« 書道展、今日からオープン! | トップページ | 男性版、雑誌「クロワッサン」 »

2012年11月 5日 (月)

書道展、きのうのつづき。

銀座ギャラリーゴトウにて「心花展」、昨日はオープニングパーティの様子を書いたけど、たまには他人の作品の寸評を。(笑)

Shimaowork002_2これは主催者、嶋尾大恭さんの作品。

会場の奥に展示されてる双幅の大字、インパクトありますね!
今回書いたものでなく、数年前に別の展覧会に出品したものらしい。

ちょっと荒っぽいけど、バランスは取れてて力強さがあります。

中でも、梅と花の字は良い。
突き放した線と抑えた線を上手く調和させることで、逆に力強さが出るんでしょう。

Shimaowork001 次の作品『舞』は、彼の最近の傾向かな?
暫くぶりに勢いある書を見せてもらいました。

今回の方が、いろいろとチャレンジしてる風で
とてもよい感じがします。
とにかく、既成の書風を超えていろいろ試みているのに共感がもてました。

Tsukaigata そして、特別出品参加の私と、井形大正氏の作品(右側)。
私の(左の)はともかく、井形さんの作品には感動しました。

こういうのは私には書けません。
写真が小さいのでわかりにくいでしょうが
彼の書に関する知識と創意には敬服します。
もっと色々みてみたいです。

決まりきった作品がならぶ、マンモス展覧会を見て上手いとか下手とか言ってるより、
それぞれの個性が自由に出せているのを見るほうがずっと楽しいものです。(^^)v

Gotogallery

|

« 書道展、今日からオープン! | トップページ | 男性版、雑誌「クロワッサン」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/164930/56089482

この記事へのトラックバック一覧です: 書道展、きのうのつづき。:

« 書道展、今日からオープン! | トップページ | 男性版、雑誌「クロワッサン」 »