« やったね、「アジアン映画祭」でグランプリを受賞! | トップページ | 本は題名で売れ行きが違う!? »

2013年3月29日 (金)

桜が散る前に、貫之の名歌を一筆。(笑)

「花の香に ころもはふかくなりにけり 木の下かげの 風のまにまに」紀貫之

Tsurayukiまだ3月と言うのに、今週末には満開が終わりそう。
先週撮った5分咲きの写真が懐かしく、
そこで一句…、じゃなくて一筆。

いつものように現代人が読めない字は使わない主義で(笑)

歌の内容も優しくて、一瞬わかった気がしたのですが、2行目の『ころもはふかく(衣は深く)』とは何なのか?

調べたら、当時は、衣に良い香りを焚き染めていたそうで、
家に伝わる秘伝の香りを調合するという場面が源氏物語にもあるそうです。

さすが新古今和歌集の香り!意味が解るととんでもなく素晴らしい趣きが。
良い勉強にもなりました。(^^;ゞ

|

« やったね、「アジアン映画祭」でグランプリを受賞! | トップページ | 本は題名で売れ行きが違う!? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/164930/57073382

この記事へのトラックバック一覧です: 桜が散る前に、貫之の名歌を一筆。(笑):

« やったね、「アジアン映画祭」でグランプリを受賞! | トップページ | 本は題名で売れ行きが違う!? »