« 2013年12月 | トップページ | 2014年2月 »

2014年1月31日 (金)

今日は春節、『梁祝(リャンチュウ)新年会』

今日は春節(旧暦の正月)、
梁祝先生こと渡辺明次先生のご尽力で、今年も新年会を開催できました。

20140131liangzhu 参加者9人となりましたが、みんな気心知れた仲間たち、和気合い合いとスゴイ活気。

先ずは渡辺先生から報告。
しばらく「梁祝」の話題が乏しかったのですが、寧波に「梁祝博物館完成」、紹興に「祝家資料館オープン」という昨年暮れに知った2つのニュース。

日本ではなかなか浸透しなくても、中国本土では21世紀の今でも、この古き愛情故事を大事にしてます。観光名所としても素晴らしい。

2shot 中国で日本語を教えている正月休暇で帰国中の浦野さん、
北京外国語大学教授(現東洋大学教授)続三義先生、
←某プロ野球選手の奥様も参加くださり大歓迎。
私はお祝いに「馬」の書をプレゼント。

はるばる福島市から駆けつけてくださった日中友好協会長の山田明生さん、実は東北に9店舗を経営してる「養老の瀧」オーナー。
この会場は渡辺先生が偶然「養老の瀧」池袋店に予約を申し込み4,000円会費にしたのですが、それにしては料理もお酒も、ウソーというくらい出てくる出てくる。
時間2時間半から無制限へ!
どうやら山田会長が手を廻してくださったようで、感謝感激、恐縮だらけです。

しかし、みんなお酒が強い~、年を取ってもなぜこんなに強いのか!?(笑)

155_2 ところで、用事が重なって参加出来なかった方々からもご返事いただき、鎌倉方面からは、中国へ送るための梁祝舞台の資料が一式届き、
また、日本僑報社段躍中編集長からは、なんと全員に新刊本のプレゼント!この本は私が表紙をデザインし、段さんも喜んでくれてます。詳しくは>>
お気遣いいただき、ありがとうございました。

皆様へのお礼と共に、本当に心の通った新年会となりました。(^^)v

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年1月24日 (金)

全国の人気温泉旅館ホテル、認定式&パーティへ。

午前11時より浅草ビューホテルにて、旅行業が選ぶ全国「人気温泉旅館・ホテル250選」認定証授与式が開催。

2013250No.1は今年も草津温泉で11年連続1位というスゴさです。

実は私、日本僑報社・段躍中編集長の代理です。
来賓のリボンを胸につけて参列、なんと最前列の席。

主催は日本観光経済新聞社

3speach先代の社長の後を継ぎ、新社長が挨拶。(写真左)
今日は国会開幕の日というのに、二階俊博衆議院議員が合間を縫ってご挨拶に。
そして今回からは観光庁も後押し、久保成人観光庁長官も。(写真右端)

Party 海外からの観光客が1千万人を突破したという良きニュースに、活性化して欲しいものです!
その内訳は、韓国、台湾、中国の順。

しかし、1千万人ではまだまだ日本は世界33位というレベルらしい。
ちなみに世界1位はフランス、そして米国、中国、スペイン、イタリアと続く。

2shot_2 パーティ会場では久保観光庁長官とお話ができ、2ショット。中国の若者の情報など伝えつつ、ご挨拶が出来ました。

私としても、3年前に国交省のビジット・ジャパン・キャンペーン構想を練った経験上、
そしてまた、中国との関係も、政治的にはともかく民間レベルで観光および文化に大いに貢献したいとの気持ちがまた溢れてきました。(^^;ゞ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年1月16日 (木)

百人一首に魅せられた中国人。

昨夜の午後10時、NHK・BS1「ワールドwaveトゥナイト」で、李 敏さんの特集が!

Tv3 李 敏さんとは、第9回中国人の日本語作文コンクール最優秀賞(日本大使賞)を受賞された国際関係学院生。

NHKが真っ先に李 敏さんを番組で取り上げました。

そして昨日、ご本人が副賞の日本招待で東京に到着、偶然にも同じ日にNHKの番組が流れるとは。

この番組は、中国の若者が日本文化に感動する実話をNHKが前向きに取材してます。
ここで私が説明するより、ご覧になった方が百聞一見でしょう(笑)
動画はこちら>>
http://youtu.be/9Jo7SnWCp-w

李敏さんが受賞された作文によると、百人一首に魅せられ本格的に勉強、今やカルタ国際大会に出場するほどになってるそうだから、頭が下がります。

作文の題名は『カルタ・カンタービレ』、最初意味が解らなかったけど、副題の「百人一首ラブストーリー」のほうがピンときました。(笑)

夕方にコンクール主催の日本僑報社へ訪れたので、私も李敏さんにお会いでき、"おめでとう"と!
日本に2週間も滞在するそうで、何とも素晴らしい副賞です。

1636 この作文コンクールの受賞作品を集めたのがこの本、副題は「日本人も知らない感動エピソード」集となってます。

日中関係、一般社会の大人や政治が混迷してる中で、中国若者の本当の声を知ることは大事でしょう。

私もコンクールの審査をさせてもらっているおかげで、たくさんの感動をいただいています。(^^)v

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年1月15日 (水)

寒中見舞いのハガキが出来た。

昨年暮れに義母が97歳で亡くなったので、毎年年賀状をくださる方々に喪中ハガキを出しましたが、それでもやっぱり知らない人もいて、20通ほど寒中見舞いを出すことに。

その寒中見舞いは松の内(1月15日小正月)以降と思っていたのですが、今は1月7日過ぎれば良いそうで…、まあ、良いでしょう。
2014card本年もよろしくお願い申し上げます。m(__)m

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年1月12日 (日)

今年の春節は、1月31日。

新年早々、記事を書きましたが、
寧波に「梁祝博物館完成」、紹興に「祝家資料館オープン」というめでたい知らせ。

Partyname 是非とも春節の日に『梁祝(リャンチュウ)新年会』を、と下記の通り計画しました。

昨日の間に、渡辺先生が幹事ということで打合せが完了、日時、会場を決めると、
はるばる福島市の日中友好協会長・山田明生さんも参加の連絡が。
Lianghzuopen_3 さらに、
北京外国語大学教授(現東洋大学教授)続三義先生をお迎えし、
正月休暇で帰国の浦野さんからは中国最新若者事情などなどすぐに話がまとまりました。

新鮮な話題が尽きぬ会になるでしょう。
梁祝会にとって久々の?活き活き情報満載です。

というわけで『梁祝新年会』のお知らせ。
    記 ---------
「梁祝会新年会」
日時:2014年1月31日(金) 18:00~20:00

Lianghzukamakura02会場:池袋駅西口公園脇「養老の滝」池袋南口店
(渡辺明次で予約)
会費:¥4,000
(料理10品、飲み放題コース)
お申し込み期日:1月18日(土)
お申し込みは:塚越 誠(梁祝広報担当)までご連絡ください。

是非とも皆様のご参加をお待ちしております。m(__)m

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2014年1月10日 (金)

もうひとつの「梁祝(リャンチュウ)記念館」!

071_1 中国・寧波に一ヶ月前に完成した「梁祝博物館」の情報を知り、
「紹興日記」の著者、古野浩昭さんから写真付きメールが。

新情報、ありがとうございます。
昨秋、紹興市に近い祝英台の出身地、祝家庄の「祝家テーマパーク」資料館もオープン。
同じころ、紹興を訪ねた際に見物してきました。

Kamakura02 と言うことで、渡辺先生ともにビックリ!でした。
古野さんは、鎌倉で戯曲「梁祝」の舞台をプロデュースし、自らヒロイン(祝英台)の父親役を演じた方。

寧波の梁祝博物館ほど梁祝関連の資料は多くは有りませんでしたが、渡辺先生の著作もショーケースの中で立派に展示されていました。

祝家一族の末裔が今に至るまで生活している場所であること、
Hzu_home_2  戯曲「梁祝」の舞台となった祝家一族が住んだ屋敷(英台の楼閣も含む)を模した屋敷も併設されており、まるで、未だ訪れたことがなかった故郷に帰って来たような思いで屋敷の中を歩いてきました。<以下略>
もっと詳しくはこちら、渡部先生が書いてます。

着々と梁祝愛情故事の2つの記念館が完成中。
新年早々、素晴らしきニュースでした。(^^)v

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年1月 8日 (水)

いよいよ「健康寿命セミナー」開催。

日本人の平均「健康寿命」は男性70.42歳、女性73.62歳!(2010年厚生労働省)。
平均寿命との大きな落差を知り、長寿国として世界に誇れるのかと感じていました。

Main今や「健康寿命の延伸」は日本再興戦略の一つのテーマだそうです!

そんなピッタリのセミナーが来月開催されます。

東京都が応援する健康・バイオ分野のベンチャー起業家たちの発表会です。

私も応援、本日webサイトが完成、チラシも作りましたよ。

TLICフォーラム「イケてるベンチャー結集"明日の健康寿命を考える"」開催のご案内
未来の日本を背負う、若き企業たちのフォーラムです、是非ご参加、如何でしょう?

ちなみにこんなサイトも見つけました
「2013年健康寿命の都道府県別ランキング!あなたの都道府県は何位?」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年1月 3日 (金)

中国(浙江省・寧波)に『梁祝博物館』が完成!

Lianghzu01 新年早々、梁祝(リャンチュウ)先生から朗報です。

詳しい経緯は、梁祝先生こと渡辺明次先生が投稿された「梁祝ブログ」に

正式名称は「中国梁祝文化博物館」。(写真)
去年の11月完成、立派な建物ですね。中は現在も展示作業中だと!
確か昨年5月には完成と聞いてたけど…、それにしても出来たんですね~!
あの鎌倉公演や、私が揮毫した梁祝の文字や写真も展示されてるようで、嬉しい限り。

Lianghzu02
寧波といえば梁祝愛情故事の舞台と同時に、書聖・王羲之も思い出します。
是非、現地に行きたいな…。なんて、新年早々嬉しいお知らせでした。(^^)v

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年1月 1日 (水)

我が家の正月。

昨年8月に義母が97歳で亡くなったので、我が家の新年は喪中。
という状況ですが、謹んで甲馬(きのえ・うま)年のご挨拶申し上げます。

Uma_gakus壁には昨年揮毫した『馬』を→
何となくカワイイのでこれにしました。(笑)

喪中には、正月飾りやおせち料理、お屠蘇でのお祝いなどNG。
年賀状は松の内(1/7)が過ぎてから寒中見舞いとして出す。お墓参りはOKだが、松を飾ることはNG。

などなど大変。

ただし、以前にお坊さんから聞いてブログに書きましたが、
Works2013_2浄土真宗であれば「冥福をお祈りすること無用」、年賀状を出すもOKのようです。

とはいえ、気持ち的には、故人の冥福をお祈りすることで恙無く新年を迎えることに。
午後から息子夫婦が挨拶に来ましたが、乾杯でなく「本年もよろしく」と。

←同時に、書の作品集(2013年版)をまとめ、ホームページからダウンロードできるようにしました。

というわけで、本年もよろしくお願い申し上げます。m(__)m

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年12月 | トップページ | 2014年2月 »