« 新刊・中国人の心を動かした『日本力』 | トップページ | 副題は「日本人も知らない"感動"エピソード」集 »

2013年11月27日 (水)

今日は三の酉、浅草・鷲(おおとり)神社へ

Poster 小さい頃から親しんできた「おとりさま」、今年は三の酉まで。

地元のせいか今年も最後の日になっちゃいましたが、去年のをお納めしなきゃと、我が奥様と行って参りました。
浅草・鷲神社は酉の市の起源発祥地ですぞ。

ところで「鷲(わし)」を(おおとり)と読むのはなぜか?江戸時代から鷲神社は、「鳥の社(とりのやしろ)」、また「御鳥(おとり)」といわれており、現在も鷲神社は「おとりさま」と一般に親しまれています。

Enter だそうで、何だか?解ったような解らないような…(笑)

まあ、深く考えません。

夜になるとメチャクチャ混んでくるので早めに家を出たけど、もうこんなにぎっしり!
入り口では、またまた渋滞…、

しかし、それが逆に楽しいことも、キレイどころに目が移ります~(汗、、)↓

Ootori03
拝礼の作法は、二拝、二拍手、一拝。ちゃんと済ませて、今年も小さい熊手を買いました。

一年間御守護頂いた、古札・熊手等は、お炊き上げ料を添えてお求め頂いた神社仏閣へお納め下さい。新しく授与されたお札・熊手等は、暮れの28日に神棚等にお祀り致しましょう。熊手などを納めて新しく買い換える場合はすぐに飾ってもかまいません。

はい、さっそく左様にいたしました。m(__)m

3thtori

|

« 新刊・中国人の心を動かした『日本力』 | トップページ | 副題は「日本人も知らない"感動"エピソード」集 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/164930/58654696

この記事へのトラックバック一覧です: 今日は三の酉、浅草・鷲(おおとり)神社へ:

« 新刊・中国人の心を動かした『日本力』 | トップページ | 副題は「日本人も知らない"感動"エピソード」集 »