« 中国の良書不足解消へ! | トップページ | 日中関係が困難なときだからこそ…の一冊。 »

2013年9月21日 (土)

中国報道、メディア側からの声が出版!

日中国交正常化以降、最悪という状況の中、さまざまな本が発刊されていますが、
「マスコミが悪い面ばかりを報じ、脅威論を煽っている」という非難に対し、

158_2この本は、最前線で報道している大手新聞社や、テレビ局など、中国専門の当事者たちが執筆した本。

私もマスコミ批判の一人なので、これには興味深々でした。

どうせ言い訳だろうと…(笑)

ところが、ところが、何でもそれぞれの立場も知るべき、大変参考になりました。

20130918_mainichi_2 これから発売されるこの本
私は表紙とカバーの制作を手伝ったおかげでいち早く読むことが出来ました。

←三日前(9月18日)の毎日新聞、編集委員・重倉篤郎氏も取り上げました。

新聞、テレビなどメディア報道が日中関係悪化に一役買っているのではないか。中国報道最前線の特派員らがそんな問題意識でつづった本が出版された」と詳しく紹介。

となると誰が煽ってるのか?

私が思うに、影響力が最も強いテレビの人気キャスターによる視聴者への受け狙い。
それと同時に、専門分野でもないコメンテーターたちの無責任な?コメント。

中国報道に限らずですが、私も一視聴者として大衆迎合は危険とさえ感じる昨今です。(>_<)ヽ

|

« 中国の良書不足解消へ! | トップページ | 日中関係が困難なときだからこそ…の一冊。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/164930/58238716

この記事へのトラックバック一覧です: 中国報道、メディア側からの声が出版!:

« 中国の良書不足解消へ! | トップページ | 日中関係が困難なときだからこそ…の一冊。 »