« 樋口一葉「たけくらべ」発表120年記念祭。 | トップページ | 和の国ニッポンは「和を以って貴しと為す」。 »

2015年11月14日 (土)

「『白蓮』生誕130年の生涯展」へ、

S先月予告しましたが、チケットをいただいて行って来ました。
副題の「柳原白蓮~愛に生きた歌人~」がいいですね。

西武池袋本店、別館2階(西武ギャラリー)は、通路をずっと歩くので、外はどの辺かと思ったら、もうジュンク堂の目の前なんですね。(笑)

白蓮は明治~昭和の人、その出生や波乱の人生は大まかに知ってましたが、
私としては時代順に分けられた"各章"の冒頭に紹介されている和歌に興味が沸きました。

会場は撮影禁止なので、もらったチラシしか載せられませんが、

白蓮の歌は、波乱に満ちたその時々の生き方をとてもわかりやすく表現。
解説文よりも和歌の方が説得力があり、迫る臨場感に大変感動しました。

S_2年老いた白蓮や、娘(蕗苳)さんの短いビデオも流れていて良かった。

皆さん真剣に展示物を鑑賞しつつ、感慨に耽っていたような気がします。

ところでなぜか、作家・樋口一葉の記念祭が来週あるのを思い出し、白蓮とは全く違う生涯であるにしても、それぞれ波乱の人生から生まれたであろう強い女流文学を感じます。

というわけで来週は、『一葉祭』(「たけくらべ」発表120年記念)を楽しみに…
行って来ます。(^^;ゞ

|

« 樋口一葉「たけくらべ」発表120年記念祭。 | トップページ | 和の国ニッポンは「和を以って貴しと為す」。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/164930/62677420

この記事へのトラックバック一覧です: 「『白蓮』生誕130年の生涯展」へ、:

« 樋口一葉「たけくらべ」発表120年記念祭。 | トップページ | 和の国ニッポンは「和を以って貴しと為す」。 »