« 2014年3月 | トップページ | 2014年5月 »

2014年4月27日 (日)

新刊『日本の「仕事の鬼」と中国の<酒鬼>』を読んでると!

今日はGW初日、朝から読書していると、アマゾンから得意客宛のメールが。↓

Amazonmail m-tsuka 様へ おすすめ商品
『日本の「仕事の鬼」と中国の<酒鬼>』
~漢字を介してみる日本と中国の文化~

実はこの本、いま読んでるところ、アマゾンさんタイミングが良すぎます。(笑)

著者は外交官で鄧小平さん訪日時に通訳をされた方だそうで、面白い話題ばかり。

165_1 副題の「漢字を介してみる日本と中国の文化」のとおり、漢字は中国から輸入しながらも、日本独自の発展を遂げ、結果生じた、日中の違いやエピソードなど興味深い知識が盛りだくさん。
戦後の高度成長下の日本と、文化大革命時の中国、さらに現代に至るまで、歴史、文化のみに始終せぬ、実に幅広い見地で書かれている。

さすがに、政治、経済すべてにかかわった外交官だからこそでしょう。

大変な研究資料と思いますが、漢字を介し、様々な方面から見た日中比較は、一冊の本からだけではなかなか得がたいものです。

Soshoku私が興味を引いたのは、やはり「酒の文化」の項。
(本誌の図版は白黒ですが、カラーのをお借りしてました)

酒を愛する蘇東坡(蘇軾とも:北宋の大詩人で、四大書家の一人)は、→
実は、終日酒を飲むも五合まで、来客が楽しんで酔い痴れるを見るのが幸せという。

Rihaku それとは逆に、酒豪の李白(唐代の大詩人)は→
酒を愛し自ら酒仙と名のりつも、実は憂さ晴らしの酒が多く、殆んどアル中だと。
『杯を挙げて憂いを消すも、憂いはさらに憂いとなる』

なんて、わかる~って感じです。(笑)

さらに、二人のこの違いが対照的。
●蘇東坡:『杯を持って遥か天辺の月に酒を勧め、月の円にして無欠を願う』
●李白:『水中の月影を捉えんとして溺死す』

こんな話が盛りだくさん、漢字の文化に興味ある方は必読でしょう。(^^)v

e-shopからの購入はこちらです、
日本の「仕事の鬼」と中国の<酒鬼>―漢字を介してみる日本と中国の文化―

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年4月25日 (金)

中川一政の「書」!

Shonenba_2 画家・中川一政の書は昔から好きで、特にこの「正念場」はスゴイ!
この書は自分のホームページでも紹介してますが、

今日ネットで見つけたのが、この下の絵と書。

上のは、唐詩選より、王昌齢の「従軍行 二」。
なんと、楽天オークションで価格 2,200,000円で売り切れてました。↓

Nakagawa作品解説によると、
作品の題材は王昌齢の七言絶句「従軍行」より採ったもので、一政の特技の一つである書を巧みに取り入れた如何にも作者の雰囲気を持った傑作である。尚、未鑑定で東美の鑑定を請求中。

Photo_3 ←さらに、この『でく』の絵と書もいい!

それぞれ画像が小さいのしか見つからなくて残念だけど、死ぬまでに?こんな字が書けたらいいな~!(絵は無理だけど…)

なんて…、なんか楽しくなりました。(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年4月22日 (火)

『愛』の字のアイコン

Aiずいぶん前の話ですが…、
川崎で書道の講義をした後、
ご希望の方にその場で好きな文字を書いて差し上げるというパフォーマンスをしたのですが、
その中で、『愛』一文字を書いて欲しいと頼まれて書いた写真が残ってました。→

その方は、この『愛』を自分でスキャニングして、
Aiicon1 パソコン用に自分だけのアイコンを作られたそうで、今でも使ってくださってるとのこと。

←これが送ってくださったアイコン。
へー、カワイイじゃん、と。

こんなのもなかなか嬉しいもので、小さな感動でした~(^^)v


------------------------------------------------
さて、数日後、ご本人(渡辺明次先生)からメールが…、

Aiicon2 ブログ拝見、
「愛」の文字、中国の三年間、毎日教室で学生達が「愛か~」という感じで見ていました。
あれからずっと使い続け今回の乗り換えでも使っています。「漢字アイコン集」は外人向けにも、売れそうな気がしますが。

そして、PCに入れて使ってるというたくさんの『愛』コン画像が送られてきたので↑
一枚にまとめ、追加で掲載しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年4月17日 (木)

マッカーサー通り(環状二号)を渡って。

午後から、ある会社にウェブサイトの相談で呼ばれて新橋へ。

Douglasmacarthurroad 『マッカーサー通り』完成はニュースで知ってたけど、しばらく新橋に出向くことがなかったので、今日初めてここを渡りました。
向かいの高層ビルも立派にそびえてます。

私の場合、この通り沿いは昔から仕事で縁があるのです。
だから30年以上前から、いつになったら出来るのか?と笑ってたことも…

出来てみると、ただの都心の一道路。
でも、私には仕事で…お酒で…思い出たくさん!なのでした。(^^;ゞ

「東京都都市整備局」からの"コピペ"ですが(笑)
「マッカーサー道路」とは、 環状第2号線は、第二次世界大戦終戦直後の 1946(昭和21)年、戦災復興院が、新橋から赤坂・ 四ツ谷を経て神田佐久間町まで延長約9.2km、幅100mの道路として都市計画決定したのが始まりです。
連合国軍総司令部(GHQ)が虎ノ門の米国大使館から東京湾の竹芝桟橋までの軍用道路整備を要求したなどの俗説もあり、この区間の環状第2号線の計画はいつしか「マッカーサー道路」と称されるようになりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年4月13日 (日)

『書』をやる人は10歳以上若い!?

33thcard_2 今日は、第33回・練馬書道展の最終日。
出品者の作品は準備の日に見ましたが、今日は一点一点じっくりと。

そして夜は恒例の「宴会」です。
でも、飲み会の名目を「打上げ」でなく『反省会』としているのは良い。

会場は去年と同じ石神井公園駅近くの「しゃぶしゃぶ店」。
美味しい和風料理とお酒の店、これが楽しみです。
幹事さんの上手な会計のおかげで激安会費。

しかし、盛り上がる話題にショック、というかビックリしたのは皆さんの年齢。

Tsuka02大勢のお弟子さんを教えている先生方だけど、せいぜい70~80歳くらいと思っていたら、とんでもない。

Tsuka01_2 しかも、この反省会に出席した13人の先生方の中で、
戦後生まれは私と女性一人だけだとわかったのです。

この元気パワーは何なのか!

書は「健全なる精神は健全なる肉体に宿る」でしょうか?(笑)

さらに大ビックリは、
いつもお会いすると親しく話してきてくれる、素晴らしい仮名を書かれる実力派のおばあさん先生、95歳ですって!
牛肉、お酒は毎日いただくそうです。
いままで80歳くらいと思ってた、信じられない!

ヨボヨボしてたら、こんな大きな作品を書けますか?「書」は脳も身体も鍛えてくれる、これぞ皆様に伝えたい!

若輩の私としては、これからは「年をとったなぁ」なんて言葉を口に出せません。(笑)
というわけで、何とも健康的な?一日でした!(^^;ゞ

Tenji

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年4月11日 (金)

読んでみたい新刊『日本の「仕事の鬼」と中国の<酒鬼> 』。

来月発売の新刊『日本の「仕事の鬼」と中国の<酒鬼> 』、不思議な題名ですね~?
でも、サブタイトルの「漢字を介してみる日本と中国の文化」で、興味津々。

165leaf 今日からアマゾンでも予約できるらしい。

本日、日本僑報社へ行くと表紙とカバーのゲラがあがってました。
(写真はチラシ、これが先に出来てたのでもらってきました)→

ところで私は、昔から漢字文化には興味を持っていますが、中国語はまるでダメ。
それでも「筆談」なら?とやってみたら、これもダメ。
例えば、中国語で「手紙」は「トイレットペーパー」のこと、「汽車」は「自動車」のことだそうで…。
これじゃ、筆談が迷談になっちゃいますよ~!(笑)

なんて、余談でしたが、

著者は、鄧小平さん訪日時に通訳を務められたというベテラン外交官。

言語学者などの硬い文章でなく、現地で実生活をしてきた人の知識のほうが生々しくて良いと思ったもので…。

日本僑報(きょうほう)社が出す本は、肩に力の入った本ばかりでなく、普通の出版社にないものが多く、新刊が出るたび楽しみです。(^^)v

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年4月10日 (木)

"梁祝(リャンチュウ)文化"の国際化に向け一歩!

6年前、日本に初めて中国の愛情故事『梁山伯と祝英台』を紹介した渡辺明次先生。

 Liangzhumuseum_2以来、数々の行動を共にしてきましたが、日本ではなかなか興味をもたれず熱も冷め?
いえいえ、「決してあきらめず」の精神でいたところ、

Liangzhumuseum01_2 昨年末、中国・寧波に「中国梁祝文化博物館」が完成の知らせ。→
同時に、『祝英台』(ヒロイン)の生誕地に「祝家テーマパーク」がオープン。
(写真は祝英台の故郷)↓

Hzu_home_2 ここから、一気に中国側との前向きな情報交換が始まったのです。

この一ヶ月間のやり取りは、「梁祝ブログ」に渡辺先生が長々と書き綴りました。

私も読んでみるとビックリ!

Dvd_kamakura_2 上虞市郷賢研究会(祝英台研究会)会長さんが、今年中に、何人かの文友と記者を誘って、渡辺先生を訪問したいそうです。

費用は全部、中国側が負担しますから安心してください。とのこと、スゴイ!

さらに、中日梁祝文化研究会を創立してよろしいでしょうか?とか、
今後、イタリアとも連絡して国際梁祝文化研究会を設立しても良いと思います。

Allstaff_kamakura 文化には国境がないので、交流と大きな心が必要だと思います。
渡辺先生と他の日本人の友達が中国に来るのを喜んで迎えます。
ですって、素晴らしいではないですか!
日本のスタッフも充実させなきゃですね、(上の写真は鎌倉舞台公演の時のもの)
渡辺先生の悲願達成に近づけるためにも、まだまだ応援しますよ。(^^)v

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年4月 8日 (火)

2014年"春"の新作、発表!(笑)

Shakujii01_2明日から『練馬区書道連盟展』開催、石神井公園「ふるさと文化館」にて。

本日会場の準備をしてきました。

穏やかな天気に恵まれ、石神井公園の池のほとりをのんびりテクテクと…桜はまだ散ってませんが、最後の楽しみでしょう。

Kaijo02_2 12時をまわってしまいましたが、会場に着くとすでに展示作品が半分以上飾られています。

理事の皆さんの指示の元に、工事の方がどんどんやってくれるので楽々。表具屋さんも手伝ってくれてます。

先ずは、出品された方々の新作に目を奪われ、無言で会場をグルリと。

Kashi_2 Keitenさて、今回の私の作品は2点。
ひとつは「敬天愛人」(西郷隆盛が最も好んだ言葉)天を敬い人を愛す。
←これは今まで何度も書いたひとつ、すべての右払いに変化を。

それと「日長風暖柳青々」。
唐詩選・賈至の七言句『西亭春望』の最初の7字。 →
こちらは、高さ2メートル40センチと大きいけど、筆は普通の大筆で墨をたっぷり全身で。

なんて、解説しちゃいましたが、展示してみるとところどころ自己反省。

Kaijo01_2それでも、展覧会が始まる前のほうが、皆さんの意見も聞けて良い勉強になります。

この会の良いところは、理事・役員は書道界でも一流レベルでありながら、
展示の仕方が、理事も初級者も同等に並べているのが素晴らしい。

しかも若い人の作品が毎回増えている。
毎日は行けませんが明日から楽しみです。
(^^)v

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年4月 6日 (日)

読売新聞の『論点』に載るなんて、スゴイ!

昨日の授賞式の時にいただいた読売新聞。
この『論点』に大きく掲載されていた、段躍中(日本僑報社編集長)さんの記事。

驚きです、この『論点』に中国人が載るなんて初めてでは?

まあ、初めてかどうかはともかく、日中関係が政治がらみで最悪の中、単なる論評ではなく、段さんのような地道な活動に大手メディアも注目し始めています。
この全文を一人でも多くの方に読んでいただきたく掲載しました。(^^;ゞ

20140404yomiuri

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年4月 5日 (土)

翻訳家の新人賞・授賞式へ

13:30より豊島区立勤労福祉会館で「第一回・翻訳新人賞」授賞式が。

Totenkai 現在日本では、中国の書籍を日本語に訳す翻訳家が全く足りていないようで、
日本僑報社が経営する「日中翻訳学院」で学んだ翻訳者を対象とした「翻訳新人賞」を創設。
初の受賞者は女性三人。

スゴイ人数が集まりましたねぇ、日増しに高まる民間レベルの日中友好熱は、政治と反比例しているのでしょうか?

授賞式の前に「日本人女性翻訳家が見た中国と日中文化交流」
長く中国に在住し、日中交流を続けているプロの翻訳家女性のゲスト講演です。

Data_2 先ずは北京16年の泉さん、
いきなり、「文芸翻訳とは、時間の割りに経済効率の悪い、儲からない、好きな人にしか出来ない仕事。」
ですって!さすがキャリアを積んだ方の話は厳しい。
と同時に日本語の翻訳家が全く足りない諸外国との最新データも発表し、大変ためになりました。→

Kobayashi01次の、小林さゆり(元人民中国雑誌社専門家、北京13年)さんは人気ツイッター(写真)。翻訳本と同時にライターとして出版物も出してるからスゴイ。
実は何かのご縁で?週に一度ですが、日本僑報社で私と一緒にお手伝いをしているのです。

↑スライドで説明された『それでも私たちが中国に住む理由』などは読んでみたい。
日本人女性としての北京13年の体験談が生々しく伝わりました。

Ishigaki_2 そして、司会の段躍中編集長による授賞式、新人賞の皆さんの挨拶もそれぞれ感動を呼ぶスピーチでした。
女性ばかりの発表会、特に現実的な実体験の話は元気をもらえて活気づきますねぇ。

最後に、唯一の男性が…(笑)
渡辺明次先生の訳書『紅の軍(くれないのぐん)』発表です。

Watanabe01_2 ボードに貼ってある3冊の本が先月北京で発表した新刊なのですが、
今日の催しは"新人賞"なので、渡辺先生には最後に"感謝状"が渡されました。

Duanwatanabetsuka お邪魔ムシ?の私も段さんを交えて3ショット。

ところで今日の式典出席は、渡辺先生から誘われたのですが、
「終わったらビールを飲みに」が合言葉、最近は池袋駅西口前の「養老乃瀧」2階窓側席が定番。

Beer_2 外はだいぶ日がのびましたね~、明るいうちにいただくビールは最高、しかもサービスタイム。
というわけで、乾杯!
今日はおめでとうございました。(^^)v

※滔天(とうてん)会とは、日本で孫文らを支援し辛亥革命を支えた革命家:宮崎滔天の名

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2014年4月 4日 (金)

わが町三ノ輪は、レトロとグルメな町だそうで。

Tvtokyo001今日は一日仕事で外出、午後7時に帰宅したらビックリ!

テレビ東京「大食いなでしこグルメ旅」只今放映中!
「ジョイフル三ノ輪橋駅前商店街を食べつくす」の大特集。
わが町三ノ輪で、あのコロッケさんが、大コロッケ食べてます(笑)→

都電で有名なわが町は、何と言っても昭和グルメの町…ご存知かな?

Tvtokyo005 それにしても、夜の7時から1時間以上も良くやってくれてますね。

さらに。グルメだけでなくレトロな店も。
昔ながらの駄菓子屋で売ってるのオモチャとか、占い喫茶店?や懐かしいオムライスなど、隈なく回って取材してくれてます~。

Tvtokyo007 出演タレントはコロッケと藤田朋子さん、そして大食いグルメ?嬢たち。

それにしても、良く食うわ~大食い「なでしこ」たち。

地元のグルメとレトロは一味違う温かみがあるのです。
知名度が低いからこそ、老舗の店は90年以上も長く続いてるのでしょう。

予期せぬこんな番組を見て、小さいころを思い出し、地元(実家)に戻って来て良かったな~。何て、懐かしさに思いを馳せる私でした~。(^^)v

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年4月 1日 (火)

今日から発売、『紅の軍-長征史詩』の記事が続々と。

「日本僑報社は3月22日、北京にて三つの新書発表会を開催、それぞれの著者3人が出席」のニュース。

さっそく中国と日本のメディアが取り上げ始めましたが、
渡辺明次先生と続三義先生が翻訳された『紅の軍-長征史詩』の新聞記事を入手しました。
Nippo20140325_2

これらは、中国語だけど(私でも)なんとなくわかりますよ。(笑)
あ、この新聞には食事会のときの写真が載ってます↓
Weekly20140327

文中では、渡辺先生の紹介も。
渡辺明次:梁祝文化研究所所長、前中国湘潭大学日本語教師、
著・訳書は、『梁山伯祝英台伝説の真実性を追う』、『小説 梁山伯と祝英台』、『梁祝口承伝説集』、『孟姜女口承伝説集』(日本僑報社刊)
(先生の本の内容がわかるよう、それぞれにリンクしました)

すごい詳しく紹介されましたねぇ、良かった良かった。(^^)v

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年3月 | トップページ | 2014年5月 »