« 来年は「日本スペイン交流400周年」だそうで。 | トップページ | 効く~!徹夜明けの一人酒。(笑) »

2012年12月 3日 (月)

新刊「子ども漫画の戦前史」

日本僑報社から出版された本です。
私がデザインしました、シンプルでカワイイでしょ?(笑)

Mangashi 【推薦の言葉】
日本の漫画史研究の空白部分。
近年漫画研究が盛んになりつつも、戦前の新聞連載子ども漫画の研究は捨ておかれたままにあった。
そうした未知の領域がいまここに明らかになる。
一般的にこの時期の漫画作品としては、「正チャンの冒険」「フクちゃん」「スピード太郎」などの作品が著名。
それらの漫画は新聞そのものが昭和に入って全国紙の体裁をととのえたため、日本中の多くの子どもたちに親しまれた。
しかし、こうした有名な作品以外にも、当時の新聞には多数の漫画が連載されていた。
そうした事実はあまり知られていない。
児童文化研究が盛んになった今日においても、この分野についての知見は乏しく、未知の領域として研究成果が長らく待たれていた。――竹内オサム・同志社大学大学院教授の推薦文より

確かに、良いところを捉えてます。詳細はこちら

|

« 来年は「日本スペイン交流400周年」だそうで。 | トップページ | 効く~!徹夜明けの一人酒。(笑) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/164930/56264003

この記事へのトラックバック一覧です: 新刊「子ども漫画の戦前史」:

« 来年は「日本スペイン交流400周年」だそうで。 | トップページ | 効く~!徹夜明けの一人酒。(笑) »