« 2015年3月 | トップページ | 2015年5月 »

2015年4月30日 (木)

「琳派400年記念」細見コレクションへ。

400_3私的にはまだゴールデンウィーク気分ではないけど、わが奥様から日本橋高島屋へ行く時間がとれますか?と。

チケットを2枚もらったそうで、良く見ると「琳派400年記念」細見コレクション展。昨日から始まったそうだ。

へー、これは素晴らしいお誘い、感謝、感謝です。(笑)

「琳派」といえば尾形光琳の燕子花や紅梅図などは根津美術館だし…、
何が目玉なのだろうか?

と思いきや、琳派400年を記念して、
琳派誕生→花咲く琳派→新たなる展開→京琳派ルネサンスと4期に分け、
約百年ごとに代表される巨星たちがピタリと並ぶ。
俵屋宗達→尾形光琳→酒井抱一→神坂雪佳を時系列的に展示。
琳派400年が流れるようにわかる、京都・細見美術館収蔵の優品の数々でした。

40001尾形光琳に代表される琳派とは、王朝文化でなく、江戸時代初期に京都の裕福な庶民から湧き出た芸術が明治・大正期まで継承された。

まさに日本独自の美、世界に誇る日本文化の代表でしょう。

__2その中で、私にとっては琳派誕生の時代、本阿弥光悦の「書」とその背景を描いた俵屋宗達のコラボレーションがピカイチ。

本阿弥光悦の「書」をいくつも眼にして感動でした。→

5月11日まで、ゴールデンウィーク中、ヒマな人におすすめです。
たいへん勉強になりました。(^^)v

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年4月29日 (水)

「発泡酒」を卑下する人もいるけど…

私の場合、ビールは昔からアサヒスーパードライだけど、発泡酒でもこれは飲める。
キリンの「淡麗」。(写真)

01他のより少し高いけど、
近所のスーパーでは、なんと350ml×6缶(度数5.5%)で、699円(税別)!
最近、グレードアップさせたのに価格は変わらず。
キリンも頑張ってます。

ただし、売り上げランキング1位は、同じ「淡麗」でもグリーンラベル(糖質70%OFF、度数4.5%)の方らしい。
しかし私には、アルコール度数4.5%では物足りなくてストレス感じちゃう。

それ以外を飲むなら、やっぱり本当のビールでしょう。

02実は、以前、発泡酒には失敗談がいくつもあって一度は止めたのですが…
先ず、第三のビールはダメ、安いだけでビールと呼ぶものではない。
また、プリン体ゼロとか、糖質ゼロとかはダメ、泡が立たない。
泡が立たなきゃビールじゃないでしょう。

つまり、ビールの代わりと思うのでなく、
訳のわからない安酒と割り切れば良いのかも?ちょっと寂しいけど…?(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年4月26日 (日)

「和を以って貴しと為す」は、世界平和の言葉?!

思うことあって、今日は『以和為貴』を小筆で下書きしてみました。

03_2
聖徳太子が作ったとされる憲法十七条の第1条、

「以和爲貴、無忤爲宗。」(和を以って貴しと為す、忤ふること無きを宗とせよ)は、
孔子の『論語』第1卷 学而第12「有子曰 禮之用和爲貴」が典拠だそうで。
(ちなみに「和」は「やわらぎ/なごみ」とも)

今更ことばの解説は不要でしょうが、いちおう。
当時、地域の争いごとが絶えず、仲よくすることが最も尊い。
人と人とが和合することの重要性を条例の第一としたのでしょう。

易しく訳せるので、社訓として掲げている会社もあります。

これ正に、"反戦"の言葉でしょう、私は日本人の信条、心のルーツと思っています。

それなのに、千年以上経っても、世界は相変わらず紛争だらけ。
悲しいかな、今でも戒めの教訓ではないですか!

何年も前から思っていることで、
4年前に、銀座の個展に出品した「和」を、設計会社の社長が買ってくださいました。
今後ともこれを更に完成させ、大いに掲げようと思っています。(^^)v

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年4月25日 (土)

「Jazz38」サイトと、実況ジャズライブ!?

わが社がサイトの更新を続けている、Jazz38(イタリア料理とジャズライブの店)。

Jazz38tops実は今週の火曜日に、突然サーバトラブルか?サイトが表示されなくなったのです。

しかし冷静なる私の"勘"?が働き、原因を推測~解明。(笑)
今日までかかったけど無事復帰しました。

もう大丈夫、良かった。

他にもこういうトラブルはあることなので、あわてない経験が大事でしょう。

20150425jazz38そして、今夜はアルトサックスの名手を中心としたスーパーバンド。
(詳しくは、サイトのライブスケジュール表を)

Jazzサンパチマスターのコメントでは、本日も凄いライブが演なわれています。
←あえて白黒写真でその状況が伝えられました。

下の写真はマスターの早井さん(右側)。

20150425hayaiいやー楽しい最高‼のライブありがとうございました!
素敵なお客様たくさんご来店ありがとうございました!
次回は9月お待ちしています‼️

サーバが直ってホッとした私も、素晴らしい!でした~(^^;ゞ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年4月23日 (木)

「反戦平和・世代友好シリーズ」第12作を刊行。

C09日本僑報社では、戦後70年の節目の年にあたり、シリーズ本『2014年の「8.15」』が、例年より3カ月ほど予定を早めての発売となったそうです。

と言うことで、この本を中心に「反戦平和シリーズ」の書籍をまとめた新刊案内チラシを作りました。

これらを歴史資料として永久保存するため、またより多くの若者に軍国主義の罪悪を知ってもらうため、同社では2002年からこれまでの刊行物をまとめて出版し、読者にシリーズとして提供しているのです。

さてその中に、私が題字を揮毫した本「私記・日中戦争史」がありました。(笑)
当時紹介した、著者、志々目(ししめ)彰先生と講演会でお会いしたのも懐かしい。

136_leaf←出版と同時に、その本の案内チラシも作ってました、見つかったので、紹介します。

そして、下の書が題字の元、私の自筆です。↓

Tsukawork最後に、日本僑報社からのメッセージで、
戦後70年にあたり『2014年の「8.15」』はもちろん、過去の戦争を振り返り、よりよい未来を築くための「反戦平和シリーズ」書籍にぜひご注目いただきたい、と。

そうですね、日中関係も少しずつ雪解けの模様?特に戦争の歴史には目をそらさず、これらの書籍から真実を知ってほしいと、私も願っています。(^^;ゞ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年4月21日 (火)

たまの出張、コーヒーより、「とりあえずビール!」?

一ヶ月前に初めて訪れた会社の社長様から打合せに呼ばれ、午後から横浜出張。

横浜駅から市営線に乗り継ぎ、約20分。しかし到着駅からどう歩いて案内されたのか、覚えていない。駅からわずか1~2分の距離なのに迷ってると遅れちゃうので担当の方に電話して、お迎えを頼んじゃいました。

打ち合わせの中味はともかくとして、終わった後は、たまの出張なのでまっすぐ帰るのは寂しい。と思っていると、コーヒーのお誘いが。

Kimg0014しかし、時間的にちょっと早いけど、コーヒーよりビールかな?

すぐに意気投合!(笑)

とりあえずビール!
(日本のサラリーマンが居酒屋で最初に言う言葉、今や外国人も真似するとか)

ビールのあとは、イタリアワインにエスカルゴ!?出てくる出てくる、というか、注文したのですが、安すぎる!

さてこのレストランの名は?

ここは横浜市都筑区、本場パリの店の訳がない(失礼)、
そう、誰もが知ってるレストラン○○○○でした。(^^;ゞ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年4月18日 (土)

時代の動きを感知する、新刊2冊。

日本僑報(にほんきょうほう)社は、この春、新刊ラッシュとなってます。

186183続々と刊行される中、今月発売の2冊。→

カバーデザインは、タイトル名を意識し、シンプルにまとめました。
それぞれ濃ブルーとグリーンの特色に黒文字のタイトル。
白地が映えてるでしょ、斬新なデザインではないけど気に入ってます。(笑)

さて、左のブルーのほうは、日中の大学生、院生の『懸賞論文集』です。
「若者が考える「日中の未来」第一弾で、日中の学生は今何を考えているのか?

最優秀賞の方の論文の「題名」がそのままタイトルだそうで、堅い本という感じを受けたけど、それだけに「論文のレベルは向上著しい。日中の若者による相互理解を深める上で大きな役割を発揮し始めた」と、審査委員長の宮本雄二氏(元中国大使)。

同社が主催するおなじみの「日本語作文コンクール(一般の中国大学生の生の声)」も然りで、双方を知ることは大変意義ありかも。

右のグリーンのほうは、これも題名が堅いですが、
「アジア共同体の創成」とは、東北~中央アジアを含む40数カ国、世界の人口の約半数(30数億人)を占める共同体を、近い将来、創成することを目指す理念。
編著者は北陸大学(本部・石川県金沢市)李鋼哲教授。

21世紀の今「歴史の潮流はアジア統合へ」だそうで、アジア各国への理解を深めることが大事。

そういえば、中国主導のAIIBを思い浮かべ、脅威感などを持つ方も居られるかと…
また、アメリカ主導の時代は終わっても、そこから脱せられない日本のジレンマ?

など、など、私としても時代の変化を感じます。

間もなく20周年を迎える日本僑報社は、日中相互理解を核に、様々な良書を出版し続けているのです。
というわけで、少しでも多くの人に告知・宣伝したくなりました。(^^;ゞ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年4月16日 (木)

7年前の「一期一会」?!

2008これ、7年前に書いた「一期一会」。

昔の書は殆ど捨てちゃってるのですが、今年に入って部屋の整理をしてたら出てきたもの。

こんな字も書いてたんだ~と懐かしく眺めているうちに、自分のホームページのトップに貼って、たまに見ていました。

これはこれで面白いかな?

と思うようになり、しばらくこのままにしておきましょう。
と言うか、自分のホームページはちっとも更新してないので飽きちゃったせいもあり。

20080303ついでに、先日紹介しましたが、同じ年に人民網に取材された記事も。

これは中国語で読めないけど、
『漢語角』の題字を揮毫して、披露しているところで私のことも書かれていました。西池袋公園にて(2008年3月3日)

なんて、懐かしんでるだけじゃダメですね。(^^;ゞ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年4月15日 (水)

ソメイヨシノが散っても、サトザクラがある。

Photo天気予報は、今朝も昨日に続き大雨?なのに、朝から太陽が輝いてるではないですか!

それならばと、今日のウォーキングコースは、ちょうど一年前に見つけた里桜(サトザクラ)がある小さな公園へ→

「里桜は開花期が遅く大形の八重咲きが多い」そうで…、
やっぱり満開でした。

しかし、去年も急に寒くなったりで、里桜を見た一年前の天気は今日と同じです。

Photo_2

>> 今日は午後から大雨強風の予報、やはり朝のウォーキングで良かった。天気が崩れないうちに美しい景色に出会えました。(^^)v

上記の3行は一年前のブログをそのまま「コピペ」です。(笑)
つまり、不思議なことに今朝の気象予報と同じでした。

確かに風が強くなってきました~!
しかし、現在時刻は午後4時、まだ太陽が照ってる、気象庁またもや誤算か!?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年4月12日 (日)

桜が終わっても、外国人だらけ。

本日のウォーキングコースは上野の山へ、テレビで言うとおり不忍池も外人だらけ。

02「暑さ寒さも彼岸まで」なのに、桜ももう終わりなのに、パーッと春らしくなりませんねぇ。

冷たい雨が続く昨日今日、一日だけ晴れるような異常気象が続いてる。
でもこんな日は最高の気分になれる。
いつも良い天気だと自然の恵をつい忘れちゃうから。

ところで、言いにくいけど、気象庁は大自然から意地悪されてるみたい?(笑)
というか、過去のデータの集積だけを頼りに予報しているそうな。

01『世界的異常気象は、太陽黒点の異常が原因!?』なんて説もある。
11年周期で増減を繰り返す黒点が、ここ10年くらいずっと減ったままらしい。

黒点の増減が地球に及ぼす影響は大きいと小学校で習ったし…、
地球温暖化説等より信憑性がありそう!?

アンチ地球温暖化説の私としては、こちらをとりたいのだけど…
残念ながらまだまだ解明できていないそうです。

ただし、政府も気象庁も科学的立証がないからと無視せずに、
新たな研究目標をたててはいかがでしょう?(^^;ゞ

参考 <日経トレンディ>太陽の黒点が減っている
太陽黒点が沢山出ている時に太陽は活発に活動し、黒点が少なくなると不活発になる――ということが分かっている。太陽黒点は磁場が弱くなると消えてしまう性質を持っているそう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年4月11日 (土)

「学士会館」にて、打合せ前に和食のランチ。

数日前に、ジャーナリストの北岡さんから久々の連絡で、お会いしたいと。

以前ロスでもお世話になった方で現在73歳?Japan.America.TV社長、TV-Newsキャスター、日本大学国際関係学部特任教授(他、著書多数)からの嬉しいお誘い。

Photoお昼前に「学士会館」(神田錦町)で待ってますと。

ここで打ち合わせなんて敷居が高い感じだったけど、
「学士会館は1階に会員がいつでも使える談話室があります。誰でも入れます。そこでお会いしましょう」。

打ち合わせの中味はともかく、その前にランチしましょうということで、連れて行ってもらったのは、同じフロアの「旬菜寿司割烹『二色』」。↑

意気投合で「二色御膳」を注文、ランチメニューとしては満足、満足。
気軽に入れて落ち着ける良い店でした。
夜の部はさらに良さそう、お酒もきっと旨いでしょう。(笑)

そしてコーヒーを飲みながらの打ち合わせとなりました~(^^)v

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年4月 9日 (木)

「書道博物館」企画展へ

Photo_3「台東区立書道博物館」は、根岸2丁目のラブホテル街のど真ん中にある。
しかも向かいは、正岡子規が晩年を過ごした家「子規庵」。

夜だったら一人じゃウロウロできません(笑)

この博物館を私財で建てた中村不折(洋画家で書家)が、
正岡子規とともに(明治28年)中国へ赴いた時、日本に持ち帰ったという、
書道史研究上重要なコレクションを有するのが、この博物館です。

今企画は「(中村不折が愛した)中国・南北朝時代(439~589年)の書」。

中村不折は、この時代の書から独自のスタイルを生み出したといわれ、
その原点であろう拓本を目にして、私も納得。

でも正直、私としては、不折の書はあまり好きでないのですが…

まあ、それはそれとして、主に「碑学派」向けの数々の名品には目が輝きました。

Photo_2ところでここに展示されている中で、北魏の龍門石窟20品(拓本)は8年前に渡辺明次先生に買って来ていただいて持っているので、私としてはちょっぴり優越感も?
(その中の1品、「鄭長猷造像記」)→

次に、同じ北魏の時代で、鄭道昭の「鄭義上碑」が初公開で見れたのは良かった。
書的には「鄭義下碑」より劣るでしょうが、数メートルの巨大拓本には恐れ入りました。

前期(3/24~5/17)と後期(5/19~7/20)で展示品が入れ替わるのも興味深い。
そして東京国立博物館でも同企画展示(4/14~6/7)するのでそれも楽しみ。

今度は両博物館へ足を運ぶつもりです。(^^)v

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年4月 7日 (火)

日中交流研究所主催の「日本語作文コンクール」

今まで「中国人の日本語作文コンクール」というサイトのタイトルを、主催者である「日中交流研究所」に替えることになりました。↓

Photo確かに、作文コンクール自体がこれだけ日中双方から注目されるようになった今、
このほうが本来的だし、活動の意図がはっきりして自然でしょう。

10周年を迎え、今日までの作文コンクールのすべてが網羅されているサイトです。
とにかく、このサイトを見れば、積もり積もった情報量と新鮮な内容に驚くでしょう。

画面中央には、次の(11回目の)コンクール応募ポスターが告知されました。
5月11日から応募受付開始、締め切りは5月末日。

応募資格は、日本に来たことがない中国の学生。
日中間の政治的な問題などどこ吹く風かとばかり?応募作品数は年々右肩上がりで、主催者も驚きを隠せません。
現地では、日本語を指導する先生たちのやる気度もスゴイようです。

私も嬉しいかぎりです。(笑)

宣伝くさくないサイトですからぜひ一度訪れて見てはいかがでしょう。(^^)v

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年4月 4日 (土)

貿易会社社長の「欧州出張」特集ページが出来た。

Kanthp_2貿易会社(株)カントの佐藤社長さんとは、30年近いお付合いで、昨年暮れにホームページの制作を依頼され、新年早々立ち上げました。→

今も、新着情報を更新し続けているわけですが、先月に欧州(5ヵ国)へ出張されたので、「その特集ページを作りましょう」と提案。
日程を追いつつ、撮って来られた写真をちりばめてPDFでまとめました

写真はその中の1コマ、シャンゼリゼのカフェで一休み↓

Photo_3そんな佐藤社長から嬉しい返事が、
「早速のアップ有難うございました。
殴り書き原稿を要領よくすっきりとまとめて頂きまして感心しきり!さすがプロ!!
訂正箇所なし、です。
Thank you AGAIN ! 佐藤」

全世界を飛び回る佐藤社長さんは昭和17年生まれ。私より6歳年上ですが、事業主で仕事を続けている人は、"今"を生きてる訳で、頭も活きてる、気も若い。

そういえば、それこそ30年近く前、仕事と言うよりお供で?メキシコ→ユカタン半島(メリダ、カンクン)→マイアミ→アトランタの田舎町→NYへと出張したのが始まりで、私にとって思い出が溢れています。

NYのマンハッタンでは一緒にアップルの店を探し、私はフライトシミュレーションゲームのソフト(日本で売って無いディスティネーションを見つけ感動!)を購入。
当時ゲームにはまってました。(笑)

カリブ海クルーズの時は、英語で話してるはずの社長の言葉が、知らず知らずに流暢なスペイン語に変わってるので現地の皆んなも大笑い、などなど。

と言うわけで、今もお付合いしてくださり、こちらこそ大変感謝しております。m(__)m

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年4月 2日 (木)

桜トンネルをウォーキング。

Photoいつもウォーキングしているマイコースの途中。

普段は何の変哲もない道路だけど、この時期になると桜が一斉に咲き出し、トンネルになる。
家から5分ほどの所から始まり、ほんの1km足らず。

まさに「枯れ木に花を咲かせましょう」ですか?やっぱり桜は素晴らしい。

それが、そろそろ散り始めるのかな?と思うと寂しいもの。

『さくらさくらさくさくらちるさくら』山頭火

桜の散る様子を音韻によって表現しようと試みて成功した句だそうで…

来週はまた寒くなるという予報…今週末で終わりかな~?
ウォーキング中の観賞と感傷でした。(^^;ゞ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2015年3月 | トップページ | 2015年5月 »