« 「万事如意」と「一期一会」? | トップページ | ギャラリートークに参加、書道博物館へ。 »

2014年9月20日 (土)

作文コンクールの審査にあたって。

日本僑報社が主催する「中国人の日本語作文コンクール」は第10回目、つまり毎年続けて10年目、たいしたもんです。(写真は7回、8回、9回の受賞作品集

Vol789今年も審査委員をお願いされました。
応募点数は史上最多の4133本だと!
日中関係が最悪にもかかわらずどういう事でしょう?

そのため、第一次審査にかなり時間がかかったそうですが、私は、第二次審査用に上位20数本に絞られたものを採点、その中から二等賞以上が決まります。

それにしても、第一次審査は大変だったでしょう。4千点以上の作文を全て読み、三等賞までを決め、さらに優れた作品(20数本)を選び出してくださったわけだから。

今年のテーマは2種類で、「ACGと私」、「公共マナーと中国人」のどちらかを選ぶ。
(ACGとはアニメ、コミック、ゲームの頭文字で、日本のそれらが大人気だそう)

Photo←このテーマにどう応えたか?興味がありました。

先ずはざっと目を通しましたが、応募対象者は『訪日歴がない中国の大学生』。
そうとは思えないほど日本をよく勉強している。

しかも『ACG』は彼らの成長に役立ってるようだから、日本人として誇り高い。(笑)

中国人のマナーの悪さについても、日本人を見習って、中国の若者は確実に変化しています。
作品の質も、毎年レベルが上がりっぱなし、中国の未来は若者に期待できそう。
ちょっと褒めすぎのようですが、本当にそうなのです。

来週が締め切りなので、明日の日曜日は誠心誠意で審査にあたります。(^^;ゞ

|

« 「万事如意」と「一期一会」? | トップページ | ギャラリートークに参加、書道博物館へ。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/164930/60347197

この記事へのトラックバック一覧です: 作文コンクールの審査にあたって。:

« 「万事如意」と「一期一会」? | トップページ | ギャラリートークに参加、書道博物館へ。 »