゃうなんて…驚きですが。

"手鑑"は、古筆の愛好者が切断された断片を集めて観賞用に貼り込んだ帖、つまりアルバムのこと。武家や公家は子女を嫁がせる時の大切な調度品の一つとしたそう。

Minuyonotomo

展示会の目玉は国宝2点、真贋を鑑定する古筆鑑定家による鑑定用の手鑑です。

Kohitsu_001_2 "断片"にも名前があって、古今和歌集など書のお手本にして習ったけど「高野切(こうやぎれ)」なんてあるのは、高野山に伝わった一断片。また、所蔵者の名による「本阿弥切」や、切断した時より「昭和切」など呼ばれています。

今まで印刷物では何度も見ていたものを目の前にすると、やはり興奮します。
時間がないので、1時間以内で観て来ようと思ったけど、とてもとても。
皆さんじっくり見ているし、前に進まないし…。

このあと仕事があるので、焦ってきました。(笑)

まあ、我々現代人がなかなか知り得ない、日本文化の粋をたっぷり味わえました。(^^)v

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年3月21日 (水)

井上有一著『書の開放とは』

Bookh1_1この本、日比谷図書館(図書文化館)で借りて今日が返却日。
小さい字でページ数も多いので一気に読んでるヒマもなく、4週間借りてました。
(本の装丁は浅葉克己さん)

井上有一については、最も好きな『貧』の字を、以前から私のホームページに載せてますし、2年前「井上有一遺墨展」を見に行き、詳しくブログに書きましたが、

この本では、彼の作品を書くペースや気合の入れ方がしっかり書かれています。

Book_01 そして、"臨書"についてや"書を見る目"など、彼流の考えは充分参考になりました。

それと、師が上田桑鳩と言うことで、前衛書道的な要素を感じるワケも納得。

ただ、上田桑鳩は前衛書道の分野で有名ということですが、あの日本経済新聞のタイトルを書いた方。前衛書でない名作はたくさん残しています。

当然、井上氏も書については"古典"を人一倍学んでいます。

この本には載っていなかったけど、遺墨展でみた、この『上』の文字には感動です。
(亡くなられる年に書いたのだからこの本に載るわけない、最近は『貧』の字よりこれの方が好きです。)

Ue_2前衛書家というより、中国・南宋時代の虚堂智愚〔きどうちぐ〕はじめ、日本の大燈国師(宗峰妙超)、白隠、隠元などなど、禅僧の書に大きな影響を受けたのでしょう。

そのほかにも、本を読んで改めて知ったことはたくさんありました。

ただ、好きでないところが一つ!(笑)

全身を無にして大きな作品を何十枚も書くのは良いんですが、
奥様を助手にして怒鳴ったりこき使ったり?
芸術家にありがちなこういう態度は美しくないと感じました。

あとは完璧なので少しケチをつけたくなったものでひと言…、失礼しました。(^^;ゞ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年3月18日 (日)

'12春、新作発表!(笑)

去年は、東日本大震災の自粛ムードでか?
第31回目になる『練馬書道展』は開催しませんでした。

Furusato_2 今年に入ってようやく実施が決まった。それは良いけど作品の締め切りが先月上旬(2月10日)!

時間がなくて、作品創りも焦りました~。(笑)

でも、時間がない方が集中して頑張れるのかも。

それだけは他人に負けまい!?

Tsukawork_3
会場も変わったので、先日その準備に行ってきたのが、石神井公園「ふるさと文化館」だったのです。

結局、誰にもお知らせするヒマがないままに。

春来草自生
(春来たりて草自ずから生ず)→

一気に書き上げました。

春が来れば草は自然に生えてくる。
これには、自然に逆らっても仕方がないというような解釈が多いけど、私は、"道は誰にも平等"という禅語の深い意味で捉えています。

最近の私は、
書も言葉も"シンプル”がモットー。

2012merimaten

まあ、とにかく一週間終わりました。

Kagonoya そして、恒例の反省会(打ち上げ宴会)。
これがまた楽しみ。

今回は、石神井公園駅北口前に今月オープンしたという「かごの屋」。すごい繁盛のようです!
もちろん我々は予約してたから良いものの、
入り口には待ちつかれたお客さんがぎっしり。

Course しかも外は雨!

今回の参加者は20名に満たなかったけど、会費は一人2,000円!
お酒もしっかり飲んで、安い~!

(ただし、お間違えなく。このお店が安いわけではありません)(^^;ゞ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年3月16日 (金)

タジン鍋は有機野菜の蒸しものに黒豚をMIX!

去年の暮れに少人数ながら忘年会をやった、そのおかげで知ったのですが、
代官山駅前のレストラン&マルシェ「空テラス」。

Qoo 東横線・代官山駅のホームを横目に?とてもおしゃれなお店です。

オーナーの朝日さんから「書」の依頼と、お店プロモーションに関する相談もあり、夕方お邪魔しました。

有機野菜メニューと美味しいお酒など、ご馳走になりながらの打ち合わせ。

Nabe001まあ、仕事の中味はともかくとして、

次の料理は何を?と私が迷っていると、オーナーがタジン鍋をすすめてくれました。
しかも特注で黒豚ミックスは?

と。

もちろん…、それでOK…、
お言葉に甘えまして。(笑)

さすがタジン鍋!有機野菜の蒸しものと黒豚がバッチリ!旨い~!

でも、でも、お酒も充分いただいたし、それほど図々しくはありません。
あとは仕事でお返しします。

なんて、こんなキザなことは言いませんでしたが、お互い夢を抱いて進みましょう。(^^)v

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年3月14日 (水)

第3次豆乳ブーム!?

マロン味も登場「豆乳ブーム」再来 今度の火付け役は女子高生?
というニュースもあるくらいで、
第3次豆乳ブームの到来か?と呼ばれるほど豆乳の売り上げが伸びている。
「健康に良い」「美肌効果がある」などと人気の豆乳。10年ほど前から改良が進み、飲みやすくなった。
のだそうです。

さて、今日はK&オリーブ社にてオリーブオイル試飲食会議。
なんと、大人気がコロニアパトリシアと豆乳のカクテルでした。

Tonyu_mix キレイでしょう(写真)→

ネーミングも出来ました。

オリーブ豆乳カクテル』(笑)

豆乳業界では味を良くするのがずっと課題だったそうで。

コロニアパトリシアのミニボトル(30ml)をほんの少し入れてしっかり混ぜると、キレイに分離します。

旨い!コロニアパトリシアの味が活きてて、これはいけます。

もちろん高級オリーブオイルだからこそ。

パトリシア日記」さんも書いてます。
新しいメニュー「豆乳&オリーブで、美と健康と癒しあり」でした。(^^)v

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年3月13日 (火)

『石神井公園 ふるさと文化館』

朝10時からここに集まることとなり、仕事をずらして行ってきました。

Furusato01_3石神井公園 ふるさと文化館』。

一昨年の3月に出来たらしい、
練馬区の歴史や伝統文化、自然などについて、体験しながら楽しく学ぶことができ、観光情報も発信する新しい博物館です。

Furusato02_2 というふれこみ。

それにしても、西武池袋線・石神井公園駅からだと石神井公園の終わりのほう、
のんびり行くには池をぐるりと回って良いでしょうが、
今日はそういう場合じゃないので急ぎ足。

いつものウォーキングスピードです。(笑)

まあ、なかなかキレイなところです。
常設展示室には、"練馬大根"がドーンと!
そして懐かしい昭和の家、町並み。
私の子供の頃に遊んでた路地裏と変わらないですね。

去年の秋に日比谷図書館が都立から千代田区立になり文化館としてリニューアルしましたが、最近こういう文化的施設はいたるところにできてるんでしょう。

Uchidatei ところで、ビックリ!

外に出ると、立派なかやぶき屋根の素晴らしい民家が。→

とてもキレイに保存されてるんです。
(旧内田家住宅で区の指定文化財)

文化館の隣にある建物ですが、こっちの方にも見とれちゃいました。(^^)v

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年3月11日 (日)

3月11日、午後2時46分!

東日本大震災1周年、東京千代田区・国立劇場にて追悼式。

311 午後2時46分、私も(テレビの前ですが)1分間の黙祷をしました。
そして、天皇陛下のお言葉…。

私の知り合いにも、津波で家屋が流されたというご家族が!
幸いにも亡くなった方はいませんでしたが、さまざまな思いの1年。

国にも、原発(東電)にも、学者の先生方にも言いたいことはたくさんあるけど、
今日は犠牲者のご冥福を祈り、ただ、ただ、沈黙に耽ます。(-_-R)

311pm246

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年3月 9日 (金)

今年も「汎美展」へ

今年も友人画家たちの新作を見たくて会場で待ち合わせました。

去年と同じ国立新美術館ですが、東日本大震災はこの期間中に起きたのです。
我々が行ったのはその数日前で、それ以来今日まで皆とはご無沙汰でした。

やっぱり、国立新美術館は会場が広くていいですね。

Hanbi

2shot02 中西祥司さんの作品の前で2ショット、
去年のを思い出すと、今年はシンプルになりましたね!
ずっとこのスタイルを追及しているのは素晴らしい。
作者本人から、創作意図を聞けるのでなるほどと。

どの作家の作品でも、一度だけ見て、良いか悪いか、好きか嫌いかを思うのは構いませんが、毎年その流れを汲み取るのも良い勉強になります。

岡澤みさをさんも、いつものスタイル。

Okazawa01 Okazawa02 ←でも、その中でも新鮮でグッとくるのがありました。

それだけじゃない、今回はガラッと変わった新作(ナザレの女・3点)も出品!→

絵画に限らずですが、同じ作家の作品を継続して見ていくことの意味がここにあります。

こような自由に発表できる場があることはとても良いこと。
今日は岡澤先生には会えませんでしたが、
また別の作家(満田先生)を紹介していただき、
帰りの居酒屋では、いつもの如く?作家論議が花咲きました。(^^)v

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年3月 8日 (木)

オリーブオイルの効能

今週号のニューズウィーク(日本版)の特集は『3.11大震災』。

今度の日曜日、殆んどのマスコミはその特集を組んでいるようですが、たまたまでしょうが、その裏表紙に掲載されたのが、コロニアパトリシアの広告。↓

Newsweek0307_2 私はこの広告には一切かかわっていませんが、こんな雑誌にオリーブオイルの広告?
と思われる人が多いでしょう。
でも、これは日本中の方々に本物のオリーブオイルを知って欲しいと願う企業広告だと思ってます。

現に男性からの注文が増えつつあると言う。
しかも男性の場合は、まとめて何本も買われる方が多いとか。

いまやオリーブオイルは調理に使うものという固定観念は古い!
もちろん、高級なオリーブオイルのことですが、成人病予防をはじめ多くの効能が、ここ10年の世界的研究で発見されているからです。

ただし残念なのは、日本ではどれが本当に高級品なのかわかりにくく販売されている。

ブログ「パトリシア日記」のこれらのカテゴリーに詳しく書いてるので解りやすいです。
オリーブオイルの効能 >> http://patricia.k-olive.jp/?cid=8
オリーブオイルの品質 >> http://patricia.k-olive.jp/?cid=1

健康ドリンク剤などより天然そのままの"自然の恵み"。むしろ安いくらい。

私としては、コロニアパトリシア自体がとても美味しいので、
主に調味料として、いろんな食べ方を試して味わいを楽しんでいます。

それにしても、この広告、目立ちますね~。(^^)v

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年3月 6日 (火)

『オリーブおじさん』、映画俳優となる!!!

『オリーブおじさん』ことK&オリーブ社の社長さん、何を隠そう映画俳優だったのです(笑)
一週間の映画撮影を済ませ、昨日上海から帰国した"映画スター"?のお土産話です。

この秋口に上映される予定?の国際映画にただ一人日本人の出演。
しかも演技中、素人と思われなかったそうなのです。

ノーメイクで、今のヒゲのキャラそのままでOKだったという!

ここはどうも謎で、1ヶ月前に『オリーブおじさん』の誕生日に書いたとおり、映画「レッドクリフ」曹操役の張豊毅(チャン・フォンイー)氏とお会いしていたり…、

セミプロだったのでしょうかね?

この続き話は次の機会に詳しくお話できるでしょう。

この映画の記者会見が公開されています。
ご当人は出てませんが主演女優とキーになるかわいい子供。
いま日本語に訳してもらってますが、取り急ぎYouCubeで。

それにしても、今まで紹介してきた『梁祝(リャンチュウ)先生』といい、スゴイ活躍ですね~!お二人とも70歳前後、我ら団塊より一つ上の世代です。

定年退職で悠々自適なんていうんじゃなくて、今まで培ってきたものを役立てているのだと思います。
老齢年金と貯えを頼りに生きてる老人よりはるかに男らしい!

と私は感じています、
まあ、私なんぞは培ってきたものはまだなく、現在培養中?、頑張らなくっちゃ、(>_<)ゞ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年3月 3日 (土)

退職金を使い果たしても悔いのない情熱とは?

先々週の新年会のあと中国の大学に戻られた、梁祝(リャンチュウ)先生こと渡辺明次先生からのお便り。
「2月20日には新学期の授業が始まった。お金の心配がいらない世界に戻り一安心」

20120212それはいいですね~。
ホント!東京はお金が減るばかり。(笑)
日本を出る前に中国新聞社から2時間以上にわたりインタービューを受け、その記事が、中国新聞、新華社、人民日報に掲載されたそうです。

(写真左奥から二番目が中国新聞・記者の謝国橋氏)→

インタビューの原文:『日本老人立志傳播“梁祝”花光巨額退休金不後悔
(日本の老人が志を立て…、って読んではダメですよ(笑)、
中国で"老人"とは高貴な敬称らしい)

Press001この記事を渡辺先生が日本語に翻訳し、5000文字ほどの長文を送ってくれたので、先ほど私が梁祝ホームページに掲載しました。
>> http://www.liangzhu.jp/lz-09.html

日本語訳タイトル:『「梁祝リャンチュウ伝説」を日本に広めることを志し、巨額の退職金を使い果たしても後悔していない日本人』

翻訳タイトルはちょっと回りくどくて?長いですが、
定年退職後の情熱あふれる素晴らしき人生、ちょっと真似はできません。(^^)v

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年3月 2日 (金)

デジカメもらっちゃいました!

これはキャノンのIXY-2000IS。この機種、全然古くないですよ!

Canonixy2000isそれなのにもっと新しいのを買ったから…。という理由で、私にくださると言う方のお話。
恨めしがる方がいるかもしれないのでお名前は伏せましょう(笑)

お世話になっているからと!

とんでもありません、私こそお世話どころか、いろいろ勉強させていただいているようなもので…。

でも嬉しい、前のデジカメはとっくに失くしてしまっているのだから。

喜んでOKすると、

「神田(お茶の水?)で、夕方、できればついでにビールでも一杯どうでしょうか、
お会いしてお渡しするだけでも構いません。
神田ということであれば、時間と場所は塚越さんが決めて下さい。」

とまでおっしゃる。

恐縮してしまった私は、酒ぐらいご馳走しようと神田の飲み屋に誘いました。
それでも、飲み代は割り勘にしようと。

お言葉に甘えすぎて、これからは良い写真をいっぱい撮りますよ~
本当にありがとうございました。感謝感激です。m(__)m

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年3月 1日 (木)

ホワイトデーに、コロニアパトリシア?

今年のバレンタインは、売る方の宣伝ばかりやってて、あまりもらってないんだけど、
それでもいちおう、義理チョコと本命?返し、をしなくっちゃ。

Gift 義理チョコは、コロニアパトリシアの30ml(ミニボトル)→

本命には、右側のパッケージつきの250mlを送ろうかと。

4倍返しなんて無理だけど、これなら2,800円で中味が良いしGoodでは?

最高級オリーブオイルだから、品質が落ちないように、ボトルごとスペインから直輸入したまま。日本では一切加工していない。

そして、パッケージだけはK&オリーブ社のオリジナルだから日本製。
アイオスサイバーデパートで買うと、このケースつきだそうです。

ホワイトデーに限らず、贈り物にはこれの方が良いので
どこで買ってもケースはつけて欲しいところです。(^^;ゞ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年2月 | トップページ | 2012年4月 »