« 2014年5月 | トップページ | 2014年7月 »

2014年6月24日 (火)

関口知宏さん「出版記念サイン会」へ

先月末に予告した、『中国の"穴場"めぐり』の刊行記念イベント、
関口知宏氏のサイン会(丸善・丸の内本店)へ行ってきました。

Tsuka2shot実は私、日本橋丸善は良く利用しますが、丸の内本店へは、お恥ずかしながら初めて。
大きくてキレイで素晴らしい、日本橋とは比較にならない。

そして、さすが有名人。
予約制で、サインを待つ大勢の女性が購入した本を抱えてずらり並んでます。

最後のほうになったけど、私もサインいただきました。→

それにしても、最近はサインもらうだけじゃなく、殆どの人が自分のデジカメやスマホで2ショットを頼むので、私の番が回ってくるのは何時になるのか?

なんて、心配したりして…。(笑)

とにかく大盛況で、若い人ばかりの中、活気あふれたサイン会でした。

Sign
段編集長、張社長、お疲れ様でした~。(^^)v

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年6月23日 (月)

菜の花や月は東に日は西に 蕪村

今日は夏至も過ぎ、この句は季節はずれかも。(笑)

Buson01与謝蕪村(享保元年(1716)生れ)の有名な句。

面白いのは、安永3年3月23日に詠まれた句となっているのに対し、
月と日が同時に見えるのは、1774年5月3日では?と逆算された人もスゴイ。

一般の解説書では「のどかな田園の春の夕暮れの情景」、としてるけど、元は中国の詩人、陶淵明の詩から発想したものだと。
調べると、陶淵明(とうえんめい)(東晋末365年-427年)の「雜詩其二」に、

  白日淪西阿(白日 西阿に淪み)
  素月出東嶺(素月 東嶺に出づ)
  …
このあとずっと続くのですが、単なる情景でなく、自分の人生を返り見る詩で、大変興味をそそります。(日本語解説があるのでわかりやすい)

話が脱線しましたが、
菜の花の俳句にケチつける気は毛頭なく、蕪村に限らずこのようなことはよくあるでしょう。
ただ、背景など調べたおかげで良い勉強になりました。(^^;ゞ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年6月19日 (木)

アパホテルにて

午後から2箇所でweb関連の打ち合わせ。
仕事の内容はともかく、浜松町の会議室を出ようとしていると、別の会社から電話で、急遽今から来れるかと!飲み会が目的ならばと、その足で東銀座(宝町)へ。

Apa_2やはり会議よりプロジェクトスタートの飲み会でした。

とは言え、到着するや否や、仕事の論議が始まっちゃいましたが、そこそこで終了。

近くのアパホテルのバーへ。
2日前の晩酌と比べ、今宵はちょっぴりグルメでした…。

実はこの会社、障害者用のファッション商品を企画販売。
素晴らしい構想を持った女性社長の意気込みはスゴイ。

酒も強い!(笑)

先日テレビの取材を終えたところだそうで。7月4日21時Eテレ『バリバラ』が楽しみです。(^^)v

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年6月17日 (火)

超シンプルな晩酌セット。

今日の晩酌は質実剛健、にぼしと芋焼酎。

たまには昔の経団連会長・「メザシの土光さん」を仰ぎ見て?超シンプルに。

Niboshi01・長崎県産「食べるにぼし」
良質の煮干を厳選しました。そのままお召しあがりいただけます。

・芋焼酎 赤薩摩(期間限定)
ポリフェノールが豊富に含まれる希少な頴娃紫を使った薩摩焼酎です。

どちらも安価で、グルメとは程遠い。

しかし、今の日本は食の氾濫?
実は私も、ご時勢に勝てず、これだけじゃ、ツマミ足りませんでした。(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年6月15日 (日)

誕生日祝いのプレゼントにこんなお気遣い。

Gift今日、宅配便でギフト品が。

名前を見ると、いつもお酒か焼酎をくれる人から。

でも今回は違う、大きな箱!「冷蔵タイプ-お早くどうぞ生鮮食品」て書いてある。

果物のプレゼントでした。

私がいつも病院ばかり行ってるので、酒を贈るのは敬遠されたのか?
心配されてる気配?でも私は病人じゃありません。(笑)

とはいえ、大変嬉しい、ありがとうございます。

自分でも身体の心配しなきゃ!なんて思うプレゼントでした。(^^)v

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年6月13日 (金)

観ました、「みをつくし料理帖」。

Kitagawa20140613_2先日の日曜日のTVドラマ「みをつくし料理帖」。
なかなか楽しく、面白く拝見しましたが、

今日、主役の北川景子さんがドラマについてブログを書かれたそうで。

そうです、私は前回の再放送番組を見て知ってから、
「にわかファン」になっちゃいました。(笑)

「そして今日はお知らせがひとつあります。 新しいカネボウ「コフレドール」のCMが流れ始めました。」という、お知らせも。

早速Youtubeを捜してみたけど前のしか見つからなかった、

いや~ステキ、キレイですね!

他にソニーのCMも素晴らしいけど、やっぱり化粧品会社のは美しい。です。(^^;ゞ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年6月11日 (水)

日中関係悪化、どこ吹く風か!?

政治がらみの日中関係はお先真っ暗で、なんとも言い難い。
しかし、民間レベルでは元気なニュースが聞こえてきます。
Vol789_2 驚きの最新ニュースは、段躍中(日本僑報編集長)ブログから。
一つは、中国人学生が日本語で書く作文コンクールへの応募作品数が年々激増!
一昨年2,648点、昨年は3千点に迫る2,938点
今年は、何と4,132点
(事務局集計6/9現在)
この伸びはいったい何なのか?!(写真は過去3回の作品集
さらに、このほど高原明生東大教授が顧問になってくれたそうで、
私も毎年審査をさせていただいている一人として嬉しいかぎりです。
165_1_2 もう一つは、先日刊行発表講演会が催された、新刊『日本の「仕事の鬼」と中国の<酒鬼>』が、「日本図書館協会選定図書」に選ばれたのです。
そして、東京・八重洲ブックセンター本店の「総合ベストセラー」ノンフィクションの部で、第6位にランキングされたという。
これも今までにない、すごい事。

この本の表紙をデザインした私として、この朗報も嬉しいかぎりです。

Tomita_2

メディアはこういう良いニュースはあまり取り上げない。日中関係悪化だからこそと思うけど、視聴率重視でしょうか?
悪い面ばっかりの報道で影響を受けている日本人が多いのは残念。
この意識を変えるのも簡単ではなさそうですが…、まあ私としては、人と人、文化と文化を真正面から理解し合ってほしいと願っています。(^^;ゞ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014年6月 9日 (月)

新緑ウォーキングと『アジサイ』の詩。

天気予報は曇りと言ってたけど、朝から太陽がまぶしい。

快適気分で仕事前の早朝ウォーキングです。

Ajisai天気は午後に崩れるとか?まあ、梅雨だから仕方ない。
それだけに新緑が美しく、ああ紫陽花の季節。

「紫陽花や 白よりいでし 浅みどり」水巴

渡辺水巴(すいは)明治15~昭和21
白い毬が浅緑色に変わる瞬間を詠った、色彩の変化を写生的にとらえた句。との解説。

この紫陽花の写真は俳句の趣きとちょっと違うけど、まあ良いでしょう。

さわやか朝の、一筆でした。(^^;ゞ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年6月 8日 (日)

町内会の神輿がやって来た。

昨日は大雨で、祭りと言ってもなんか冴えなかったけど、今日は朝から威勢の良い掛け声が響く!
もう家にじっとしていられない、性分です。(笑)

現在は三ノ輪2丁目と町名変更したけど、もとは東三ノ輪町。
ちゃんと東三ノ輪町会の半被(はっぴ)を着てました。

町会の人はみんな年とってしまって、若い担ぎ手が集まってくれたのでしょう。

動画を撮りました。

動画を見ての通り、神輿が小さい分、担ぐ棒がたった2本。
だから担げる人数が少ないので、ものすごくきつい。

昔は、これで隣町の神輿とぶつけ合い、いわゆる「喧嘩神輿」をしたものです。
今はあの時ほど威勢よくないけど、若かりし頃を思い出しました~(^^)v

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年6月 4日 (水)

『無縁坂』を上ると。

ちょうど一年前の今日も、この道を通って東大病院へ。

上野不忍池から旧岩崎庭園の横を通り、坂を上ると東京大学『鉄門』に突き当たる。
この坂道が、さだまさしの詩「忍ぶ不忍 無縁坂…♪」にもなった『無縁坂』。

Muenzaka_3
Ajisai_3坂の横にあった無縁寺(現・講安寺)が名前の由来らしい。
最近は本郷からではなく、湯島からのほうが自宅からは早いので、いつもこの道を歩きます。

今日は年に一度の胃カメラの結果の日。
去年はピロリ菌が全滅していないことがわかって面倒な後処理でした。

Sinobazu今回はおかげさまで、手術した胃がんもキレイになって異常なし。
あとは生活習慣病に気をつけてと。

こんな帰り道は気分が良い、今日はのんびり散歩したくなって不忍池をグルリと。

紫陽花の季節ですね~、池のほとりも美しくさわやか!
「遠~回りして帰ろ♪」でした。(^^)v

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年6月 3日 (火)

「新刊記念講演&サイン会」、八重洲ブックセンターへ。

今日は『日本の「仕事の鬼」と中国の<酒鬼>』の著者、富田昌宏氏の講演会。

午後の仕事を済ませ、渡辺明次先生と神田の三省堂前で待ち合わせです。
先ずはスタバで一服、そして古本屋を渡り歩き、良い本が見つかって喜んだり…

Books18:00、八重洲ブックセンター(8Fの会場)に到着。
段躍中編集長はじめ、ボランティアの方々がとっても明るくて、
←新刊本が山ほど並んでキレイ。

何と、60席が満員です。

18:30、小林さゆりさんの司会で始まりました。
彼女は過去12年余り北京で活躍の日本人ライターで翻訳者。
現在、私とも仕事をしてますが、とっても気さくで優秀な方。(下の写真左)

さて、富田先生の講演、前段は外交官時代に鄧小平や李鵬元首相などの通訳をされた時の話とスライドを披露(写真右端)。

Bookcenter
先日、この本を読んだ私の感想をブログしましたが、
本に書かれていない逸話なども聞けるのが講演会の楽しいところ。

質疑応答に入り、「今の日中関係の悪化をどう考えるか?」の質問には、
政治問題は何ともし難い中、文化的交流や経済面は決して悲観するものでない。

私としても、この本のサブタイトル「漢字を介して見る日本と中国の文化」の通り、
文化的つながりは、切っても切れない関係にある。
いろんな情報に惑わされず、今していることに自信を持って続けよう。

などと、ちょっぴり希望が出てきました。(^^;ゞ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年6月 1日 (日)

久々に、熱烈?ファンに!

Tvad06086月に入りました。今月は私の誕生月(ふたご座)です。

昨日、ボーっと昼ドラを見ていたら、あら素敵な人。

『みをつくし料理帖』とかいうドラマ。

私は芸能界に疎く、
お恥ずかしながら?北川景子さん、初めて知りました。

Kitagawa001_2さっそくファン登録
(ただしファンクラブに入ったり追っかけほどのオタクではない)

夢中になれる人がいるといいですね、新鮮元気が出てきたような。

Kitagawakeiko_2私の奥さんからは「顔ばっかり見てるんじゃないの?」と言われたけど、ちゃんとドラマも見てますよ、関西の昆布ダシと、江戸の鰹ダシなんてためになったし…

良く考えたら、CMとかも出てるんですね。

そういえば、伊東美咲さんファン時代(7年前)にブログしましたが、まさに彼女の再来か!?

と、勝手に思ってます(笑)

とにかく、今度の日曜(6/8)夜の『みをつくし料理帖』が楽しみです。(^^;ゞ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年5月 | トップページ | 2014年7月 »