« 二の酉参拝から、アメ横の居酒屋へ。 | トップページ | 亡き友を悼んで…「人生朝露の如し」!? »

2014年11月26日 (水)

「オタク(御宅)」と呼ばれても?

182_2第10回目となった、中国の学生による「日本語作文コンクール」の、受賞作品集が発刊

審査員を努めさせていただいたおかげで発売前に入手しました。→

タイトルは『「御宅(オタク)」と呼ばれても』
なんじゃ?これは?と思うかも(笑)

中国ではアニメ、コミック、ゲームの頭文字をとって(A.C.G.)と呼ぶ。
日本のこれが大人気となってるそうで、『ACGと私』を今回の作文テーマの一つにしたのです。

Photo応募作品は、今まで最多の4千点以上!
その中から最優秀賞(日本大使賞)をGetしたのが、東華大学の姚儷瑾さん(写真)。

日本のACGから得られるものは、中国人にとって有益なものばかりだそうで、日本人こそビックリでしょう。
正に「オタクと呼ばれても」なのでしょうか?
長文になるのでここでは省略、詳しくはこちらを

これらの感動的な作文内容は、早くも色々なメディアで取り上げ始めています。

20141125kokusai_2もちろん一等賞、二等賞以下の作品も優秀、日本人が知らなかったことばかり。
中国の若者の「今」を知り、新鮮な気持ちになります。

我々日本人がマスコミなどから得られる情報とは違う、生の若者の声。
一人2ページ半の短い作文だから、ツマミ読みも出来、読者が自分で考えられる本です。

そろそろ日本人も、偏った目でなく、公平な気持ちでぜひ読んでみては?とおすすめします。
審査員の一人として毎度感動だらけなので、宣伝させていただきました。(^^;ゞ

|

« 二の酉参拝から、アメ横の居酒屋へ。 | トップページ | 亡き友を悼んで…「人生朝露の如し」!? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/164930/60735830

この記事へのトラックバック一覧です: 「オタク(御宅)」と呼ばれても?:

« 二の酉参拝から、アメ横の居酒屋へ。 | トップページ | 亡き友を悼んで…「人生朝露の如し」!? »