« 第15回「熱写会」グループ写真展(10/30-11/4)へ | トップページ | 「中日関係 大事総覧」のブック(カスタマー)レビュー »

2015年11月 1日 (日)

「以和為貴」を、こだわりの反戦ワードに。

11月に入って一気に寒いですね~、明日はもっと寒くて雨だとか?

今日の「以和為貴」は、先日のように力まず、素直に、念仏を唱えるように…(笑)

01以和為貴=和(なごみ)をもってとうとしとなす→

書としての味はイマイチかも?ですが、書き続けることが大事。
書はその時々の気持ちが現れるものだから。

書は自己の心を反映、持ち前の技術を見せようとすれば筆がウソぶく。
というのが最近の私の持論。

日本では、聖徳太子の言葉として協力・協調・協和を十七条憲法に掲げた。
ですが、今こそ21世紀の反戦ワードでは?

甘いと言われるかもしれないけど、「日本人は和で解決」を信条にしたいものです。(^^)v

|

« 第15回「熱写会」グループ写真展(10/30-11/4)へ | トップページ | 「中日関係 大事総覧」のブック(カスタマー)レビュー »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/164930/62607202

この記事へのトラックバック一覧です: 「以和為貴」を、こだわりの反戦ワードに。:

« 第15回「熱写会」グループ写真展(10/30-11/4)へ | トップページ | 「中日関係 大事総覧」のブック(カスタマー)レビュー »