« 大雪のバレンタインデー。 | トップページ | 明日の日本を救う、熱き起業家たち! »

2014年2月18日 (火)

速報!あの梁祝先生が翻訳の新刊本がいよいよ発売。

Longmarch_cover『梁祝(りゃんちゅう)愛情故事』を日本に初めて紹介した渡辺明次先生の翻訳本、4月に発売です。

『紅の軍―長征史詩』が日本僑報社より刊行決定!
内容は、段躍中日報で丁寧に紹介されています。

これは、20世紀の世界的大事件で「現代中国誕生の奇跡」といわれる長編本。
ありがたいことに、北京外国語大学教授で現在東洋大学教授の続三義先生が共訳・監修で応援くださったのは感動。

実は、この本の表紙カバーのデザインを頼まれたのですが、
「毛沢東軍に負けた蒋介石が国宝を持って台湾に逃げた」という乱暴な知識しか持たない私は、横山光輝さんのマンガ『長征』があることを教えてもらいネットで購入。

マンガのおかげで大体のイメージを掴みました。(笑)

Longmarch_a そして昨日、段躍中編集長のもとで色違いの2案を作成。(写真の2種類)
グレーバックのと、全面赤色のと、どちらが良いかスタッフの間でも別れ、SNSやブログで意見を募ったそうです。

結果、赤い文字がはっきり読めるグレーバックの方に決定。ちなみに渡辺先生と、私は全面赤色のほうに一票。

Longmarch_bまあ、デザイン担当の私としてはどちらが決まっても「○」です。

ショルダーフレーズの「現代中国成立のエピック(叙事詩)」は、毛沢東の詩で表紙の書も直筆です。

原著者は、若き文学者・何輝氏。
勇ましい戦争話ではなく、今の中国の原点を知ると驚くことがたくさん!で感動します。

これから印刷に入るので、4月発売となりますが請うご期待です。(^^)v

|

« 大雪のバレンタインデー。 | トップページ | 明日の日本を救う、熱き起業家たち! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 速報!あの梁祝先生が翻訳の新刊本がいよいよ発売。:

« 大雪のバレンタインデー。 | トップページ | 明日の日本を救う、熱き起業家たち! »