« 新刊『日本の「仕事の鬼」と中国の<酒鬼>』を読んでると! | トップページ | 八重洲ブックセンターにて「新刊発表会」のニュース »

2014年5月 1日 (木)

5月に入り、「第十回・中国人による日本語作文コンクール」募集開始の記事。

今回の作文コンクールは第十回目、応募受付は5月12日(月)から開始です。

20140501bunka 今日発行の「日中文化交流」の記事に、『第十回・中国人の日本語作文コンクール』の趣旨や内容が紹介

作文テーマは、①ACG(アニメ、漫画、ゲーム)と私
②公共マナーと中国人
興味深いテーマで楽しみ。

★最優秀賞(日本大使賞)受賞者は日本に一週間招待
★受賞作品は書籍として出版
★三等賞以上受賞者に最大480万円の奨学金応募資格

賞品はともかく、素晴らしいのは、第十回を重ねる努力が身を結び?後援には、何と外務省、 文化庁、 在中国日本国大使館が名を連ねるようになったのです。

Bannerboshuちろん日中の関連団体の後援は多数ですが、
日本政府が正式に後援してくれるのは、今の日中関係の悪化を見るかぎり、とてつもないこと。

さらに驚くのは、この1~2年で、中国に関して手厳しかった大手メディア(朝、毎、読をはじめとしNHKまでも)がこのコンクール内容には積極的な報道をしています。

報道記事はこのサイトにたくさん紹介されています。

私は例年、この作文コンクールの審査員として協力させていただいていますが
毎年、作文内容がレベルアップして審査も真剣になってやってます(笑、汗)

このようなコンクールは他にもありますが、急上昇しているのはこの企画。
本当に応援し甲斐があって、今回も楽しみです。(^^)v

|

« 新刊『日本の「仕事の鬼」と中国の<酒鬼>』を読んでると! | トップページ | 八重洲ブックセンターにて「新刊発表会」のニュース »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/164930/59577067

この記事へのトラックバック一覧です: 5月に入り、「第十回・中国人による日本語作文コンクール」募集開始の記事。:

« 新刊『日本の「仕事の鬼」と中国の<酒鬼>』を読んでると! | トップページ | 八重洲ブックセンターにて「新刊発表会」のニュース »