« 「以和為貴」を、こだわりの反戦ワードに。 | トップページ | 今日は『一の酉』。 »

2015年11月 3日 (火)

「中日関係 大事総覧」のブック(カスタマー)レビュー

この本、読んでみれば日中戦争の真実が見えてくる。

159ちょうど一年前に発売されたこの本、私がブックカバーのデザインを担当したきっかけで、
日本の学校の教科書に隠された?多くの真実を知ることになったのです。

特に南京大虐殺や侵略について、日本側が未だに否定するなら、
なぜこの本の編著者・陳錦華氏が「天皇陛下から旭日大綬章を直接授与された唯一の中国要人」たり得るのか?

そんな驚きと困惑。私なりの書評を書きましたが、

今日偶然にも、アマゾンの記事で投稿者(カリスマ書評家の「くまちゃん」ハンドルネーム?)のカスタマーレビューを知り、さすが上手に書かれているので、
このレビューは参考になりましたか?の問いに、「はい」をつけちゃいました。(笑)
その書評はこちら

|

« 「以和為貴」を、こだわりの反戦ワードに。 | トップページ | 今日は『一の酉』。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/164930/62619612

この記事へのトラックバック一覧です: 「中日関係 大事総覧」のブック(カスタマー)レビュー:

« 「以和為貴」を、こだわりの反戦ワードに。 | トップページ | 今日は『一の酉』。 »