« 喘息と台風 | トップページ | スゴイ!関口知宏さんの本が、日本図書館協会選定書に選ばれた »

2014年10月 7日 (火)

具合が悪い日は一日読書。

今週始めから台風のおかげで、喘息の発作がまだ止まない。
小さい頃から慣れてるとはいえ、仕事にも影響してるのでちょっとイラついてきた。

172_2といって、イライラしてるとかえって良くないので、静かに読書など。

数日前に入手した、新刊『日中間系は本当に最悪なのか

このタイトル、なかなかインパクトあるでしょう?
実は、この表紙カバーのデザインも私なので自慢げに。(笑)

副題の「政治対立下の経済発信力」は、硬いので小さくしちゃいましたが、
政治的な意図から離れ、中国に拠点を置く日系企業の状況を正しく深く伝える目的だそうです。

確かに、以前の中国と言えば低賃金で働かせられる国、でも今は世界最大の消費者(お客様)なのです。
こう考えると、それを知ろうとせずに背を向ける?マスコミや日本人はのんきでした。

まったく状況は一転し、大企業から町工場までの素晴らしい事例が満載。
我々への未来のヒントも多く載ってるようです。

編集・著者は経済人ら33人(日中経済発信力プロジェクト)が、
ビジネス現場から日中関係打開のヒントを伝える!というのがオビの言葉。

風邪でボーとしてきたので全部は読みきれず、今日は途中まで。
各章ごとに拾い読みできるから続きは後日ということに。

あったかくして眠ります、おやすみなさい。(^^;ゞ

|

« 喘息と台風 | トップページ | スゴイ!関口知宏さんの本が、日本図書館協会選定書に選ばれた »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/164930/60458866

この記事へのトラックバック一覧です: 具合が悪い日は一日読書。:

« 喘息と台風 | トップページ | スゴイ!関口知宏さんの本が、日本図書館協会選定書に選ばれた »