« 「中国の日本研究者はいまだに70年前の『菊と刀』を読んでいる」!? | トップページ | 今日は「横浜漢語角」第100回の交流会。 »

2015年7月10日 (金)

渡辺明次先生、日中友好新聞の1面に。

20150715yukowatanabe本日、日本僑報社で見せてもらったのは、7月15日付の「日中友好新聞」。
何と、1面に、梁祝先生こと渡辺明次先生の記事が!

記事内容は(右の画像)、
連載コラム「私と中国」に、中国愛情伝説『梁山伯と祝英台』を日本に紹介した、
翻訳家・渡辺明次氏の紹介と、現在までの活動が詳しく紹介されていました。

さらに同じ日中友好新聞の別ページには、渡辺先生の最新の訳書を「プレゼントのお知らせ」記事が!
(あっ、下の記事の名前に間違えを発見、"昭次"ではありません)↓

20150715yukolongmarch渡辺明次氏最近の翻訳本『紅の軍・長征史詩』(何 輝著)を抽選で4名の方にプレゼントだそうです。

ここまで取り上げてくれるとは、素晴らしい。

ところで、「日中友好新聞」は2つあって、これは共産党系だけど
他紙とは比較にならないくらい、"日中友好"には積極的な新聞です。

共産党が?と思うくらい熱が入っている。(失礼)

|

« 「中国の日本研究者はいまだに70年前の『菊と刀』を読んでいる」!? | トップページ | 今日は「横浜漢語角」第100回の交流会。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/164930/61868539

この記事へのトラックバック一覧です: 渡辺明次先生、日中友好新聞の1面に。:

« 「中国の日本研究者はいまだに70年前の『菊と刀』を読んでいる」!? | トップページ | 今日は「横浜漢語角」第100回の交流会。 »