« トマトジュースとオリーブジュース!? | トップページ | 青井さん、二年ぶりの舞台。 »

2013年6月21日 (金)

本格「湖南料理」の夕食会に招かれて。

18:30~東武百貨店15F『華湘(かしょう)』中国湖南料理のお店。

招かれたのは、段躍中さん(写真中央右)主宰「NPO日中交流支援機構」のコアメンバーと、応援くださる先生方。現役で活躍している諸先輩と同席できて光栄です。

Kasho01
島田晴雄(慶應義塾大学名誉教授、現・千葉商科大学学長)先生は、先日学生の前で、初めて中国語で挨拶をされたそうですが、それを我々の前で見事な発音で読み上げてくれました。
Kasho03わずか一年で習得したというから、さすが!
と、皆さん一同に褒めてました。

私には意味がさっぱりわからなかったのですが、中国語の演説は(発音が)何か、かっこいいですねぇ(笑)

瀬野清水(前重慶総領事)さんとは何度もお会いしていますが、現在は何と、ジャニーズエンタテイメントの関連財団『MarchingJ』に在職。
中国での長い重責経験を民間レベルで活かされることでしょう。
今月(6/5)の日本記者クラブで会見もされてます。

Kasho002そしておなじみ渡辺明次先生は、湖南省の大学で3年間日本語を教えながら、日本語で作文を書くコンクールに何人もの学生を受賞に導いてきました。

その『中国人の日本語作文コンクール』は今回で第9回目。
応募作品が集まり、これから審査が始まりますが、昨年よりさらに増えて、何と、3千通に迫る応募数だと!!!

このご時世に応募数が増大とは!民間レベルのこの盛り上がりは何なのか?

事務局長はじめ、多くの方々の協力に支えられてここまできたといえ、やはり段躍中さんの活動、それを応援したいという心のパワーが集結しているのでしょう。

お料理は湖南料理。

Kasho001Kasho003本格湖南料理は初めてで素晴らしい、んだけど、うわさどおり、辛い!
なるべく辛味をよけて食べたけどそれでも辛いので、お酒に手が行く!
紹興酒のロック、やはり中華料理に合いますね。

Kasho05そして、そして最後に、島田先生が色紙に。
漢語角300回
友情、友好、友愛
日中平和共栄 島田晴雄

←段さん感動してました!

高度な話と本格湖南料理、心も"腹"も充実タイム。ご招待ありがとうございました。m(__)m

|

« トマトジュースとオリーブジュース!? | トップページ | 青井さん、二年ぶりの舞台。 »

コメント

いつも素晴らしいブログ、感心しています。そしてありがとうございます。

投稿: | 2013年6月23日 (日) 11:54

段先生
貴重な席にお誘いいただき、大変有意義でした。
こちらこそありがとうございました。

投稿: 塚越 | 2013年6月23日 (日) 12:39

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/164930/57645292

この記事へのトラックバック一覧です: 本格「湖南料理」の夕食会に招かれて。:

« トマトジュースとオリーブジュース!? | トップページ | 青井さん、二年ぶりの舞台。 »