« 福岡ハカセの『生命と記憶のパラドクス』が届いた。 | トップページ | 今週末は、隅田川花火大会、自宅で興奮!(笑) »

2015年7月19日 (日)

猛暑日は、暑中見舞いハガキに精魂籠めて!

今日の東京は湿気が少なく、猛暑日でもあまりストレスを感じないのは私だけ?

で、間もなく梅雨明けとか?

Photo今夏も俳句とデジカメ写真を合成して、暑中見舞いハガキの準備です。
(ホントは絵が描けるといいんだけど…ただいま修行中)

調べたら、暑中見舞いは梅雨明けから立秋までの期間だそうで…、ちょうど良い。

選んだ俳句は、高浜虚子の『炎天の 地上の花や 百日紅(さるすべり)』→

意味は「炎天下の大地に、深紅の百日紅が咲いている、まさに夏にふさわしい花だ」。
簡素ながら力が張っており百日紅を見事にとらえた句。
との評がありました。

絵的には、どうも百日紅(さるすべり)の花ではつまらないので、以前に不忍池のほとりでみつけた茶店の真っ赤な傘が炎天下にぴったりと感じ、はめ込んでみました。

なんか、花札みたいになっちゃいましたが、如何でしょうか?(笑)

|

« 福岡ハカセの『生命と記憶のパラドクス』が届いた。 | トップページ | 今週末は、隅田川花火大会、自宅で興奮!(笑) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/164930/61915444

この記事へのトラックバック一覧です: 猛暑日は、暑中見舞いハガキに精魂籠めて!:

« 福岡ハカセの『生命と記憶のパラドクス』が届いた。 | トップページ | 今週末は、隅田川花火大会、自宅で興奮!(笑) »