« 2013年1月 | トップページ | 2013年3月 »

2013年2月26日 (火)

『MOCO’Sキッチンinスペイン』

一昨日の日曜日午後4時の日テレ。

Mokomichi先週ここでも紹介したスペシャル番組ですが、速水もこみちさんの「スペインオリーブオイルを作る旅」。

録画してたので、さきほど拝見。

詳細は日テレのサイトにたくさん出てます。速水もこみち、究極のオリーブオイルをプロデュースです!
さあ、現地スペインアンダルシアの世界最大のオリーブオイル畑へ。

Tv ←(1)現地の人と一緒に、オリーブの木を棒でたたいて実を落としてるところ。
私はこんな場面を現地のビデオで見て知ってましたが、もこみちさんは、日本の小豆島ではひとつひとつ実を摘んでいたのでビックリしてました。

(2)テイスティングもやって、褒められてました。スゴイ!(笑)

(3)そして、この日、もこみちオリジナル新発表、
『MOCO’Sキッチン エキストラヴァージンオリーブオイル』のお知らせ。

速水もこみち、オリーブオイルをプロデュース。
いいですね、明るく楽しい番組でした。

イタメシブームは過去のもの、本場スペインのオリーブオイルで美食と健康。

ついでに、私がいつも紹介してる「コロニアパトリシア」もよろしくです。(^^)v

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年2月22日 (金)

『MOCO’Sキッチン』VS.『コロニアパトリシア』

今やオリーブオイルですっかり人気の、速水もこみちさん、
オリーブオイルは、イタリアじゃなくてスペインが本場だ!と知ったようです。

そしてこんな番組が!2013年2月24日(日)16:00~17:25(日本テレビ)
MOCO’Sキッチンinスペイン ~オリジナルオリーブオイルを作る旅~

Mocoevo同時に放送当日、"もこみちオリジナル"商品を発売するそうで、→
■『MOCO’Sキッチン エキストラヴァージンオリーブオイル
【価格】5,250円(税込)【内容量】450g

そこで、このブログで何度も紹介している、同じ本家スペイン・アンダルシア産の、↓
●『>コロニアパトリシア
【価格】4,095円(税込)【内容量】458g
無料会員登録すればさらに1割引!

Patricia_2 もこみちさんのほうが、値段が高いのは、タレントブランドだから仕方ない。(笑)

ただし、どちらでもいい、決してライバルとは思ってません。そんなことより、スペインのオリーブオイルが実は本物で、これくらいの値段がするものだと多くの方々に知って欲しい。

前から警告しているように、イタリアはスペインから買ってイタリア産として売ってる!
それを殆んどの日本人が知らないで買ってる。

日本で安いオリーブオイルを使ってる人は、早く目覚めるべきでしょう。
あれは、オリーブのカスにピーナッツ油などの他の安い油を混ぜたりして、香りや味をつけたもの。
しかも、堂々と「エクストラバージン」として売ってる。

知れば知るほど驚きです!グルメも、健康志向も、本物を極め、気をつけなきゃ、ですね!(^^;ゞ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年2月20日 (水)

先日のNHK「ラジオ深夜便」、好評につき再放送!

昨日、たまたま日中関係改善の架け橋、三瀦(みずま)正道先生のことを書きましたが、先ほど、偶然と言うか、こんな一報が入りました。

三潴先生NHKでの放送が反響が大きかったため、
今月末2月28日午前4時から(40分インタビュー)
再放送されることになった、と先ほど連絡が入りました。

私のように早朝ラジオを聴くことがない方には、
前回の放送が聞けます→http://duan.jp/news/jp/AM130117nhk.MP3
(2013.01.17)午前4:05-45(最初の5分間はニュース)

日本人が得られる今の中国の正しい情報で、これほど解りやすいものはないでしょう。
「日中友好は、政府のみに依存せず、民間も努力しなければならない」が、三瀦氏の持論だそうで、現に中国側にもその動きが見えているようです。

三瀦先生の紹介は、http://duan.jp/news/jp/20130117.htm

日中友好は、人と人との直接の信頼関係。
どこかの党のように?会わずして他の力を当てにするのでは上手くいかないでしょう。

とにかく、時間かかるでしょうが、地道に、焦らず、仲良くしましょう、です。(^^)v

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年2月19日 (火)

中国語が読めたらいいな。

日本僑報社の『日中翻訳学院』は、北京オリンピックの年に開設した日本語と中国語専門の翻訳講座。

Fanyi 特に人気は、中国語の記事を日本語に訳し日本人の先生が指導するというスタイルで大変好評らしい。

そこに今年の4月から麗澤大学教授、三瀦(みずま)正道先生の『三瀦塾』が開始、第一期生募集です。
三瀦先生には、先日の新年会でお会いしましたが、「今、中国が面白い」というシリーズ本を毎年出しています。

132_1 人民日報などに掲載された様々な評論や報道記事から中国の今を理解しようというもので、こちらがその好評シリーズ第六作目

一昨年前に、"日中異文化理解"という講演を聴きに行ったことがありますが、時間があっと言う間に経ってしまうくらい話が上手、早口で内容が濃いのです。

その中で、中国進出の日本の大手企業でも中国語をちゃんと訳せる人材を雇用していないそうで、ビジネスを成功させるためにも自社内で翻訳すべきだと語っていました。

中国語の新聞など目を通すことがあっても、漢字だらけでしかも簡体字が並んでるし、私にはお手上げ。(笑)
どこで切れば良いのか?動詞はどれなのか?全く読めませんねぇ。

尤も、話すことも出来ない私などには、すぐに飛びつけるものではありませんが、
つい興味だけが先行してしまいました。(^^;ゞ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年2月16日 (土)

「新年会」その4-『イタリアン』

2月に入って毎週「新年会」が続いてますが、
最近は忘年会より新年会の方がみんな希望に満ちてて良いかな?という感じ。

Piazzoni_3 今日のは高校時代の仲間たちです。

人形町、甘酒横丁から少し歩いた欧州酒場『Bar Piazzoni(ピアッツオーニ)』という店。→
イタリア料理なのに、しめは"手打ちそば"というので、幹事さんがここに決めたそう。

人形町界隈は久しぶりですが、古くからやってる洋風料理の店が何件もあるんですねぇ。

Partyまあ、料理は普通ですが、今回も20名弱集まったので皆の近況報告を聞くのが楽しみ。

「まだ引退なんかしてないで活動しろよ」と呼びかけるヤツ。
特養老人ホームで働いてるヤツ。自分より年下を介護してるとか?
「もうのんびり生きるよ」など、色々。

All_2 今年65歳を迎える我ら団塊世代(昭和23年生)の生活環境は変わり、それぞれ違う人生を歩み始めているのか?

ホント、大手の偉いさんだったヤツも、今はみんな一緒。

かつての友が甦ったような元気なひと時でした。(^^)v

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年2月14日 (木)

バレンタインチョコと朗報!

嫁いだ娘からもらうチョコも、義理チョコと呼ぶのでしょうか?
尤も、本命チョコなんてもらったら家庭内大騒動!(笑)

Gift04_2 それはそれとして、チョコと同時に嬉しいお知らせが。

娘の旦那様から小学一年生の息子のことで連絡が、
「川崎市の作文で優秀賞とりました。こんど褒めてやって下さい」。

それは素晴らしいこと、孫とはたまにしか会わないので電話で「スゴイね~」と。

今日、本に載ったその作文が届きました。
なんか、賞をとるコツを無意識につかんでるような?
ジ~ンときました!

さらに旦那様からもう一報。
「彼の文才はおじいちゃんからの遺伝だと思いますよ。
こないだ、習字デビューしたのですが、水を得た河童の如く愉しんで書いてました。」

これにはまいった!爺バカとしてはこの上ない朗報でした~(^^;ゞ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年2月12日 (火)

自分の「作品集」2013年版!

ふと考えてみたら、自分のホームページは昔作った古いデザインのまま。
仕事などではたくさん作っているのに、自分のとなると時間がとれない。

Vol201301h1 まあ、そんなもんでしょうかね。

みっともないので、全面リニューアルしたいんだけど、昔のダサイまま。(笑)
http://homepage3.nifty.com/next-ad/tsuka/
しかも、そこに載せてある作品集は「2009年版」、何と4年前のまま。

旧正月(春節)を迎えたことだし、作品集だけでも新しいバージョンを作ろうと。

←先ず、正月に書いた「巳」を表紙に。
作品集のタイトルは、『梦羲散人・庵』。
今までどおりです。

表紙が出来たのは良いけど、たくさん溜まった作品の整理が大変。
途中で、だんだん疲れて…。

仕事だったら頑張っちゃうけど、自分のとなるとどうしてなのでしょう?
逆に、自分のとなると頑張れる人は天賦の商才かも?…でも何とか仕上げねば!

2013年度版として、ホームページに掲載した暁には、
なにとぞ、ご笑覧いただければと思います。(^^)v

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年2月10日 (日)

「新年会」その3-『梁祝(リャンチュウ)会』

実はこれ昨日の続き、銀座で書道展を観たあと足早に池袋へ。

『梁祝会』新年会場は毎年恒例?の≪蒙古三味薬膳火鍋専門店≫「小尾羊」。

All 今回集まったのは7名ですが、私と工藤さんを除いて70~79才。
みんな酒は強いし良く食べる、この元気さは何でしょう?(笑)

去年、中国湖南省の大学で日本語を教えてきた渡辺先生が帰国、
それと入れ替わるように江蘇省の大学へ行かれた浦野さんが春節休暇ではるばる中国から。

そして福島県から山田さんも参加、この梁祝会が楽しみだそうです。

老齢男?の集まりに見えるでしょうが、皆さん健康そのもので若い若い。

渡辺先生からは、梁祝の素晴らしき最新情報=中国寧波に『梁祝博物館』が完成、開館は5月になることが判明。

そのほか、久々の再会とあって話は尽きない、2次会へ…。
そこでもまだまだ盛り上がり、何と私は山田さん(79才)と3次会まで。

最近ケガは気をつけてるので大丈夫、それにしても久々に良く飲みました~。(^^;ゞ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年2月 9日 (土)

「現代書道院」第40回記念展へ

かな書道中心の「現代書道院展」へは、創設者・岩澤恵堂遺作展を5年前に観て以来毎年行くようにしています。

Inner 私は毎日書道会の金子鴎亭以下の近代詩文書より、かな古典を基に現代書を追求するこの会のほうが好きなので。

というより、かな独特の筆づかいは良い参考になります。

会場は去年と同じ銀座の東京セントラル美術館(5F)と東京銀座画廊(7F)の2会場。

Enter7Fは役員クラスの展示会場、特にTOPの方々の作品は見ごたえが。

そして5Fの第2会場へ、一般の部だそう。

Sudo 毎度案内状を送ってくださるのが、出品者の須藤さん。
まだ修行中で一般の部ですが、だんだん線がものになってきてるし勉強もされてるようで、私も良い励み。

さて、一つ上のフロア(8F)では、牛窪梧十氏の個展も開催中で2人で見ることに。↓

Tsuka こちらは日展系の漢字書道。やはり会場の雰囲気がガラリと違って、力強い楷書と篆(てん)書が中心。
まさに西川寧先生以下の謙慎書道会の匂いがぷんぷんします。(笑)

最近ちょっとマンネリっぽく感じてますが、漢字作品の迫力には圧倒されました。(^^)v

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年2月 6日 (水)

早くも義理チョコ、第一弾?

バレンタインデーは2月14日、まだ来週でしょう。

Giri01こんな早くくださるとは!
義理チョコ以外の何物でもない。(笑)

気が早い人?
というより、何かのついでみたい…

何て、失礼しました。

中味はともかく、男心は嬉しいもの。

今年も忘れられていなかったことに感謝です。(^^;ゞ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年2月 3日 (日)

「新年会」その2-『漢語角』

2013年の春節(旧正月)は2月10日だそうですが、
今日はそれに先駆け、日曜『漢語角』(中国語コーナー)の新年会。

Singerここでいつもの交流をしてから、全員が徒歩2分の新年会場へ移動です。
日本僑報社主催の『漢語角』は、毎週日曜日この西池袋公園で休みなく続け、今回は275回目というから素晴らしい。
初参加の方も毎度何人か見えますが、今日は中国語弾き語り歌手bisqさん(写真)の初参加もあり、大人数での和やかな『漢語角』でした。

Party01さて、新年会場はしゃぶしゃぶ屋さん(和風)。
幹事さんが、飲み放題・食べ放題を格安会費に交渉してくださったそうでご苦労様です。
参加者は70人だそうで、とにかく会場はぎっしり。
日中協会理事長、前重慶総領事、麗澤大学教授、港区区会議員などなど偉い方々から若い女性まで年齢はさまざま。もちろん渡辺明次先生も。

さて、今日はCCTVが取材、テレビカメラがずっと回ってます。↓

Cctv 詳しい内容はこちら。

"草の根"と呼ばれようが、民間だからこそ永く継続できること。
日中関係を危惧していると暗くなっちゃうけど、皆んな本当に明るい。

まさに老若男女!元気あふれた春節会となりました。(^^)v

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年2月 2日 (土)

蝋梅(ろうばい)の香りと、春の兆し?

こんなのいただいたので机上に飾ると、部屋中になんとも良い香り!

Roubai 蝋梅(ろうばい)、中国原産の冬の花ですね。
分けてくださったのは中国の方でなく近所の親しい奥さんから。

なぜか?茉莉花茶(ジャスミン茶)が飲みたい。(笑)

いいもんですね~、ここで一句といきたいところですが、何せ文才が無いもので。
絵でも描きますか…

しかし今日は暖かい!忘れかかってた小春日和に、つい居眠りなど…

となると、もう梅の花かな?
これぞ日本の春の兆しでしょう。と思ったら梅の花も原産地は中国ですって。

まあ、どっちにしても焦らない、焦らない、明日からはまた寒さがぶり返すそうで。(^^;ゞ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年2月 1日 (金)

2013年「新年会」その1

春節(旧正月)を目前にした新年会。

Murakuall実はこれ、ちょうど一週間前に開催された日中交流「楽夢会」。
始まる前に撮った集合写真がようやく?届いたもので。

去年11月のこの会の発足パーティには一人で参加しましたが、今回は逆に梁祝(リャンチュウ)先生こと渡辺明次先生からのお誘い。

Rakum02会場は池袋『大福来』での立食パーティ、台湾料理店のようで。
中国人は上海出身が多く、ビジネス交流や、中国の民主化を願い国外で文化活動する方など…。でも政治的な話など堅い話は一切無し、あくまで飲んで食べて会話して。
最終的には55人も集まったそうだからスゴイ。

さて、渡辺先生は?

梁祝(リャンチュウ)の他に、もう一つ出版された『孟姜女(もうきょうじょ)』も広めたいと言うことで、新聞記事を切り抜いたチラシを作って皆さんに配ってました、さすが用意周到です。
Mokyojo 『孟姜女』とは、「万里の長城をその涙で崩した」というあの有名な伝説。
この本が、去年の11月に万里の長城ツアーで日本人3人が死亡された事件に絡めて、
北海道新聞のコラムに取り上げられました

興味を持った日本人の方々が、その場で何冊も買ってくださってました。
いやー、これは素晴らしい。会場も楽しいのりで良き新年スタートでした。(^^)v

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年1月 | トップページ | 2013年3月 »