« 読売新聞に関口知宏さんの本が大きく紹介! | トップページ | 近所が火事だ!、一夜明けて… »

2014年10月28日 (火)

関口知宏さんの本、昨日の読売新聞に続き文春でも紹介!

昨日、読売新聞の朝刊に取り上げられた記事を紹介しましたが、
今日、文芸春秋(10/23号)にも載っているとの情報をいただきました。

Photo_2ここに載せたのはネット版ですが、
昨日の読売新聞の内容とは異なり、出版した本を通じて話したかった彼からのメッセージです。→

週刊文春より、世界を旅して見えた日本/関口知宏

余談ですが、この写真、本当に関口さん?と思っちゃいました(笑)

「日本はこのままではまずいという漠然とした危機感から、この本を書き上げたんです」とのことで、

関口さんは、NHKにこれを番組で取り上げて欲しいとの旨、強く希望したそうです。
オビの言葉を書かれた、NHK解説員の加藤青延さんから直接聞いた話。

残念ながら未だに実っていませんが…

私も思う、近年ほど日本人のアイデンティティが希薄になってきているような。

こんなことを取り上げて議論することは、今必要に迫られているのでは。

173_1私がこの本を薦めたいのは、マネ事が多い昨今、関口さん自身の考えだからで、
斜に構えず、素直に読んでみるべき価値があると思います。

改めて表紙カバーの写真を載せました。
本の紹介サイトの詳細はこちら >>

|

« 読売新聞に関口知宏さんの本が大きく紹介! | トップページ | 近所が火事だ!、一夜明けて… »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/164930/60560886

この記事へのトラックバック一覧です: 関口知宏さんの本、昨日の読売新聞に続き文春でも紹介!:

« 読売新聞に関口知宏さんの本が大きく紹介! | トップページ | 近所が火事だ!、一夜明けて… »