« 2015年1月 | トップページ | 2015年3月 »

2015年2月28日 (土)

友人画家の創作意欲に負けちゃいます(笑)

2015dm中西さんの作品は毎度見に行ってますが、またまた新作発表のDMが届きました。

春秋と年2回やる「汎美展」に、5年連続で出品しているので通算10回目だそうで、今回は215cm×160cmの作品を2点だと。
ご本人曰く「月日の経るスピードに頭と体は取り残されている感がします」。

私より年上なのに、いつからこんなバイタリティが出てきたのか?

なんて、失礼しちゃいました。
もちろん見に行くつもりですが、たいしたもんです。

私も一時期は出品しなきゃならない展覧会が、年に4~5回あったので、終わるとすぐに次の作品創り、というのが何年も続いた時代がありました。

With02当時は本業の仕事もハードで、フラフラでしたがそれでもやっちゃうもんですね~。

それがわかるからこそ、素晴らしい友人だなと。

この写真は、前回の彼の作品の前で

新作にお目にかかるのが楽しみです。(^^)v

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年2月25日 (水)

蠟梅(ロウバイ)は「梅」ではないそうで!?

春が待ち遠しくて、「梅は咲いたか、桜はまだかいな~?♪」なんてブログを書いたことがあったけど、今日、知らない方から質問のメールが。

Roubaiそこに紹介した中国のことわざで『梅花香自苦寒来』の書き下しを教えて欲しいと。

『梅の花の香は苦寒(こっかん)より来る』
まあ、飛躍すれば「苦労してナンボ」でしょう。

戯れに、以前撮った「蠟梅(ロウバイ)」の写真と、荒っぽく書いた「書」を重ねたら、何かイイ感じ。(笑)→

ところで、蝋梅、蠟梅(ロウバイ)を調べたら、1月から2月にかけて黄色い花を付けるロウバイ科ロウバイ属。本当の「梅」は、バラ科サクラ属なのでした。
唐の国から来たもので中国名も蝋梅だそうで…

的を得ないブログになってしまいましたが、
無知な私、また一つ覚えました…(^^;ゞ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年2月21日 (土)

NHK解説委員・加藤青延さんの講演会へ

Photo講演会の概要はこちらのサイトに詳しく出ているので省略しますが、↓
(NHKの加藤青延氏迎え「滔天会文化講演会」 2月21日池袋で開催)

本の題名「ボツネタ&マル秘ネタ」の通り、記事にできなかったことがたくさん書いてあり、まさに「中国仰天!」。
でも、それ以上のお話が聞けるのがこういう講演会の興味津々なところ。

Photo_2去年の11月に、「NHK解説委員・加藤青延さんの講演会へ」でブログを書きましたが、

あの時聞いたのと今日のとは全く別のお話。

さすが、ネタはいくらでもあるようですが、本当に「マル秘ネタ?」なのでここには書けません。(笑)

それとは別に、質疑のコーナーでも興味深い話がたくさん。
例えば、アンケート調査で、中国人も日本人もそれぞれの国に対して「嫌い」が90%!

聞いて知ってはいたけど、その原因は何か?

Photo_3国人は本当の(今の)日本を知ると、一気に好きになるけど、日本人は簡単にそうはならない。
その理由は何か?
また、20代は新聞テレビよりNetから情報を得ているので、嫌いのパーセントが減る傾向にある。
などなど、

本から外れたお話も聞けて有意義な講演会でした。

Photo_4因みに、この「滔天会(とうてんかい)」 とは、辛亥革命 (1911年) を支えた日本の革命家、宮崎滔天 (1871-1922年) の意志を汲む、民間の日中交流の集まり。
NHKの朝ドラ「花子とアン」で仲間由紀恵さん演じる葉山蓮子役(柳原白蓮)の子孫である、宮崎蕗苳(ふき)さんも挨拶されました。→

写真は手前の女性に隠れちゃいましたが、ご高齢ながら強い信念を感じました。(^^)v

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年2月19日 (木)

本日は『春節』。

今日は何の予定もないのですが、春節を祝い、中国からの「お手紙」と私の「書」を合成。自作の"NewYear"カードのつもりです。

Newyear_card_2「万事如意」は、おめでたいときに良く使われる言葉だそうで、→
直訳すれば「全てが意の如く」、今までたくさんの方に書いて差し上げました。

今日が旧暦の元旦ということで、1週間のお休み。
朝からニュース番組も大賑わいですね~。

マスコミも以前ほど中国人への悪口が少ない、それより経済効果を期待しているような。
ちょっと変わってきたかな?と感じたのは私だけでしょうか…?

とにかく、2015春節のお祝い、日中共に良い年を迎えましょう。(^^)v

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年2月16日 (月)

日本僑報(出版)社、おかげさまで20周年!

日本僑報出版社は平成8年に設立、今年で20年目に入りました。

20thウェブには20周年専用ページを構築、このサイトを訪れれば活動の殆んどが確認できます。

TOP画像は、日中の花へと絵柄を優しく替えました。→

挨拶文にもあるように、出版事業を核に、日本と中国の相互理解を願い、架け橋となるべく、様々な社会活動に取り組んできました。

20thlogosetご存知の通り、日中関係が冷え込もうとも、希望を捨てず前に向って進み続ける姿に感動し、ここ数年私も微力ながら応援し続けているわけなのです。

同時に、20周年ロゴを作成。
先ずはステッカー、封筒、名刺、そしてリンクバナーも。

Banner_china_duan260そのバナーが今日、池袋テレビ(インターネットTV)のサイトに(右サイドに)掲載されました。→

これらを軸に、コンテンツもまだまだ充実させていく方針です。

素晴らしいのは、ネット環境とIT技術のおかげで、大きな宣伝費をかけずとも多くの感動を呼び続けていること。

営利事業の出版社には見られない価値ある存在、そういうのが私は好きなのです。(^^;ゞ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年2月13日 (金)

「日本大使賞受賞者(姚さん)」の訪日特集ページが完成。

Photo_3日本僑報社のウェブサイトに、先週来日された「中国人の日本語作文コンクール」最優秀賞の姚儷瑾さん(20歳)の一週間の特集ページを作りました。

日にちと時間を追って細かく紹介してあり、きっと内容に驚かれることでしょう。

また、池袋テレビ(地域密着型インターネットTV)では、その中の
参院会館会議室で行われた(2月6日)記者会見のニュースがアップされてます。

番組紹介、日本のアニメ「ガンダムSEED」で世界平和を! 
二十歳の上海の女子大生、姚儷瑾(ようれいきん)さんが初来日

182_1イヤー、記者会見したこと自体も驚きです。

彼女が手にしているピンクの表紙の本が、入賞者全員の作品集。
私は上位の審査員なので3等賞以下の方のは読んでいませんでしたが、
皆さんの内容および日本語力は毎年驚くばかり!
本の宣伝もしちゃいます。(^^;ゞ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年2月12日 (木)

本日のNHK国際から放送、受賞者来日リポート!

ここのところ連日、東華大学生の姚儷瑾(よう・れいきん)さんの話題が続いていますが、またまた素晴らしい情報です。

Nhkたった今、段躍中さんからの速報をキャッチ。
第10回中国人の日本語作文コンクール最優秀賞(日本大使賞)受賞者、姚儷瑾さん来日リポートが、本日付のNHK国際放送局から放送されました。
動画再生ページはこちら
ただし、今日から1ヶ月間で見れなくなるそうです。

最近、YouCubeなどに載せるとうるさいので、コンプライアンスに従います。(笑)

27nhk秋葉原でのNHKの取材風景は、先日のパワーポイントに出てました。

NHK番組(国際版)、スゴイ!
英語版だけど充分わかります!

姚さんの作文(受賞作品集「オタクと呼ばれても」)の出だしでは、↓
182_1
「殺されたから殺して、殺したから、殺されて、それで本当に最後は平和になるのか」
『機動戦士ガンダムSEED』を見て、戦争の意義を考え続けたそうで。

これはまさに、今の「イスラム」の問題にもピッタリで、日本人はアニメもマンガも"オタク"扱いしてるけど、
つまらないドラマよりずっと深いと思いますが…(^^;ゞ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年2月 9日 (月)

日本大使賞、姚さんの訪日記録

Photo第10回・中国人の日本語作文コンクール最優秀賞(日本大使賞)をGetされた、東華大学生、姚儷瑾(よう・れいきん)さん。

副賞の日本招待で先週いっぱい(初めての)日本を訪れ、昨日帰国されたようです。

私は初日の歓迎会に出ただけですが、

その訪日記録をキレイにまとめられた「訪日特集」を見せてもらいました。ただしパワーポイント(プレゼン用ソフト)で作ってあるのでPCによっては見れないかも?

そこで、ほんの一部ですが抜粋しました。↓
私が出ている写真もちゃっかり(右上端に)載せてあります。(笑)Photo_2滞在中の1週間は、各界の要人への表敬訪問や新聞・テレビの取材、記者会見などなど、お忙しいスケジュールをこなされたようです。
ところで、日本僑報社のトップページも姚さんの話題がいっぱいです。(^^)v

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年2月 7日 (土)

「セントラルミュージアム銀座」での書道展へ

Invitation_cardかな書を学んでいる友人の出品作を見に、夕方銀座へ。

「現代書道院展」第42回展です。

送っていただいた案内状を見ると、
役員クラスは例年どおり東京銀座画廊での開催だけど、
一般の部は、松屋ウラのセントラルミュージアム銀座(紙パルプ会館5階)だそうで。↓

Kaijo02
「現代書道院」の創設者は、仮名書道の大家、岩澤蕙堂氏。
私は仮名の方は専門でないですが、2008年に氏の「遺作展」を観に行ったこともありました。

仮名は日本が発明した、中国にはない素晴らしいもの。

SudoTsuka_2←彼女は10年以上習ってるので筆致も良いのだけど、展覧会にはちょっとおとなしいかな?

何て、偉そうに、指導めいたことを話しつつ…。(笑)

この展覧会場を一周りして私が思うに、
書の先生はお手本を書いて出品させるばかりでなく、
生徒の長所を引き出し、創作に見ざめさせるべきでは?と。(^^;ゞ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年2月 4日 (水)

受賞祝いの「書」のプレゼントは『敬天愛人』。

一昨日の、姚儷瑾(よう・れいきん)さん訪日歓迎会で、「第10回・中国人の日本語作文コンクール」最優秀賞のお祝いに私の「書」をプレゼントしましたが、

01その書(掛け軸)を皆さんに披露している写真がさきほど届きました。→
送ってくださったのは日中交流支援機構(NPO)岩楯事務局長、恐縮です。

『敬天愛人』:天を敬い、人を愛す
あの"愛人"ではありません(笑)

西郷隆盛が好んで何枚も揮毫したという四字熟語。
もとは、清の四代皇帝(康熙帝)が「敬天愛人」という扁額を書いて、キリスト教会に与えたのが起源だそうです。
注:『西国立志編』の共訳者、中村正直(敬宇)の造語と言う説もあるが怪しい。

Photoこの作品は、以前に、銀座の画廊で展示した時のものですが、プレゼントするにふさわしい方を探していたので、私も良かった。

左の写真は、会場からの質問に緊張して応える姚さん。とても素直で聡明。今日も取材を受けたり表敬訪問など都内をアチコチ、

きっと明日からも、お忙しいスケジュールをこなすことでしょうが、
日本が好きで、希望に燃えていました。(^^)v

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年2月 3日 (火)

今朝の朝日新聞『ひと』に、姚さんの紹介記事が!

昨夜の訪日歓迎パーティ(「第10回・中国人の日本語作文コンクール」最優秀賞の姚儷瑾(よう・れいきん)さん来日)に、少し遅れて駆けつけた朝日新聞中国総局長の坂尻さんが書かれた記事。

201523昨日の朝から取材をされてたようで、朝刊の『ひと』欄に掲載されるというので、早速、朝日新聞を買ってきました。(スミマセン、私は朝日をとっていないので…)

ここで私が言うより、記事を読んだ方が早いでしょう。→
さすが、無駄なく明快にまとめられています。

実は、昨夜のパーティが終わる頃、別のメディアが会場に取材に来たのですが、
ここ数年で朝日新聞だけでなく、毎日、読売、NHKなど大手も取り上げてくれるようになり、本当に素晴らしい展開となってます。

今後、このコンクールについて続々とメディアに現れることでしょう。(^^)v

Photo_6ところで、日本語作文コンテストや、スピーチコンテストなどは他にもたくさんあるけど、
作品集として本にしているのは「日本僑報出版社」だけだそうで、もったいない話。
e-shopサイトで「受賞作品集(第1回~第10回)」が全て購入できます。

↑ついでに?私の名刺も作ってもらいました。日本僑報社(20周年)名刺です。(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年2月 2日 (月)

姚さん訪日「歓迎会」にて、受賞祝いに「書のプレゼント」。

先日お知らせした、「第10回・中国人の日本語作文コンクール」で最優秀賞(日本大使賞)を受賞した姚儷瑾(よう・れいきん)さんが、昨夜来日しました。

Photo_2今朝から新聞社の取材やらで早速初日のスケジュールをこなしたようです!

さて、18時頃から良く使う居酒屋で「歓迎会」がスタート。

乾杯が済むと、主催者の段躍中さんから、先ず「サプライズがあります」と。
そうです、私が「姚さんへのお祝いに、書(掛け軸)をプレゼント」を申し出ていたのです。

ご本人ビックリながらとても喜んでくれたようで…ホッとしました。(笑)

写真中央の女性は、東華大学(上海)日本語教師の岩佐さん。(姚さんの先生)↑

Photo_3掛け軸を広げて披露したところを、皆さんが撮ってくれてたので、写真は後日お見せできると思います。

実は今日の午後、日本僑報社で、姚さんを交えて日本語教師の「座談会」があり、これに出席された方々が今夜の歓迎会の主な参加者でした。(本当は、私は場違いか?)

だから会場は先生ばっかり、もちろん年齢や経歴は様々、皆さん初対面のようです。
その後、駆けつけてくださったのは、元重慶総領事の瀬野さん、朝日新聞中国総局長の坂尻さん。
Photo_5
朝日新聞社は、この作文コンクールに協賛してくれているので心強い。
午前中に姚さんを取材した記事が明日の朝刊に載るそうですよ。
それも、何と『ひと』欄ですって!これはすごいこと。

やはり10回(10年)続けた重みでしょう、明日の朝刊も楽しみです。(^^)v

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年2月 1日 (日)

長時間のPCやスマホの使い過ぎで怖い!肩や腕の痛み。

今まで何ともなかったのが、
ここのところ日増しに肩こり、そのうち腕が痛くて上がらなくなってきた。

これはマズイ!

でも、この年で五十肩でもないだろうし何だろう?と、検索で調べていったら…

どうもパソコンのマウスを使い過ぎが正解のようだ。
私の場合、仕事がらキーボードよりマウスを使う方がだんぜん多い、月曜から日曜まで朝から晩までだし。

背中(肩甲骨)の間のこりを取ること、早速やってみることに。
痛い、痛い…けど頑張って、少し楽になった(ような気がした)↓

やはりずっと続けなきゃダメらしい、治るのに一年かかるとか…?
ぞっとしますね。(笑)

姿勢なども大事らしいので、もっといろいろ調べますが、この運動は続けてみることに…(^^;ゞ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2015年1月 | トップページ | 2015年3月 »