« 特別ゲストは、「花子」の親友の娘さん!? | トップページ | 中国・四大愛情故事の二つを揮毫 »

2014年7月18日 (金)

「趙之謙の書画と北魏の書」展

今日届いた台東区の広報紙『たいとう』7月20日号。
台東区根岸の「書道博物館」で「趙之謙の書画と北魏の書」特別展の記事。

20140720趙之謙(趙撝叔)と言えば、"碑学派"の書家なら知らない筈はない。(笑)

没後130年に当たるそうで、上野の東京国立博物館との連携企画です。

そういえば、以前同じ連携企画で『碑学派の書』を双方で同時開催してましたが、
さらに今後も突っ込んでやっていくのでしょうか?

これは是非鑑賞したい、ギャラリートークという展示作品の解説会?にも行くつもり。

Photo右の写真は、以前に中国で購入した本『趙之謙』、本文は中国語ですが参考になってます。

また現在、『台北展』をやってる東京国立博物館の方でも最終日の前日9/14(日)に講演会をやるそうだ。

「書道博物館」は案外知られていないけど、中国の書に関しては第一級です。(^^)v

|

« 特別ゲストは、「花子」の親友の娘さん!? | トップページ | 中国・四大愛情故事の二つを揮毫 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/164930/60013832

この記事へのトラックバック一覧です: 「趙之謙の書画と北魏の書」展:

« 特別ゲストは、「花子」の親友の娘さん!? | トップページ | 中国・四大愛情故事の二つを揮毫 »