« 2013年10月 | トップページ | 2013年12月 »

2013年11月29日 (金)

副題は「日本人も知らない"感動"エピソード」集

163612月発売予定のこの本、早くも今日から発売だそうで、本日、入手できました。

本の内容は「中国人の日本語作文の受賞作品集」、今回(第9回)の、作文テーマは"感動"。

早速、最優秀賞をGetされた李敏さんの作品を、改めて読み返しました。

日本語タイトルは、「百人一首ラブストーリー」。私も絶賛、最高点つけました。
そもそも、志望の大学院に進むために和歌を勉強しなきゃならないという気が進まない状況から、次第に、和歌(百人一首)の虜になっていた。という始まりで日本の伝統文化に惚れ込んでいく経緯。

163toppage 締め括りの一節では、「私も、百人一首かるたを含む文化交流を通して、共通の興味を持っている友達をつくることによって、微力ながら、中日友好や世界友好のために、一羽の鵲となりたいのだ。」…

まさに"感動"でした。

審査では作文原稿だけで、名前も大学名も伏せられているので気がつきませんでしたが、驚いたのは、最優秀賞と一等賞(5名)は全て女性。

もちろん男性の作品も二等賞以下で素晴らしい"感動"を書かれています。
そして皆さん、ほぼ完璧な日本語作文には私も"感動"です。

ところで、表紙の「日本力」という文字は、高村正彦・自民党副総裁の揮毫だそうで。
日中関係、政治的に大変な状況の中、民間の努力を応援してくださるのは嬉しい。

もう来年(第10回)の開催も決定、このような高いレベルの民間の"生の声"を、
是非とも読んで知って欲しいと、私も一役、応援しております。(^^;ゞ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年11月27日 (水)

今日は三の酉、浅草・鷲(おおとり)神社へ

Poster 小さい頃から親しんできた「おとりさま」、今年は三の酉まで。

地元のせいか今年も最後の日になっちゃいましたが、去年のをお納めしなきゃと、我が奥様と行って参りました。
浅草・鷲神社は酉の市の起源発祥地ですぞ。

ところで「鷲(わし)」を(おおとり)と読むのはなぜか?江戸時代から鷲神社は、「鳥の社(とりのやしろ)」、また「御鳥(おとり)」といわれており、現在も鷲神社は「おとりさま」と一般に親しまれています。

Enter だそうで、何だか?解ったような解らないような…(笑)

まあ、深く考えません。

夜になるとメチャクチャ混んでくるので早めに家を出たけど、もうこんなにぎっしり!
入り口では、またまた渋滞…、

しかし、それが逆に楽しいことも、キレイどころに目が移ります~(汗、、)↓

Ootori03
拝礼の作法は、二拝、二拍手、一拝。ちゃんと済ませて、今年も小さい熊手を買いました。

一年間御守護頂いた、古札・熊手等は、お炊き上げ料を添えてお求め頂いた神社仏閣へお納め下さい。新しく授与されたお札・熊手等は、暮れの28日に神棚等にお祀り致しましょう。熊手などを納めて新しく買い換える場合はすぐに飾ってもかまいません。

はい、さっそく左様にいたしました。m(__)m

3thtori

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年11月25日 (月)

新刊・中国人の心を動かした『日本力』

いよいよ来月発売(12/12)。
今年で第9回目を迎えた「中国人の日本語作文コンクール」受賞作品集です。

163bookf この作品集は、三等賞以上の作品61点が(それぞれ1500字前後で)掲載されているので、拾い読みできるし、是非とも読む価値アリです。

審査を終えた9月には、ブログに書きましたが、また読むのが楽しみです。
私の場合、つい文化的なものに惹かれ、日本の和歌(百人一首)を取り上げた作品に感動。
もちろんそれだけでなく、さまざまな角度から語る、まさに「反日報道が伝えない若者の“生の声”」です。

詳しくは→中国人の日本語作文コンクールのページ

09sakubunri_3 そして、今回の最優秀賞・日本大使賞は、李敏さん(国際関係学院)。

来月、北京の日本大使館で授賞式です。
日本大使賞を授与されると、なんと、「日本一週間招待」!

素晴らしい、日本に見えたら是非お会いしたいところです。(^^)v

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年11月23日 (土)

ジェームス三木作のお芝居を観に

今日はいよいよ、青井聡子さんの舞台公演

Ticket 朝からメールが、
おはようございます。いよいよ本番となりました。14時開演、満席でございます。<中略>
お待ち申し上げておりますね。では劇場でお目にかかりましょう。青井聡子

劇場は愛川欽也さんの「中目黒 キンケロ・シアター」。
Theater 作:ジェームス三木『善人の条件』。
「津川雅彦、小川真由美主演で映画にもなった市長選を巡る人間ドラマを描いたパワフルな舞台…」
というふれこみで、一昔前の地方の金権選挙そのものながらコミックさも入って軽快です。
さらに、大俳優の演技とは一味違い、出演者の方々の一所懸命なる熱演に感動でした。

なんと!200名近く入る会場は満員。
私の普段とはちょっと違う世界ですが、それもまた楽しいものでした。(^^)v

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年11月22日 (金)

朝日新聞「声」爛に、安倍首相の良いお話。

Duanasahi 尖閣がらみの不快なニュースが毎日のように流れていれば、
誰だって急に好きになるのは無理な話でしょう。

日中関係、本当に難しくなってるなか、
梁祝(リャンチュウ)でおなじみ渡辺明次先生のブログから、良いお話なので転載です。

日頃なにかと世話になり、湖南省「湘潭(シャンタン)大学」も紹介してくれた 
「NPO日中交流支援機構」の段躍中先生が朝日新聞「声」欄に投稿した11/21の記事を何気なく目にしたので皆さんにご紹介。→

渡辺先生は湖南省・湘潭大学で、この朝日新聞の声欄を学生向けの教材としてよく利用されたそうで、
今日はこれを発見、改めて教材として読んでみたということでした。(^^)v

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年11月21日 (木)

来年の干支は甲午、「馬」を書く

冬が急に来たせいか、気のせいか?このところ師走の気分。
というのは、この一週間、公私共にメチャクチャ忙しくなっているのです。

Uma01 そこで早くも、毎年頼まれる干支の書の構想を練ることに→

来年の干支は甲午(きのえ・うま)、午(馬)年。
いつものように、日本と中国の古典の名筆から"馬"と"午"の字を集めてみました。

"馬"の字は、いろんな表情があって創作し易い。
"午"の字は、甲(きのえ)とセットにしたほうが創り易い。

Kinoeuma_2 なんて…、いろいろ考え、遊んで楽しんで、下書きです。

多分、てん書や隷書の「馬」を元に書く書家が多いと思いますが、
でも今日の私はそれを嫌って行書で

←気に入った作品ができました。
今日のところはここまで、

まだまだ時間があるので、
いろんな馬(午)を書きましょう。

請うご期待のほど?お楽しみに…(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年11月13日 (水)

第13回<熱写会>グループ展へ

13thもともと仕事で大変お世話になった、大手企業のOBたちの写真展ですが、毎年この時期に開催。
今回でなんと13回目、13年も続いてるわけだから素晴らしいとしか言いようがない。
会場も同じ、新宿エステック情報ビル(2F)ギャラリークリスタルスポットへ。

Flowers始めは殆んど素人の写真だったのが、ここまで続くと作品の質も高く、さすが自分のものにしてるのを感じます。

毎年見に行ってるので、それが良く解り、楽しみです。

今日が最終日、終了時間が早いので12時ジャストに到着、受付にはいつも案内状を送ってくださる村田さんが。

Tsukamurata←早速、彼が挑戦し続ける雪山の写真の前で2ショット。

新雪に彩られたカナダユーコン準州の自然だそうで白とのコントラストが美しく力強い。

みなさん、ひとつのテーマを6点くらいの組写真で発表してるのですが、その他に是非観てほしいと思う作品を、一点づつ入り口に展示しているのです。

Tsukaさすがみなさんの一押し作品、本人とは思えないような変化に富んだトーンなど、知らなかった一面を垣間見たようで新鮮です。→

Murataworks_2←村田さんの一押し作品は「地獄谷朝陽」(富山県立山室堂閣魔台より)。

これまた美しくとっても気に入りました。

この企画は、写真展に限らず他の展覧会などでも使えそう、なかなか良いですね!

今回も楽しく拝見でき、爽やかな気分になれました、ありがとうございました。(^^)v

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年11月11日 (月)

中国の未来!?

これ、間もなく発売される『中国の未来』の日本語版、興味をそそる新刊本です。

139_leaf先ほど知ったのですが、早くもアマゾンでは予約販売してました

何が書いてあるのか?そのリーフレットができたので紹介します→

日本の識者や経済人は、中国がすぐにでも崩壊するような(陰湿な期待?)を煽る論説が多い中、これは読んでみるべき価値ある本でしょう。

著者は中国人で金燦栄教授。1962年生れ、中国人民大学国際関係学院副院長・教授。専門分野はアメリカ政治制度と政治文化、著作多数。

ちなみに、日本語訳者の東滋子さんは、日本僑報社が主催する「日中翻訳学院」の修了生だそうです。

ここでちゃんと学ぶと翻訳家デビューのチャンスが!?素晴らしい!(^^)v

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年11月 9日 (土)

Jazzライブの特集ページができた。

今週月曜日に開催された『第1回・サンパチ音楽祭』(主催:イタリア料理とジャズの店)が成功裡に。

Matsurisite その様子と、御礼文を載せた特集ページを作りました

朝から晩まで9つのバンドが順にライブする大音楽祭!
全部の写真を撮りきれなかったようで、私が撮ったやつも足しました。(笑)

オーナー(サンパチマスター)の言葉から…
ありがとうございました。
プレーヤーの皆さん、最高のパフォーマンスにお客様も大満足でした。
サンパチ音楽祭に協賛頂きましたスタッフの皆さんお疲れ様でした。
来年も宜しく御願いします。

ホント、第2回、第3回と毎年続けられることを期待しま~す。(^^)v

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年11月 8日 (金)

日本図書館協会の選定図書に!

「日本図書館協会選定図書」に決まった本は、全国各地の図書館などで本の選書に役立てられるそうで、今回、これに選ばれたのが『日中対立を超える「発信力」』。

158_2_29月発売以来、このブログでも何度か紹介しましたが、スゴイことです。

日中関係が今のように困難な時に、選定図書に選ばれるような中国関連本は素晴らしいと思う。

実は、出版元の日本僑報社が今までに選ばれた良書はいくつもありますが、
その一覧ページにこの本も仲間入りしました。↓

Eshopsenteiちなみに、段躍中編集長のブログからセールス文の一部を転載。
『日中対立を超える「発信力」』は、日中の新聞・テレビ等の第一線で活躍する記者ら二十数名が寄稿。近年の中国報道の現場で感じてきた迷いや、日中関係改善へ向けてメディアの果たす役割について、それぞれが率直な思いを記している。

私は既に読み終えましたが、マスコミへの批判が少し減ったかも?(^^)v

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年11月 5日 (火)

鎌倉『しふぉんケーキ』が届きました!

今朝、『しふぉんケーキ』のギフトセットが贈られてきました。

Chiffonset 贈り主は、何と、舞台女優の青井聡子さん。
嬉しい、感激です!

三ヶ月前のブログに、『鎌倉しふぉんのシフォンケーキ』のことを書きましたが、
そのケーキのレシピブックは、TBSの「はなまるマーケット」が取り上げ、アマゾンでもおすすめ販売の大人気ケーキ。

実は、青井さんは、この「鎌倉しふぉん」のオーナーなのです。

2pieces さっそく3時のおやつにいただきました。
イヤ~、何とも「ふわふわ、しっとり」の食感がたまらない。

ギフトセットは、シフォンケーキ・ホール(シフォン丸々の)と一緒に、カットされたフルーツ、マーブル、コーヒーなどなど30種類のうち数種類を選び、パックされたもで、なかなかGoodです。

Cmleaf 30種類もあるそうで。

宣伝しちゃいましょう!同梱されてた案内書→

早めにいただいたほうが良いので、お隣りの老夫婦にも少しおすそ分け。
やわらかいし、とっても喜んでくれました。

美味しいと思ったらお隣りさんにも…、
これが"東京下町"の流儀?です。(笑)

青井さん、ホント、ビックリ、嬉しい。
ご馳走様です、今月の舞台、楽しみにしてま~す。(^^;ゞ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年11月 4日 (月)

第1回・ジャズ38音楽祭へ

今日は、いよいよ第1回のJazz38(サンパチ)音楽祭。
「亀有リリオホール」での、初めてのジャズフェスティバルです。

Mariastage 主催は「イタリア料理とジャズの店・Jazz38」で、
私は今年の5月に、このお店のホームページ(サンパチ公式ホームページ)をリニューアルし、マスターのブログの更新もお手伝いしてきています。

この小さなジャズライブのレストランが、640名も入る大劇場で、朝10:00~夜9:00まで丸一日のジャズフェスティバルを開催!なんて、スゴイことです。

今日は祝日でしたが、昼間の仕事を済ませて駆けつけたので最後の2バンドしか見れなかったけど、ジャズの生バンドを聴くのも良いもんです。

Hayaiowner 会場の殆んどがお店のお客さんだから雰囲気も明るいし、最終バンド(ジャズボーカル)のマリア・エヴァの迫力には圧倒されました。

そして、いよいよマスターご夫妻が舞台に上がり、御礼の挨拶。
びしっと決まったマスターの顔が緊張してる?大成功でしょう!

↑写真中央がマスターの早井さんと奥様、左右は司会者

明日のお店はお休みだそうで、ゆっくり休んでください。
私も見に行けて、良かった、良かった~(^^)v
2stage

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年11月 3日 (日)

青井さん、三年ぶりの舞台公演

今年の7月、二年ぶりに舞台公演というので、湘南のミニ劇場でのお芝居を観てきましたが、半年も経たないうちに、また(今月23、24日)次の舞台ですって!

Aoistage_guide_2 しばらく舞台から遠ざかっていたようだったので驚きです、素晴らしい。

今度の劇場は「中目黒 キンケロ・シアター」。愛川欽也さんが「俳優のために 観客のために スタッフのために造りました」だそうです。

ココへも観に行きましたが、もう三年ぶりとなりますか…

作:ジェームス三木『善人の条件』。

「津川雅彦、小川真由美主演で映画にもなった市長選を巡る人間ドラマを描いたパワフルな舞台…」

ということで、面白そう。

2shot←この写真は前回、「キンケロ・シアター」の前で撮ってもらった、舞台衣装のままの青井さん。(笑)

青井聡子さんの演技は、なんか観ててとても楽しいので毎度行くようになってます。(^^)v

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年10月 | トップページ | 2013年12月 »