« 猛暑日の炎天下に、近くの"銭湯"へ(笑) | トップページ | 冷た~い「お中元」が嬉しい。 »

2015年7月30日 (木)

「時に批判されながら日本語を学び、日本の素晴らしさ発信」

日中交流研究所が主催する「中国人の日本語作文コンクール」、今回(第11回)は4,738作品が集まったそうで!

日中関係が依然困難にも関わらず応募数は年々増加し、今回は史上最多を記録。

20150717これはいったい何なのか。

つい先日、段躍中編集長の記事が公明新聞に大きく取り上げられました。→

時に批判されながら日本語を学び、日本の素晴らしさ発信」の見出しが物語るものは、中国の若者が日本との相互理解と交流を求めていること。

私はこのコンクールの審査員として上位に絞られた十数点の作品を審査(第二次審査)してきたわけですが、今回あまりに多い応募数に事務局は嬉しくも悲鳴!の様子。
ここで私が協力できるのは? 第一次の審査も手伝うことでしょう。了解しました。

今までは、完璧に近い日本語とレベルの高い内容ばかりを審査し、優越つけ難く苦労していたのとはうってかわり、第一次審査では、日本語になっていない文章や意味不明の内容が多く、今度は四苦八苦。(笑)

ところが、実は、この事がかえって私をホッとさせたのです。

下手な日本語ながらも、必死で信念を伝えんとする多くの若者に、感動さえしました。

今日は、私が担当した分の第一次審査を終えたところ。スッキリしながら日中交流の波が大きくうねる気配を感じました。(^^)v

Sakubun_vol110↑こちらは第1回から10回の入賞作品集
別の団体でも作文コンクール的なものはあるけど、書籍にしているのは他にないそうで。

|

« 猛暑日の炎天下に、近くの"銭湯"へ(笑) | トップページ | 冷た~い「お中元」が嬉しい。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/164930/61987301

この記事へのトラックバック一覧です: 「時に批判されながら日本語を学び、日本の素晴らしさ発信」:

« 猛暑日の炎天下に、近くの"銭湯"へ(笑) | トップページ | 冷た~い「お中元」が嬉しい。 »