« 一日早い義理チョコ返し。 | トップページ | 国立新美術館の後は、「テング酒場」で芸術レビュー? »

2015年3月14日 (土)

楽しみだった友人画家の新作。

01_3今日は夕方から、友人画家(中西さん)の新作を観に六本木の国立新美術館へ。

経緯は先日発表しましたが
今回は2015★春の汎美展、秋は上野(東京都美術館)に移り、交互に年2回開催。

入り口すぐの場所に展示されていたので、入った瞬間、スゴイ、驚きました~、
なんと、前回の作品をさらに展開させて、青と赤の目玉?が2つ。↓

01_5目玉のバックの処理も、以前よりぐっと緻密に描かれ、グレードアップ。

毎度観に行くとこの展開がわかってよいものです。

会場全部見回したけど、最もインパクトが感じられました。

03_2楽しくなって作品の前で戯れたり。

ご本人は、この2つの作品がセットのつもりで描いたのではないそうですが、私は、この2つで1作品と思ってました。

それはそれで、良いのではと。
私も、今回は別の意味で勉強になりました~。

Photo_12

Photo_11さて、美術鑑賞の後は、たそがれの美術館を後に、夜の六本木へ。

でも、派手な店ではなく、「行きつけの安いお店があるので」と、中西さん。
もちろんOK、
今日はここまで、その後に続きます。(^^)v

|

« 一日早い義理チョコ返し。 | トップページ | 国立新美術館の後は、「テング酒場」で芸術レビュー? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/164930/61296404

この記事へのトラックバック一覧です: 楽しみだった友人画家の新作。:

« 一日早い義理チョコ返し。 | トップページ | 国立新美術館の後は、「テング酒場」で芸術レビュー? »