« 今日は、日曜『漢語角』7周年記念交流会 | トップページ | 『漢語角』7周年記念講演の後は、関口知宏さんサイン会 »

2014年8月 3日 (日)

13:30より『漢語角』7周年記念交流会

12時からの昼食会ではメディアの方々や関口知宏さんとの話も和み、時間が経つのが早い。1時半、皆で急いで会場(豊島区勤労福祉会館)へ向かいました。

01_4会場はすでにたくさんの参加者、前面のスクリーンには今まで報道されたビデオが流れています。→

さて、段躍中さんが今日のゲストの方々を紹介。

先ずは、特別ゲスト…


Photo_4NHKで放映中の連続テレビ小説「花子とアン」に登場する親友(仲間由紀恵さん)の娘、本名:宮崎蕗苳氏さんです。
←89歳というご高齢ですが、この会には熱きご理解くださり感謝状を。

ご本人も挨拶で、「朝ドラですっかり話題になってしまって…」と。

後ろのスライドの詩句は 「万民にたよられているはこの人か 毛沢東の手はあたたかき」。 毛沢東との深い交流記録や生の現代史をしっかりお話くださいました。母(白蓮)様が歌人であった故、文化的要素がふんだんに。

Photo_5そして、関口知宏さん。
新著『「ことづくりの国」日本へ』についての内容説明です。
彼らしい優しい語り方ながら長時間の熱弁。→

そこにもう一人、この本のオビの言葉を書かれたNHK解説委員の加藤青延さん。↓

Nhk_2話のテーマは「関口氏と共に過ごした中国鉄道の旅」でしたが、
関口知宏という人間の意外性とその魅力を語りはじめ、結局は、関口さんの本を手にとって読みたいと思わせる説得力。

さらに、段さんのお気遣いで感謝状を授与された加納安實さんは、何と!今年92歳の翻訳者↓

中国でTVにもなったベストセラー『新結婚時代』を日本語に訳された方。
Photo_6それも、360ページ上下2段組みの長文を訳されたバイタリティはどこからか?

実は、この題字を揮毫し、表紙+カバーのデザインも担当した私からもここで紹介したいところです。(笑)

その他にもアッと驚くような方々がたくさん、一言挨拶も時間が足りない。
段躍中、張景子夫妻に協力してくださる方々が年々増えていくのに感服しています。

私も、ほんのカケラと思っていますが、そのうちの一人です。(笑)

つくづく思います、勝手な思惑や儲け話を求めての活動なら誰がついてくるでしょう。
あくまで謙虚で腰低く、他人への気遣いもできる。
出来ることがあれば協力したい気になるのはこの辺でしょうか。

まだまだ続きます、関口さんのサイン会と夕食会へ~(^^)v

|

« 今日は、日曜『漢語角』7周年記念交流会 | トップページ | 『漢語角』7周年記念講演の後は、関口知宏さんサイン会 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/164930/60103270

この記事へのトラックバック一覧です: 13:30より『漢語角』7周年記念交流会:

« 今日は、日曜『漢語角』7周年記念交流会 | トップページ | 『漢語角』7周年記念講演の後は、関口知宏さんサイン会 »