« 第14回<熱写会>グループ展(写真展)へ | トップページ | 親日派の中国要人がまとめた「日中史上の大事件一覧」に大ショック。 »

2014年11月13日 (木)

「御宅(オタク)」と呼ばれても」…、最優秀賞決定のニュース!

北京の日本国大使館からようやく連絡があったそうです。
主催の日本僑報社・段編集長のブログで発表されました、速報です。

Photo第10回「中国人の日本語作文コンクール」各賞決定。日本大使賞は東華大学の姚儷瑾さん。(写真)

訪日経験のない中国の大学生が、日本語で書く作文コンテスト、
祝!今回で第10回。
テーマは「ACG(アニメ・コミック・ゲーム)と私」、「公共マナーと中国人」、いずれかを選択します。

最優秀賞は、一等賞6名の中から日本大使が選ぶのですが、
今回は史上最多の4133点という応募作品数!ゆえに審査員の数も増やし、二次審査の我々は2組に別れ審査にあたったという次第。

最優秀賞の姚さん、14歳の頃に「ガンダムSEED」というアニメを見て戦争の意義について考えたという。

一等賞に入った中にも、「日本のマンガやアニメ、ゲームは最良の先生であり、友達でもある」という一言があった。

つまり、日本のACGが中国で人気なのは、単に面白いからだけではないのです。

182_1これは日本人が知っておくべきでしょう、明日の中国を担う若者の真の姿。

←受賞作品集はただいま印刷に入るところで、表紙のデザイン案も出来、12月に出版される予定

表紙のタイトルがまた良いですねぇ、
『「御宅(オタク)」と呼ばれても』。
①日本のヲタクは中国で「御宅」、
②副題の「中国"90後"」と言うのは、1990年世代だそうです。

こういうコンテストは他の団体でもあるけれど、内容が非常にアカデミックで硬い。
この受賞作品集こそ読んで見るべき、と常日頃思っています。(^^)v

|

« 第14回<熱写会>グループ展(写真展)へ | トップページ | 親日派の中国要人がまとめた「日中史上の大事件一覧」に大ショック。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/164930/60645520

この記事へのトラックバック一覧です: 「御宅(オタク)」と呼ばれても」…、最優秀賞決定のニュース!:

« 第14回<熱写会>グループ展(写真展)へ | トップページ | 親日派の中国要人がまとめた「日中史上の大事件一覧」に大ショック。 »