« 青井さん、二年ぶりの舞台。 | トップページ | 新刊本のカバーを作成。 »

2013年6月27日 (木)

もうすぐ、特別展『和様の書』。

いよいよ、7月13日から上野・東京国立博物館(平成館)で『和様の書』が始まります

Journal503和様の書』ブログもあるんですね~。
展覧会の見どころなどを紹介してるようです。
これらに写真版つきで詳しく載ってるので、特別展の概要は省くとして、

私は、毎月届く「書道ジャーナル」小野寺編集長の簡潔な見所紹介も読みます。→
出品数約150件のうち約80件が国宝!
というからスゴイ。

ところで、35年前!

1978年(昭和53年10月-11月)に、ここで催された『日本の書』という名の特別展を観に行ったことがあります。

私が30歳の時、書が面白くなってアチコチ見て勉強した頃かな?

Guideh1 このぶ厚い解説書は、当時買ったのですが、今でも良き参考書として使っているので、もう汚れて疲れてボロボロ。
←(笑)
「漢字の渡来以後、わが国の書は、中国書法の影響をうけながら、独自の発展を遂げた」
…というあいさつ文で始まり、聖徳太子筆から江戸末期の書家まで、わが国に残る書跡の名品のほとんどを網羅したもの。大変な出品件数だったと思う。

Guide02 巻末には全部の書に"釈文"がついてるから読めない文字などが解って、私には良い参考書となってます。→

尤も今回のは、同じ"日本の書"でも、書で装飾された工芸品(国宝)なども展示するようで、過去に催したのとはだいぶ違うでしょうから、これまた楽しみです。

平成館、混んで、また並ぶんでしょうけどね…(^^;ゞ

|

« 青井さん、二年ぶりの舞台。 | トップページ | 新刊本のカバーを作成。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/164930/57694868

この記事へのトラックバック一覧です: もうすぐ、特別展『和様の書』。:

« 青井さん、二年ぶりの舞台。 | トップページ | 新刊本のカバーを作成。 »