« お墓参りが爽やか、多磨霊園へ。 | トップページ | 日本酒名品100選、飲み放題の4時間! »

2015年5月 5日 (火)

『中国崩壊論』は、日本国民のニーズなのか?

「嫌中」について言いたかったことを、今朝のヤフーNewsが取り上げてくれました。
Yahoonewslogo全文はこちら (Record China 5月5日(火)7時16分配信)

一部をカンタンに紹介すると、

Photo①日本の評論家曰く、
「中国崩壊論」は売れるので10年前から何回も改訂してきたが、なかなか崩壊しないので困っている、なぜ崩壊しないのか。
②現地の経済記者曰く、
「中国経済好調の記事は短く、不調の記事は長く書け」、との東京のデスクからの要求に悩まされる。
③恐らく『中国が崩壊したら嬉しい』という日本国民のニーズがあるからではないか。

上の画像は、Google検索「中国崩壊論 書籍」で表示された画像の一部↑

④それらの延長線上に浮上した「日本はスゴイ」といった日本礼賛本・礼賛番組ブーム。これも健全とは言えない。
⑤見たくないニュースに目をつぶり、心地よいニュースに飛びつく…。
現実を直視せず、偏狭かつ恣意的な情報選択を繰り返して道を間違えた戦前の轍を踏んではならない。(八牧浩行)

158_2それに対し、取り上げられたのがこの本、→
日中対立を超える『発信力』―中国報道最前線総局長・特派員たちの声
(段躍中・編、日本僑報社刊)

私からはこちらもおすすめ、
日中関係は本当に最悪なのか-政治対立下の経済発信力
(日中経済発信力プロジェクト・編、日本僑報社)↓

172_1_2実は、この2冊とも、私が表紙デザインを担当したので全て読みきりましたが、これぞ、今、第一線で活躍する方々の「生の(真の)声」を集めたもの。

再度ニュースの言葉を借りると、『その時々の空気を読んで売れそうな本を書き、出版する、商売上手な評論家やジャーナリスト』の著書でなく、読者自身が知って考える良書です。(^^)v

|

« お墓参りが爽やか、多磨霊園へ。 | トップページ | 日本酒名品100選、飲み放題の4時間! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/164930/61543315

この記事へのトラックバック一覧です: 『中国崩壊論』は、日本国民のニーズなのか?:

« お墓参りが爽やか、多磨霊園へ。 | トップページ | 日本酒名品100選、飲み放題の4時間! »