« 最近のお気に入りは「健康にぼし」(笑) | トップページ | すっかり秋。気分一新、『誠』です(笑) »

2013年9月29日 (日)

「浄土真宗」のお話を聴いて…

今日は、97歳の義母が亡くなってちょうど一ヶ月。
再来週は49日の法要、早いものです。

仏教徒でない日本人も葬儀となると宗派別に儀式が違って面食らうことも…。

義母方の宗派は「浄土真宗」築地本願寺。

私は昔から、お坊さんの話を長々と聴くのは好きじゃないのですが、
「他力本願」の本来の意味くらいは知ってますよ。(笑)
(難しい修行をしなくても、誰でも"南無阿弥陀仏"を唱えれば成仏できる)でしょ?

Amidagoeiも、こんなのは初めて、→

・左に蓮如(れんにょ)、中央は阿弥陀如来、右が親鸞聖人と、ご影を並べる→

浄土真宗では、死んだら闇の世界へ行くのではなく、直ちに仏になるのだそうだから…
例えば、
・「戒名」とは言わず、「法名」。戒(いましめ)を受けることはないから
・「ご冥福をお祈りします」は間違え、冥(闇)の世界には行かない(三途の川は無い)

などなど、今回に限り興味だらけ。
でも国によっては間違えたら厳しいでしょう、日本で良かったかも?
築地本願寺さんの話は無知な私の後学のためにもなりました…(^^;ゞ

※カンタンに調べると
・蓮如(れんにょ):室町時代の浄土真宗の僧、本願寺中興の祖。
・阿弥陀如来:我が国では一番多く礼拝されている、悟りを開いて如来になった仏様。
・親鸞聖人:鎌倉前・中期の僧。浄土真宗の開祖。
・本願寺派 http://www.hongwanji.or.jp/

|

« 最近のお気に入りは「健康にぼし」(笑) | トップページ | すっかり秋。気分一新、『誠』です(笑) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/164930/58289443

この記事へのトラックバック一覧です: 「浄土真宗」のお話を聴いて…:

« 最近のお気に入りは「健康にぼし」(笑) | トップページ | すっかり秋。気分一新、『誠』です(笑) »