« 「絹に描く日本画」を学ぶ~東京藝大へ【初日編】 | トップページ | 作文コンクールの審査を終えて »

2015年9月13日 (日)

「絹に描く日本画」を学ぶ~東京藝大へ【2日目】

Photo昨日の続き、(東京藝大と台東区連携の『大人の美術ワークショップ』)2日目です。

私は昨日の下図を完成させなくちゃと、30分も早く到着したのですが、既に、7割くらいの人が取り掛かっていたし、指導員の方々も見え始めたので驚きです。

スゴイ、やる気!

2教室を見渡すと、85名のうち女性が8割(以上?)、年齢層はいわゆる"中高年"です。

殆んどが40~50歳代かな?

今日は、各自がモチーフに選んだ「花」の下図を完成させ、絹本に黒墨で転写(トレース)しました。

その後、胡粉という白い顔料を膠(にかわ)液で溶き、その溶液を絹本の裏面から花の部分を塗りつぶす。

2_3この胡粉溶液を作るのは大変面倒な作業だけど、目の前でやってくれて、塗り方も実演してくれました。(写真)

もちろん初めてのことばかり、丁寧に教えてくれるし楽しい。

来週は、いよいよ絹本に顔彩や岩絵具で色を塗るのです。

2_2が、その前に下図の紙に色をイメージしてみました。
なかなか思い通りいかないのでイライラ、(写真は練習)。

次回(3日目)は来週の土曜日、もっと美しく出来上がってると希望してます、お楽しみに。(^^;ゞ

|

« 「絹に描く日本画」を学ぶ~東京藝大へ【初日編】 | トップページ | 作文コンクールの審査を終えて »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/164930/62274575

この記事へのトラックバック一覧です: 「絹に描く日本画」を学ぶ~東京藝大へ【2日目】:

« 「絹に描く日本画」を学ぶ~東京藝大へ【初日編】 | トップページ | 作文コンクールの審査を終えて »