« 日中関係"草の根交流"の挑戦 | トップページ | 蝋梅(ろうばい)の香りと、春の兆し? »

2013年2月 1日 (金)

2013年「新年会」その1

春節(旧正月)を目前にした新年会。

Murakuall実はこれ、ちょうど一週間前に開催された日中交流「楽夢会」。
始まる前に撮った集合写真がようやく?届いたもので。

去年11月のこの会の発足パーティには一人で参加しましたが、今回は逆に梁祝(リャンチュウ)先生こと渡辺明次先生からのお誘い。

Rakum02会場は池袋『大福来』での立食パーティ、台湾料理店のようで。
中国人は上海出身が多く、ビジネス交流や、中国の民主化を願い国外で文化活動する方など…。でも政治的な話など堅い話は一切無し、あくまで飲んで食べて会話して。
最終的には55人も集まったそうだからスゴイ。

さて、渡辺先生は?

梁祝(リャンチュウ)の他に、もう一つ出版された『孟姜女(もうきょうじょ)』も広めたいと言うことで、新聞記事を切り抜いたチラシを作って皆さんに配ってました、さすが用意周到です。
Mokyojo 『孟姜女』とは、「万里の長城をその涙で崩した」というあの有名な伝説。
この本が、去年の11月に万里の長城ツアーで日本人3人が死亡された事件に絡めて、
北海道新聞のコラムに取り上げられました

興味を持った日本人の方々が、その場で何冊も買ってくださってました。
いやー、これは素晴らしい。会場も楽しいのりで良き新年スタートでした。(^^)v

|

« 日中関係"草の根交流"の挑戦 | トップページ | 蝋梅(ろうばい)の香りと、春の兆し? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/164930/56681218

この記事へのトラックバック一覧です: 2013年「新年会」その1:

« 日中関係"草の根交流"の挑戦 | トップページ | 蝋梅(ろうばい)の香りと、春の兆し? »