« 「岡倉天心記念研究奨励賞」という賞に | トップページ | 来年の干支、丙申(ひのえ・さる)を書く‐<第1弾> »

2015年12月 4日 (金)

本場、福建省(武夷山)のウーロン茶。

02中国のお茶は、今までに様々な種類をいただいて味わってるけど、
今日は、日本輸出用の茶葉を使用というウーロン茶をいただきました。

日本語表記だし、ティーバッグだから面倒くさくないのですぐに一袋を取り出しました。
確かに香りもコクもあって、少なくとも近所のコンビニなどで買うのよりは美味しい。

世界遺産の福建省武夷山で作られた最も有名な茶葉と書かれてますが、

01「大高勇気(おおたかゆうき)」が選ぶテーバッグ。…何のことやら?
外箱には「1000年後に、中国茶でアトピーや花粉症、うつ病などの病気を無くしたい…」
これは、もっと意味不明。(笑)

それよりも、気がついたのはティーバッグの裏面右下に印刷されているQRコード。↓
下の写真をクリックして拡大すればガラケーでも読み取れるけど、どうやらスマホユーザーを囲い込む仕掛け?

PhotoスマホのQRコードリーダーで読み取っても、WeChatのアプリをダウンロードしてスキャンしないとサイトに行けない。

結局、WeChatのメンバーになってしまったようだけど、サイトの中味は充実してます。
まあ、PCでこれを打てば良いのだけど→http://www.otakayuki.asia/

ああ、今やスマホ時代、中国のネット社会は進んでる。
美味しくいただいただけじゃなく、こんなことにも感心しちゃいました~(^^)v

|

« 「岡倉天心記念研究奨励賞」という賞に | トップページ | 来年の干支、丙申(ひのえ・さる)を書く‐<第1弾> »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/164930/62819086

この記事へのトラックバック一覧です: 本場、福建省(武夷山)のウーロン茶。:

« 「岡倉天心記念研究奨励賞」という賞に | トップページ | 来年の干支、丙申(ひのえ・さる)を書く‐<第1弾> »