« 「碑学派」の書 | トップページ | 「長征」をマンガで読む。 »

2013年12月 4日 (水)

来年の干支、甲午(きのえ・うま)の書、第二作。

Kinoeuma02先日に引き続き「馬」を書く、その2。

色紙用に書き溜めてますが、今日の"馬"はこれ。

隷書よりも篆(てん)書よりも古い、甲骨文字の時代の「馬」です。
まあ、オーソドックスだけどカワイイでしょ?(笑)

3日前の日曜日に鑑賞してきた、「碑学派」の書に触発されたというわけでなく、古代文字から、創作への幅が広がるのでやってみる価値あり。

近代の書家はこのような文字を研究した作品が多くなってますが、私としては、"日本の書"を捨ててはいません。

Kinoeuma_sampleとにかく、今のところはこのように、元の字を捜して臨書しながら、
いろいろ遊んで楽しんでるところ。

まあ、次第に気合が入ってくることでしょう。(笑)

|

« 「碑学派」の書 | トップページ | 「長征」をマンガで読む。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/164930/58714998

この記事へのトラックバック一覧です: 来年の干支、甲午(きのえ・うま)の書、第二作。:

« 「碑学派」の書 | トップページ | 「長征」をマンガで読む。 »