« 2014年7月 | トップページ | 2014年9月 »

2014年8月30日 (土)

涼しい日は、ホットな中国茶でも。

猛暑日があんなに続いたのに、グッと涼しい毎日となってます。
9月下旬から10月の気温だと!

Photoそんな時思い出したのは、先日いただいた中国茶。

鉄観音茶は何度も飲んだことがあるけど、白茶は良く知らないので表示されている単語を並べて調べてみました

珍稀白茶/浙江省/安吉特産/宋帝御賜第一茶

白茶は中国でも、特別なお客さまが来たときに出す高級茶。色は薄い。
ただし、宋代の徽宗帝によると、当時の「白茶」は現在の白茶ではなく、今売られている「銀針白毫(白い毛がある)」や「白牡丹」などは清の時代になって福建省で作られた…そうで。

開けてみると分かってきた。これは現代の分類では緑茶と呼ぶほうが良さそう。

飲み方も調べてやってみました。

02茶器など持っていない私にはガラスコップでも良いそうで。
簡単に言うと、茶器(コップ)をお湯で温めた後、茶葉を入れ80℃のお湯を茶葉がつかる位入れて3分。
その後、お湯を茶器の8分目まで入れて、ふたをして5~10分。
←(写真のように茶葉がだんだん落ちてくる)
あとは茶漉しで飲めばよい。1/3に減ったらまたお湯を足して再度蒸らせば良いそうです。

私、何年か前に中国茶の講習を受けましたが、全然身についてませんが…(笑)

4,000種もあるお茶の違いは、原産地の自然環境と人文選択で決まると言う。
日本のお茶は味わうだけだけど、中国の茶は香りもいろいろでそれも楽しむらしい。
『お茶の香りは産地を想い出す』それがお茶の楽しみ。ですって

あと二つの説明は、

Photo_2←鉄観音(てっかんのん)は、
中国茶のうち青茶(半発酵茶)の一種で、広い意味の烏龍茶の一種。茶器に沸騰したお湯を入れる。(茶器を温めるとと茶葉が開きやすくなる)

Photo_3沱茶(だちゃ/とうちゃ)は→
保存と持ち運びがし易いように固形化されたお茶。 中国では古来、
お茶は薬として用いられていたので、持ち運びやすく保存もしやすい。
プーアル茶だけでなく緑茶にも見られ、形状も様々なものがある。
一流の原料は沱茶にされ、二流の原料は餅茶に、三流の原料は磚茶になる。

というわけで、とても分かり易くカンタンにまとめたでしょう?(^^;ゞ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年8月29日 (金)

「観光経済新聞」掲載紙が届いた。

午後、郵便受けに、明日発売の週刊「観光経済新聞」が入っていました。

Photo観光業界の専門紙で、一般の人はあまり見ることがないと思うけど、
地域の活性化を担う「産業観光」という視点で、大手旅行会社から地方の温泉ホテル・旅館まで活気を感じます。
もちろん政府の観光立国実現に対応した動きなども盛り上がってます。

今月頭に、関口知宏さんとメディアの方々との昼食会に招待された時、
同席された記者の方が書かれた記事の掲載紙を、私にも贈ってくださったのです。(上の写真)ありがとうございます。

その記事を切り抜こうとしたら、隣の別の記事も入ってしまうので、
少しレイアウトを変えて見やすくしました。↓

_本の内容と関口知宏さんの紹介が分かりやすく書いてあります。
ついでに、本の表紙は私がデザインしたので白黒では淋しいからと、勝手にカラーに直しちゃいました。(笑)

ところで、日本僑報社の刊行記念イベントのサイトをみたらビックリ!

173_2
■2014年9月 2日(火) 関口知宏 「ことづくりの国」日本へ・講演会&サイン会 八重洲ブックセンター 受付中

■2014年9月30日(火) 関口知宏 「ことづくりの国」日本へ・講演会&サイン会 東京堂書店ホール 受付中

■2014年10月2日(木) 関口知宏 「ことづくりの国」日本へ・サイン会 丸善・丸の内本店 受付中

8月3日の「講演会&サイン会」のあとも、このように続々とやるんですねぇ。
すべて大手書店が協力してくれてるとはスゴイ、私としてもまた行かなきゃ、です。(^^)v

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年8月26日 (火)

「共走」とは良い言葉、でも私にはレベルが高すぎる(T_T;)

Corunners_top
New「共走」という言葉は、他の団体でもたくさん使われていますが、
上の写真は、私の友人が起業し仲間たちが運営している企業サイトのトップページ

写真がとても好き、コンセプトワードもなかなかですね。

それはその筈、ITリテラシーに長けた、走ることが趣味の仲間たちなのです。

ほめちゃいます。

でも私に出来るのは応援だけ、
←だから一筆、新規に書きました。(笑)

つまり、「競走」じゃなくて「共走」と言うけど、走るレベルが並じゃないのです!

20150411poster_2「奥出雲ウルトラおろち100Kmマラニック」だと!
今日、大会要項が固まったようで、来年4月11日開催

右の写真はそのポスター→

事業的には、簡単にタイム計測ができる『K-SOKシステム』を開発、その運用サービスが主。
リアルタイムでサーバにアップ。(スマホ、携帯で大会実況閲覧可能)を、今までできなかった安価で貸し出すという優れものだそうで。

Photoもう一つは、この会社の企画ではないけど宣伝してました

「東京タワーでの階段のぼり競走!」来月(9月21日)開催。
タイム制限はありません。挑戦してみたい!という方はどなたでもご参加いただけます。追い越し時の混乱を避けるため、走力順のウェーブスタートとなります。

これは面白そう、でもやっぱり私には無理かな~。

私とは逆に、この会社のスタッフはみんな走ることが趣味なのです。
でも、黒字収支は大事なことだから、"楽しんで"共に充実させてください。(^^)v

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年8月25日 (月)

日本女子バレー、世界一までもう一歩!

昨夜もテレビにかぶりつき。
結果、ブラジルには及ばなかったけど銀メダルをGet、33年ぶりだそうで。

ずっと低迷していた日本女子、ここまできました。
監督と選手のチームワークが素晴らしく、今後さらに強くなるでしょう。

Photoそれにしても、2年後のリオ五輪、6年後の東京までには、
メンバーが変わっていくでしょうが、後輩が続々と育っているのが期待できるところ。

←まだ19歳の宮下遥さんは前途洋々。すっかりファンになってます。(笑)

Photo_2眞鍋監督は、試合中も選手たちのデータを見ながらタブレット端末を片手に。
未経験だった女子の指導にはそうとう悩み、苦労して"女子力の生かし方"を得たそうで。
この発想はたいしたもんです。

ところで、コートの外の″プリンセス・メグ″栗原さん。引退してはいないけど事務所との問題?とかで今後も難しそうです。

残念だけど、すっかり洗練?されてモデルのよう。栗原さんもステキでした。(^^;ゞ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年8月24日 (日)

「くまモンラーメン」と冷「甘酒」?

食べ合わせの話ではありません。(笑)

Photo昼下がり、テーブルに「くまモン」のカップラーメンがなぜか置いてある。
そして、冷蔵庫を開けると甘酒が。

両方のパッケージが可愛くて、つい3時のおやつにしちゃいました。

実は私の健康法は、以下の4か条。
これらを守りつつ、たまに破るのがまた楽しい。

余計なものを食べない(おやつなど)
腹7分目の食事(腹八分目じゃなくて)
クリエイティブ(創造)する脳を動かし続けること
1時間のウォーキング(無理なき筋トレも続ける)

今日は、めったに食べないラーメンと、冷えた甘酒で、掟破りしてみました。

Photo_2←あ、「くまモンラーメン」を開けると、中に「豆くまモン」が何匹かいる!?
これは「くまモン『なると』」だそうで…。

まあ、味わうって程ではなかったけど、黒マー油と豚骨で良く出来てます。

甘酒の方は甘くて冷たくて、この暑さにGood!
ついつい眠ってしまいました。

とはいえ、この夏は1ヶ月で2キロ痩せて60キロを切ったのです。
それでちょっと安心してしまったのかな?油断大敵でした~(^^;ゞ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年8月22日 (金)

お見事、日本の女子バレー!

夜はテレビにかぶりつき。あの中国に3対0で圧勝しました~!

先日はロシアにも完勝、身長差もなんのその、で、日本の女子バレーは着実に強くなってます。眞鍋監督の『ハイブリッド6』とはいかなる戦術・戦法か?

Img_5195←この写真は前回(去年の8月31日)の対中国戦(日本が惜敗)での宮下遥さん。

あの時からかファンになってます。(笑)
なぜか19番、19歳という若さも前途洋々!

しかし、その時の眞鍋ジャパンは、残念、中国に負けた!というか、まだまだ力が及ばない?
でも良い勝負、良く頑張った、という興奮の2時間半を思い出しました。↓

Img_5192_2女子のチームワークと監督に感動。

ところで、サッカーなでしこジャパンも同様、佐々木監督も選手も厳しさを見せず、決して偉ぶらない。
選手たちも一人だけ目立とうとせず、チームとして喜ぶ姿が気持ちよい。

レシーブにしてもシュートにしてもみんなの力。

それに比べ男子の場合は、「俺はやったぜ」と言う意識?を感じてしまうのは私だけか…(失礼)

とはいえ油断大敵、日本女子バレーを応援し続けましょう。(^^)v

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年8月20日 (水)

渋谷のスクランブル交差点が外国人になぜ受ける?

この2枚の写真は、先週の土曜日に渋谷マークシティへ行く途中で撮ったもの。

なぜかたくさんの外国人が撮ってるのでわたしもつられて撮ったわけですが、
大きなタブレットで撮ってる人もいた。動画でしょうかね。

それも、欧米人が多かったような気がします。

実は、今日テレビで初めて知りました。ここは世界一だと!…なにそれ!?

01
02
どうやら、なぜぶつからないのかとか、赤信号をきちんと守ってるとか、などが驚きらしい。

そんなことが、ですか?日本人の方がよっぽど"驚き"ました、でしょう。(笑)

ウェブサイトを検索してみたら、もっとたくさんの理由が。
日本ありえないよ!渋谷スクランブル交差点の映像に外国人たち絶叫(動画)

やはり、
日本人は「戦争(争い)」より『和』の心。これぞ世界に訴えるべきでしょう。(^^;ゞ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年8月16日 (土)

銀座ライオン「渋谷マークシティ店」にて。

渋谷には最近行く用事がないので久々です。

Photo銀座線渋谷で降りてそのまま通路を進むとみんな写真を撮っていた。
何かと思えば、あの交差点。
なんと言うことはない、見晴らしが良いからでしょうか?

私もつられてパチリ!(笑) そしてそのまま直進、

Photo_4予約してくれた店がマークシティ店というのですぐわかりました。
私が、今日は休日なので早い時間(16:00)から飲みたい?と言ったので
昼でもやってるビヤホールを頼んでくれたようです。

それにしても混んでますね~、若者だらけでスゴイ。

銀座ライオン「渋谷マークシティ店」に到着です。

今日のメンバーは女性含めわずか3名だけど、つい先日まで仕事のお客様たち。
近況に色々変化があったそうで、急遽集まることに。

Photo_3話の中味はともかく、早速生ビールを注文。
すると、大ジョッキーを頼んだ私には"三角くじ"があると言われた。

なぜか、とっさに当たる気がしたのですが、その通り一等賞!
賞品は肉料理一品、でも今日はあいにく切らして『ムール貝のワイン蒸し』だと。

私は肉食でないからむしろこっちの方が良い。文句を言わずOK。↑
出てきたのは思った以上に立派、ボリュームも3人で充分だし、一等賞に満足。

Photo_5となると…、お酒のおかわりはビールよりワインでしょう?
と言うことで、ビールの後はずっと赤、白ワイン漬けとなりました。

話題の大半は、仕事に絡んだ話だったけど、
美味しい料理とお酒が、場を和らげてくれました。

今日の話題は色々な意味で参考になったし、むしろ気持ち良く飲んで食べて、ありがとうございました。(^^)v

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年8月15日 (金)

終戦記念日に、反戦の本。

日本僑報社では、毎年8月15日に反戦の本を出しています。

Shishime_2これは一昨年に出版された『私記 日中戦争史』ですが、私が題字を揮毫したので、改めて紹介します。

出版後には著者の志々目先生にお会いしましたが、三度目の日中戦争を繰り返すな」という「反戦」本です。

国家を信じ軍人に憧れていた純朴な軍国少年が抱いた日本軍への不信感。
日中不戦の訴えと、ジャーナリストの本多勝一氏も推薦。

175_1_2そして、今日発売の『ところてんの歌』という絵本?

この本については私はかかわっていませんが、良い本だと評判です。

日本女作家、鹤文乃著、中国語にも訳された日中対訳版だそうです。

先ずは見本を見せてもらおうと思います。(^^)v

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年8月13日 (水)

お盆休みは、書画の鑑賞?!

02台東区・書道博物館にて「趙之謙の書画」、真筆をじっくり鑑賞。

先月、予告のブログを書いたくせに、なかなか行けず、盆休みの今日になりました。

ここへは自宅からウォーキングで30分、猛暑中は止めてますが、結局歩くしか方法がない。(笑)

この特別展は上野・東京国立博物館と連携企画で、両方行くと割引に。
このように、我が台東区は最近、芸術の区として頑張ってます。
芸大もあるし浅草も含めると確かに歴史文化・芸術は一級品揃いでしょう、

さらに、先週届いた台東区の広報紙は一面全部を使って、こんな記事が。
『漢字のルーツをたどる博物館、書道博物館に行こう!』

Photo
もちろんこの下に、今回の「書道博物館・特別展」の案内が。
このような区民レベルで文化・芸術意識を高めるのは大賛成です。

一昨年、芸大で日本画を学べたのも台東区の援助によるもの。

というわけで、実家に出戻るも"住めば都"でした。(^^;ゞ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年8月11日 (月)

「池袋テレビ」に動画、「日中新聞」に詳しい記事が!

「池袋テレビ」って言うのがあるんですね。

段さんのブログを見て知りましたが、先日の『漢語角』7周年記念交流会での、
関口知宏さん講演会&サイン会が動画で↓ 「池袋テレビ」はこちら>>

この日は、大手新聞社はじめ多くのメディアが来ていたので、今後も出るでしょう。

20140815nichushinbun今日、日中新聞・人民日報(8/15版)を見せてもらいました。

なんと、第一面に大きく取り上げられています。

しかも、文を読むと「『漢語角』7周年記念交流会」の様子を取り上げながらも、
記事の後半は関口さんの新著『「ことづくりの国」日本へ』の紹介と、内容の評価が。

有名タレント・俳優が本を出したから取り上げたというのでなく、
中身が大変濃く、おすすめの書評として書かれています。

本のオビの言葉を書かれた、NHK解説委員の加藤青延さんの応援メッセージも素晴らしい。

←小さい文字も読めるように大きい画像を貼りました。(日本僑報社サイトから転載)

ところで、加藤さんはNHK番組に解説委員として出演してるので、今度出るのが楽しみです。

でも、夜遅い番組が多いので寝ちゃうかも?(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年8月 6日 (水)

まもなく立秋、消費期限切れハガキ。(笑)

明日(8/7)は立秋、暑中見舞いハガキは任期切れとなる。
先月作ったのがなくなってしまったので、また作り直したけどそれもなくなった。

残るはあと1枚、
印刷すると何枚も余るんだけど、今回は期限内にきれいに"食べ"切りました。

Photo
暑い暑いと言い足りないうちに、もう秋か~。

でも、最近は天候に文句を言わないようにしています。
そうすると、季節の移り変わりは心身ともに良いもので、
きょうもプレミアムビールがウマイ!(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年8月 5日 (火)

お中元でいただいたスーパードライ「プレミアム」ギフト

Asahigift

これ、お中元でいただいたものですが、

今年もまた金色のプレミアム缶セットと思い込み、届いた梱包箱を良く見もせず、ガツガツしながら開けてみたら、あれ?いつもの銀色のスーパードライ18缶入り。

もちろん、スーパードライは昔から好きなので、喜んで冷蔵庫に入れときました。

ところが!これ、缶を良く見て驚いた、お中元専用のプレミアム商品とは!

これは知らなかった、感謝感謝です。

Asahiad_2アサヒによると、
「ギフトだけの特別なスーパードライ「できたて工場直送 プレミアムギフト」。
アサヒビールのお中元、サマーギフト。
製造後3日以内に出荷、ビール工場からご自宅へ直送」
ですって!

ということは、早く飲まなきゃダメじゃない。

今頃気がついて失敗、失敗、今宵はビールデー。このクソ暑さに、やっぱりウマイ!(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年8月 3日 (日)

『漢語角』7周年記念講演の後は、関口知宏さんサイン会

多彩なゲストの有意義なお話を聞いた後は、関口知宏さん著『「ことづくりの国」日本へ』の刊行記念サイン会。

Photo_7そもそも関口さんと『漢語角』のつながりは?
2012年の日中国交正常化40周年記念事業の親善大使に就任されて以来で、ブックフェアにも協力してくださってます。

ファンの方も大勢見えていましたが、一般の参加者の皆さんも、先ほどの関口さん、加藤さんの講演を聴き、本を購入されてるようでスゴイことです。

Photo_8参加者100人の半数近くの人が買われてるから驚きました。
サイン会の間、皆さんお互いに尽きないお話や、紹介しあったりで誰も威張った人は見当たらない。
しかも、中国語が出来ようが出来まいが、みんな仲良くなっちゃいます。

これが草の根交流『漢語角』の素晴らしいところ。

Photo さて、場所を移動して有志だけの夕食会。
ボランティア幹事さんたちが予約準備してくださったお店のようで、中国料理の居酒屋。

関口さんやマネージャー、司会の林女史も皆さんいらっしゃいました。やっぱり最後はビールでしょう。
「とりあえずビール!」じゃなくて、ずっとビールで通しました~(笑)

Photo_10

| | コメント (0) | トラックバック (0)

13:30より『漢語角』7周年記念交流会

12時からの昼食会ではメディアの方々や関口知宏さんとの話も和み、時間が経つのが早い。1時半、皆で急いで会場(豊島区勤労福祉会館)へ向かいました。

01_4会場はすでにたくさんの参加者、前面のスクリーンには今まで報道されたビデオが流れています。→

さて、段躍中さんが今日のゲストの方々を紹介。

先ずは、特別ゲスト…


Photo_4NHKで放映中の連続テレビ小説「花子とアン」に登場する親友(仲間由紀恵さん)の娘、本名:宮崎蕗苳氏さんです。
←89歳というご高齢ですが、この会には熱きご理解くださり感謝状を。

ご本人も挨拶で、「朝ドラですっかり話題になってしまって…」と。

後ろのスライドの詩句は 「万民にたよられているはこの人か 毛沢東の手はあたたかき」。 毛沢東との深い交流記録や生の現代史をしっかりお話くださいました。母(白蓮)様が歌人であった故、文化的要素がふんだんに。

Photo_5そして、関口知宏さん。
新著『「ことづくりの国」日本へ』についての内容説明です。
彼らしい優しい語り方ながら長時間の熱弁。→

そこにもう一人、この本のオビの言葉を書かれたNHK解説委員の加藤青延さん。↓

Nhk_2話のテーマは「関口氏と共に過ごした中国鉄道の旅」でしたが、
関口知宏という人間の意外性とその魅力を語りはじめ、結局は、関口さんの本を手にとって読みたいと思わせる説得力。

さらに、段さんのお気遣いで感謝状を授与された加納安實さんは、何と!今年92歳の翻訳者↓

中国でTVにもなったベストセラー『新結婚時代』を日本語に訳された方。
Photo_6それも、360ページ上下2段組みの長文を訳されたバイタリティはどこからか?

実は、この題字を揮毫し、表紙+カバーのデザインも担当した私からもここで紹介したいところです。(笑)

その他にもアッと驚くような方々がたくさん、一言挨拶も時間が足りない。
段躍中、張景子夫妻に協力してくださる方々が年々増えていくのに感服しています。

私も、ほんのカケラと思っていますが、そのうちの一人です。(笑)

つくづく思います、勝手な思惑や儲け話を求めての活動なら誰がついてくるでしょう。
あくまで謙虚で腰低く、他人への気遣いもできる。
出来ることがあれば協力したい気になるのはこの辺でしょうか。

まだまだ続きます、関口さんのサイン会と夕食会へ~(^^)v

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今日は、日曜『漢語角』7周年記念交流会

『漢語角』とは"草の根交流"と呼ばれる「中国語の集い」。
7年前から毎週日曜日に西池袋公園で始め、その間一度も休まず今日で350回目。

Photo日本僑報社の段躍中編集長が、日中交流・相互理解を夢見てボランティアで始めたもの。それが今や、日本の大手メディアが取り上げるようになったのです。

今日私は、会場へ行く前に昼食会に招待されていました。
「関口知宏さんを囲む少人数の食事会」だそうで、
12時にホテルメトロポリタンのロビーに着くと、朝日、毎日、読売新聞、
さらに人民日報、観光経済新聞、そしてかの有名なNHKの解説委員も。

関口さんは遅れて到着でしたが、
2階の中華料理「桂林」にてすっかり打ち解けたお話ができました。

Amazon_2関口さんの新著『「ことづくりの国」日本へ』は早速アマゾンで好評、5つ星のうち 5.0だと!
カスタマーレビューが、「いつやるの?」「今でしょ!」ぜひこの本を読んで皆さんに発信して欲しい」。明るい未来の実現を真剣に考えている人、オススメです。 2014/8/1

私もオススメです。

さて、これから歩いてすぐの会場(豊島区勤労福祉会館)へ

Photo_3ところで余談ですが、私の名刺のオモテ(塚越誠の下の落款)を見て、「これスゴイ高名な方じゃないですか!」と驚いたのはNHKの加藤さん。
←書いてくださったのは、中国書法家協会理事で全国政教常委(日本で言うと参議院議員)の蘇先生。

7年前に私が北京に行った時、私の名前を書いてお迎えくださったのです。
今までこの落款をみて分かった人は初めてで、さすがNHK、こちらも驚きました。(笑)

午後に続く~(^^)v

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年8月 1日 (金)

急遽決まった暑気払いは「しゃぶしゃぶ」の店。

18時、高田馬場駅(早稲田口)に集合。実は、昨夜決まった話。

Photo_58月に入って中国に帰られる続先生(東洋大学教授)のスケジュールに合わせると、
今夜しかなく、しかもこの5名に絞ったそうで。

その中に、私もお誘いくださり恐縮してます。

健康寿命というのは正にこんな感じでしょうか(今日は60歳~73歳の面々)

単に元気というだけじゃなく、仕事に勉学にも現役以上に?燃えている。
尤も、身体の健康といえばそれぞれ若干の問題はあるでしょう、無い方が怪しい。

Photo_6つまり大事なのは「心も健康」、ですか。

そんなとき、カバンからノートPCをおもむろに取り出したのが浦野さん。
二ヶ月前に放映されたというテレビ番組を披露。中国で日本語を教えている姿を丁寧に取材されてました。

こんなふうに70歳過ぎても活躍してるので、私なんぞは歳をとったと感じる余裕などない。(笑)

Longmarchそして、渡辺先生の最近の仕事は、毛沢東の艱難辛苦を翻訳した『紅の軍』、
続先生が監修くださり、私が表紙のデザイン担当というわけでした。

現在も、次の翻訳に取り掛かってるという渡辺先生から、お二人に一冊づつ手渡し、
この集まりにお心遣いくださった、段編集長には感謝です。

それにしても、会話が尽きない。

Photo_7早稲田大学出身で、今回幹事をしてくださった益田さんは私と同年。
いまだに早稲田の町とは縁が切れないようで、
この「すき焼き・しゃぶしゃぶ」のお店も顔が利いて、お勘定は超激安。

若き老人?方々ありがとうございます、
爽やかな暑気払いをさせていただきました。
(^^)v

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年7月 | トップページ | 2014年9月 »