« 来年の干支、丙申(ひのえ・さる)を書く‐<第2弾> | トップページ | クリスマスの日に仕事納め »

2015年12月22日 (火)

来年は「猿」年、中国では「猴」年‐干支を書く<第3弾>

今日は色々書いて見ました。
先ずは干支の「申」でなく、日本の「猿(さる)」と中国の「猴(さる)」。

02_302_2中国ではこの「猴」が普通らしい。→

でも日本人で「さる」と読める人は少ないのでは?

この際、広めちゃいましょう。でも「猴」ではちょっと親しみが沸かない感じ。

02_4次に、干支の「申」。
←渦巻きみたいになったけど、力をこめて一気に書きました。
上手とか下手とか、じゃなくて、自由そのもの。
いろんな字ができて面白いものです。(笑)

下のは、隷書(れいしょ)の「申」に、第一弾で書いた、篆書の「申」も交えて、遊んでみました。

03だんだん今の申になっていくのがわかるでしょう。
因みに上の二つは、隷書の丙と篆書の丙

つまり「丙申(ひのえ・さる)」と書いて、賑やかな書になりました。

まだまだ楽しく色々やってます。(^^)v

|

« 来年の干支、丙申(ひのえ・さる)を書く‐<第2弾> | トップページ | クリスマスの日に仕事納め »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/164930/62931840

この記事へのトラックバック一覧です: 来年は「猿」年、中国では「猴」年‐干支を書く<第3弾>:

« 来年の干支、丙申(ひのえ・さる)を書く‐<第2弾> | トップページ | クリスマスの日に仕事納め »