« 2015年4月 | トップページ | 2015年6月 »

2015年5月29日 (金)

新刊「中国の大学生(1万2038人)の心の叫び」

この本の表紙カバーをデザインしたので、いち早く新刊を入手できました。

Photo_2編著者・大森和夫、弘子夫妻の刊行記念講演会が来月(6/16)八重洲ブックセンターで開催。

大森夫妻については、私なりに先週ブログに書きましたが、テーマは『戦後70年・これからの日中関係を考える』。中国の大学生(日本語科)の最新の調査をまとめ、編著したもの。

今年(2015年)と10年前(2005年)との比較を見ると、スゴイ好転です!
日本および日本人に親しみを感じるか?
相互理解は出来ているか?10年後はどうか?
についてはおおよそ倍増している。

逆に悪い方(歴史認識、靖国参拝、尖閣問題など)は半減!しかし、楽観視は禁物、日中友好を妨げる"癌"のような存在だから。

それらの原因や、個々の意見までも詳しく知ることが出来ました。

日本への意識が変わった理由に、日本のアニメやドラマが大きいですが、
意外と知られていないのは、日本語を教えている日本人教師たちが大きな役割を果たしていること。

Photoところで、私の知っている渡辺明次先生が湖南省の大学で3年間日本語教師を務めた時、朝日新聞の「天声人語」を毎日日本から送ってもらい副教材にしていたなど、自分のアイデアで指導し、全生徒から大人気、辞めるまで惜しまれたのを聞いています。
(写真は、その時の渡辺先生と卒業式。キレイですね!)

マスコミについては、悪いところばかり報道するのは両国とも同じだそうで。
これについては、もう放っておきましょう(笑)

中国の若者はここまで変わってきているんだと知った後、さて日本側は?
と、考えてしまいます。

こちらについては、ちょっと放っておけません。(笑)

貧乏から成り上った戦後の日本は、製品は米国の模倣で質は酷く、公害、スモッグ、観光マナーも何もかも、今の中国と変わらなかったわけだし…(^^;ゞ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年5月25日 (月)

年に一度の検査は、上部内視鏡(胃カメラ)。

毎年5月に東大病院で消化器官の検査をすることになって5年。
内視鏡(胃カメラ)で、食道、胃、十二指腸をじっくりチェックしてゆきます。

04_2のどを通るときちょっと痛いだけ、もう慣れました。(笑)

それより、予約票にピロリ菌の検査もやると書いてあるので焦り、
「去年やったのに?」と言うと、調べてくれてこの検査はスキップ。

来週主治医から説明を受けますが、今回もたぶんOKでしょう。

01_4ホッとして?帰りはちょっと寄り道です。↑

東大の「鉄門」から出ると、旧岩崎邸庭園に沿った坂道が続きます(これが、さだまさしの「無縁坂」)。
旧岩崎邸庭園とは、明治11年に三菱財閥初代の岩崎弥太郎が土地を購入。

02_2その後(明治29年)、3代目の岩崎久弥が英国人ジョサイア・コンドルの設計で建てられたのが、この近代日本住宅を代表する西洋木造建築だそうで…、→
現存するのは洋館・撞球室・和館の3棟。

とにかく都心のど真ん中に、こんな広い敷地~。
平日の朝10時なのに見学に来る人が結構多いのにビックリ!

新緑を浴びつつ、気持ち穏やかな週のスタートでした。(^^)v

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年5月23日 (土)

私の健康法は腹7分目?

02今日のお昼は一人なので、ほか弁でも買って来るかと。
前に買って来てもらった「タニタ弁当」にしました。(税込み550円)

低カロリーで、なおかつご飯(雑穀米)の量が、お茶碗の半分位しかない。
腹七分目ってとこですね。(今や、腹八分では多いそうで)

午前中1時間のウォーキングの後だからお腹がペコペコだけど、大丈夫。慣れました。

01_2このまま腹七分とウォーキング&軽トレを続けてると1週間で1キロ痩せる。

ただし、これじゃストレス溜まるので2週間に1度、美食+暴飲暴食をやると1キロ太る。

この計算でいくと、1ヶ月で2キロ痩せることになるから、5ヶ月でマイナス10キロ!
となる筈ですが…

しかし現実は甘くない、どこかが間違ったのでしょう、5ヶ月で1キロ半しか痩せませんでした。(^^;ゞ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年5月22日 (金)

今日はスカイツリー完成3周年。

スカイツリーが出来て3年経ったのですね、ニュースで知りました。

2015自宅からウォーキングで30分。
往復1時間なので、ちょうど良いマイコースのひとつにしています。

去年の春、言問橋で撮ったものを我が社のTOPページ画面にして、コンセプトワードは"NEXT Value Creation"。

なかなか良いなと思いつつ、1年経ってしまいました。(笑)

他の会社のHPはたくさん作っているのに、自社のとなるとどうも気が入らない…

それじゃイカン!と、今日は時間をとって全面更新を宣言。

何とか進めたけど、自分の考えを一人でまとめようとすると、決断に迷うことばかりなのです。
結局、古いページまで見直すのはとてもムリ。まだ直したいところもたくさんあるけど、今日はここまで、でした。(^^;ゞ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年5月19日 (火)

大森夫妻「講演会&サイン会」開催チラシができた。

日中友好のために長年尽力されている日本人で、一般には殆んど名が知られていない方はたくさんいます。

20150616中国関連の出版物作成などに関わっているお蔭で、私も様々な情報を得る事が。

驚くのは、大森和夫(元・朝日新聞記者)氏(75)は、奥様とともに、『日本』と題した独自の日本語教材を自費で出版し、25年間で、なんと、中国の130校以上の大学に約30万冊を寄贈したというから、並でない。

この大森夫妻が、この度「日中・日本語交流活動」26年間の集大成!として、『中国大学生1万2千38人の「心の叫び」』を6月に発売、その「記念講演会とサイン会」を八重洲ブックセンターで開催。詳しくは講演会チラシを。

早くも今日の朝日新聞に載ったそうです!(段編集長のブログにて)

実は、現在第11回目として日本僑報社の段編集長が進めている、おなじみの『中国人の日本語作文コンクール』の元も、大森夫妻なのです。

因みに、大森夫妻の出版物のうち、下の3冊は、私が表紙デザインを担当した新刊ですので、おすすめします。(^^;ゞ
左から「夫婦の日中・日本語交流」、「日本に対する偏見が解けてゆく」、「心の叫び

Photo

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年5月14日 (木)

段躍中編集長、今朝のNHK「ラジオ深夜便」に出演。

日本僑報社(総合図書出版)の段躍中編集長が、早朝4時のNHK「ラジオ深夜便」に出演されるというので、昨夜は目覚ましをかけて就寝。

Photo15分ほど寝坊しちゃいましたが、4時45分までしっかり聴きました。
テーマは、「日中相互理解は日本語作文から」。

アンカーは石澤典夫さん、番組の進行役をNHKではアンカーと呼ぶようで。

段さんが24年前に来日して日本語を学び、新潟大学大学院で博士学位を取得とともに、日中友好の架け橋となるべく、現在も様々な活動をしているわけですが、

Photo_2印象に残ったのは、段さんの言葉。
本業である出版社(日本僑報社)を、
「これはプラットホームである」と述べたこと。

出版物の販売促進→利潤追求は当然のことながら、それはベースであって、
それ以上の理念、目的、目標を補完するためのサービス活動を推進し続けている。

中味はどうあれ売れることが目的?という他の出版社とは大きく違うところ、そこに私は感銘。(笑)

下の画像は"20周年を迎えて"特集ページ

20thtopところで、Webマーケティング用語では「プラットフォーム戦略」と呼び、単に製品やサービスを提供するのではなく、より高い「価値」を顧客に提供しようとするもの。
あるいは、大前研一の「21世紀の富はプラットフォームから生まれる」など。

しかし私は、これらとは少し違う気がしています。

そこは大変難しいところ。欧米的、合理的ビジネスモデルより、"人と人"でしょうか。

いづれ、東洋人的ニュービジネスモデルが生まれたら素晴らしい。もちろん日本人も…

なんて、拝聴しながら、私なりに余計なことを思ったり?、でした。(^^;ゞ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年5月13日 (水)

国井誠海先生、生誕100年「書作展」

Photo_3母校から会報が届いた。
50号を迎え記念特集らしいが、
そこに、現代書の巨匠といわれる、国井誠海「生誕100年書作展」の記事。
(記事画像は部分です)→

来月(6/13-19)上野の森美術館だそうで是非とも観に行きたい。

実は、国井誠海先生のことは、私が産経国際書会の役員になるまで知らなかったのですが、60年前(私がまだ小学生の頃)、母校で10年間「書」を教えたそうで。書道科があったらしい…

100thticket_2当時、書には興味すらなかったので知る由もない。

そんな私が7年前に、この現代書の第一人者(産経国際書会の創設者で最高顧問)にお会いしたく、中野区にある国井先生のアトリエをひとりで訪ねました
しかし先生は91歳という高齢で、長女の渡辺麗さんがお相手してくれたのです。
(写真はその時いただいた晩年の作品集)↓

Kuniibook92歳で亡くなったということなので、私が訪ねた翌年でしょうか?
でも、1917年生れだから正確には生誕100年を迎えて、ですね。

まあ、細かいことは良しとして、「書」を伝統から芸術に(現代書に)広げた、正に巨匠なのです。(^^)v

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年5月11日 (月)

PGAツアー最終戦(昨日の続き)

朝5時からのBS放送なので、途中からしか観れないけど、さあ、どうなったかと?

Photo_3すごい、すごい、石川遼君スコア上げてマイナス8に。
15番でボギー叩いてしまったけど、16番をバーディで取り戻す。
結局8アンダーでホールアウト。→
素晴らしい奮闘振りで見入ってしまいました。

松山君は既にホールアウトしていて、スコアは昨日より3つもあげて6アンダー。

Photo_4←優勝にはおぼつかないけど頑張ったんですね~、見れなくて残念。

しかし、昨日書いたとおり世界はスゴイ!どんでん返しの末、最上位は12アンダーが3人、プレーオフとなりました。ガルシア、キスナー、ファウラーの三つ巴です。
ホント、何が起こるかわからない!

あ、もう朝8時、私は出かけなきゃ!これからプレーオフではとても見てられない。

T_3夜のニュースでも見るとして、遼君もこれをバネに、復帰して欲しい。(写真は石川遼)

私の素人評価では、遼君は天才肌、松山君は秀才肌でしょうか?

今や、日本を担うこの若い2人に大満足でした。(^^)v

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年5月10日 (日)

PGAツアー、ザ・プレーヤーズ・チャンピオンシップ、3日目

Photo_4今朝の興奮。

石川遼くん、マイナス7で9位タイと久々の上位。
しかも、最終ホールでロングパットを沈め、バーディ!→

「やったね遼くん!」感激しました。

私のゴルフは数年前に卒業?しちゃいましたが…(笑)
毎朝早起きしてTV観戦してます。

Photo_5ずっと好成績を維持している松山英樹くんは、この時点でマイナス3(40位)。
←このスコアボードには載ってませんが、
彼は最終日に強いと言われているので、もちろん明日に期待できます。

ところがどっこい、世界はスゴイ。

明日はどうなることやら…、全くわかりません。
とにかく、ニッポン頑張れです。(^^)v

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年5月 6日 (水)

日本酒名品100選、飲み放題の4時間!

『微妙な食べ物自慢の会』とは、「忘れられない食べ物に出会ったら、その写真やレシピなどをみんなで共有して楽しみましょう!」って会。(メンバーは現在165人)

3shot私もいつの間にか?メンバーになっていたようで…。

今日はそのOFF会で、100種類の日本酒を3,000円で飲み放題。
KURAND SAKE MARKET」にて、12時から開催です。

「自分で好きな酒器を選び、冷蔵庫から好きな日本酒を取り出し、自由にお楽しみください。お料理もおつまみも持ち込み自由」だと。

Photo池袋芸術劇場の少し先、私はいつも通る道なのですぐわかりました。

12時少し前に着いたのに、もう若い人たちが並んでます。
少人数づつ入れていくようで、中に入るとビックリ、50名入るそうだけど既に20~30人いる!

これは楽しい、勝手に取り出して飲んで良いなんて!冷蔵庫を見て廻るだけで興奮。

先ずは辛口の『幸姫(佐賀)』を選んで試飲。(下の写真右端)

次のを探していると、店の人が来て勧めてくれたのは「タクシードライバー」って銘柄!何これ?だまされたと思って呑んでみたら、濃辛で旨い!(岩手・喜久盛)

↓にごり酒(熊本・亀萬酒造)もなかなかだけど、これは酔いますよ!

Photo_3
酒も時間もたっぷりあるんだから、今日はガツガツ呑みでなく、しみじみ呑みで。(笑)

Photo_5後ろから「塚越さん!」、
振り向くとこの会の主催者、坂本博史さん。
坂本さんとは、以前、日立のイベントの仕事でアライアンスを組んで以来の付き合い。

今日は、たくさんの人を紹介してくれました。
皆んな芸大出身で、20代から50代の幅広い呑み友達?

おつまみ類も、この会のメンバーらしく、"微妙な食べ物"を持参してきてる。

5shot「珍味、フグの子のぬか漬け」なんていただきました。
自分で買って来たものには、あまり手をつけず。

とにかく、お昼から呑みっぱなしの4時間。会場はぎっしりでも、楽しい雰囲気、酔った酔った。

またの企画も、楽しみにしております。(^^)v

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年5月 5日 (火)

『中国崩壊論』は、日本国民のニーズなのか?

「嫌中」について言いたかったことを、今朝のヤフーNewsが取り上げてくれました。
Yahoonewslogo全文はこちら (Record China 5月5日(火)7時16分配信)

一部をカンタンに紹介すると、

Photo①日本の評論家曰く、
「中国崩壊論」は売れるので10年前から何回も改訂してきたが、なかなか崩壊しないので困っている、なぜ崩壊しないのか。
②現地の経済記者曰く、
「中国経済好調の記事は短く、不調の記事は長く書け」、との東京のデスクからの要求に悩まされる。
③恐らく『中国が崩壊したら嬉しい』という日本国民のニーズがあるからではないか。

上の画像は、Google検索「中国崩壊論 書籍」で表示された画像の一部↑

④それらの延長線上に浮上した「日本はスゴイ」といった日本礼賛本・礼賛番組ブーム。これも健全とは言えない。
⑤見たくないニュースに目をつぶり、心地よいニュースに飛びつく…。
現実を直視せず、偏狭かつ恣意的な情報選択を繰り返して道を間違えた戦前の轍を踏んではならない。(八牧浩行)

158_2それに対し、取り上げられたのがこの本、→
日中対立を超える『発信力』―中国報道最前線総局長・特派員たちの声
(段躍中・編、日本僑報社刊)

私からはこちらもおすすめ、
日中関係は本当に最悪なのか-政治対立下の経済発信力
(日中経済発信力プロジェクト・編、日本僑報社)↓

172_1_2実は、この2冊とも、私が表紙デザインを担当したので全て読みきりましたが、これぞ、今、第一線で活躍する方々の「生の(真の)声」を集めたもの。

再度ニュースの言葉を借りると、『その時々の空気を読んで売れそうな本を書き、出版する、商売上手な評論家やジャーナリスト』の著書でなく、読者自身が知って考える良書です。(^^)v

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年5月 2日 (土)

お墓参りが爽やか、多磨霊園へ。

Photo_2我が家では、なぜか毎年、お正月とGWに両家の霊園へ行く。
お彼岸やお盆時期をずらしているわけだけど、静かな時と場所を求めているのでしょう。(笑)

今では子供たちは出ちゃってるので、夫婦2人で散歩気分。
お花見時期に来たこともあったけど、GW時期はツツジがスゴイ!→

中央線武蔵境駅で是政(これまさ)線に乗り換え、多磨駅で下車。
これ単線!駅は5つしかないローカル線。

03是政線という名になったのがいつか知りませんが、
西武多摩川線は路線名がしょっちゅう変わってるらしい、
さらに同じ「多摩」でも霊園の方は「多磨」。この由来は?

まあ、毎年来るところだからさほど変化はないけど、広々として爽やか。
←そして見上げれば木々の緑が輝くように美しい、さらにこの静寂感が何とも。

お墓参りというと暗く感じるかも、ですが、GWの霊園が毎年のスタート地点なのです。(^^)v

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2015年5月 1日 (金)

六十余の手習い?日本画を学ぶ(笑)

01東京芸大で、素人向けのワークショップで日本画を習ったのですが、
うだうだしてて、もう3年近くたってしまった。

私自身、日本画の知識も学びたいし、また描きたくなって…
アマゾンで中古の本を頼んだら、今日届いてました。→
(税込み500円、送料別)

この本で良いかどうか知りませんが、基礎の基礎の本。

Tsukaworksあの後、もう少し真面目にやってれば、先生を紹介してもらえたかもしれないけど今となっては仕方ない。

←この写真は、そのとき描いた、初めての作品。

取りあえず、一人でしこしこやってみます。
来年の年賀状に何か書けるようになったら楽しいだろうな?と。

正に六十余歳の手習い、頑張ります。(^^)v

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2015年4月 | トップページ | 2015年6月 »