« 2015年12月 | トップページ | 2016年2月 »

2016年1月31日 (日)

たまには、「かな書」も。

Photo

実は差し上げたい方がいるので、今日はこの2句を書きました。

一般的なサイズの色紙(大色紙)と短冊です。

普通の方に差し上げるのに、展覧会用に高度な技を見せつけたものや、現代人には読めない変体仮名を使ったものより、古典的だけど普通に読める、こんな書が良いかな?と思いました。

「めぐり逢ひて 見しやそれとも わかぬ間に 雲がくれにし 夜半の月かな」紫式部 →

 「かささぎの 渡せる橋に おく霜の 白きを見れば 夜ぞふけにける」中納言家持↓

03百人一首にも選ばれた短歌。良いものですね~、その時代に生きた心の動きが奥深い。

これを近代詩文書スタイルで書いたら興ざめでは?!
と、思うのは私だけか?(笑)

「仮名の書」は既に数百年前に完成されています。

それを新たに取り組む現代の大御所たちも、実は悩み苦しんでいるのでは?

仮名書は、日本で生まれ日本で進化させるしかない。
そう思えばこそ、私も仮名書に新たな発想で創作したいと奮起するこの頃です。(^^)v

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年1月28日 (木)

今日のランチは、究極のダイエット?!

午後1時、定期健診で東大病院へ。

今日の検査は採血だけ。とは言え、今は血液で様々な病状がわかるようで。

Photo結果が出るまで中庭にてランチ。→

レストランは混んでてイヤで、最近は院内のコンビニで買ってのんびり食べるほうが良い。
今日はりんごジュースとポテトサンド、これで充分です。(笑)

そして1時間後、早くも結果が出ました、大きな異常は無し。
ひとつ気になったのは、先生が測った血圧が上100下50。
自宅で測ると上120下80平均なのに、低すぎませんか?

と言ったけど、全然問題ないようで。

2←ホッとして帰途に。上野不忍池の水鳥を見たりして小春日和の散歩です。

病院から戻るとお腹がすいた、
さておやつタイムしちゃいますか…。

昨夜はお酒を抜いたので今夜は呑んで良し!
晩酌も楽しみです。(^^)v

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年1月27日 (水)

作文コンクール最優秀賞の張晨雨さんが2月下旬に来日決定。

日本僑報社の段躍中編集長のブログで発表されました。

2016_01_25yukosinbun_2○ 第11回「中国人の日本語作文コンクール」で最優秀賞・日本大使賞を受賞した張晨雨さん(山東政法学院4年)がいよいよ2月下旬、副賞の「日本一週間招待」を受けて来日します。
中国の4700人を超える応募者の代表として、日本のいろいろな姿や景観などを見るほか、多くの日本人と交流してもらい、その印象を中国に向けて広く発信してもらいたいと願っています…
<以下略>

前回(第10回)の最優秀賞(姚儷瑾さん)訪日歓迎会では、私が書をプレゼントというサプライズをしましたが、審査員としての私は、今回の張晨雨さんの作文にも一等賞をつけました。

11_3北京の日本大使館で開催された「表彰式と日本語スピーチ大会」は、すぐさま日中の主要メディアが報道されました。

上の写真(日中友好新聞の記事)がわかりやすい。写真が張晨雨さん。

受賞作品集のタイトルは「なんでそうなるの?」。
表紙のオビにも張さんが出てるのはなかなか良いですね。

来月の来日が楽しみです。(^^)v

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年1月24日 (日)

春の書道展、下書き始め。

今年の初めに気持ちの準備をしましたが、4月に練馬書道展に出す下書きです。

Photo何を書くか?が一番苦労するところ。

唐詩選から、李白の7言絶句「清平調詞一」の最初の7文字。
『雲に衣裳を想い、花に容を想う』→

これは有名な詩で、玄宗皇帝の命令で楊貴妃の美貌を牡丹の花にかけて詠ったもの。
「起」の後「承・転・結」と続く28文字を書いたことは何度もあるけれど、
7文字だけを大きく書くのは初めて。

日本では「立てば芍薬、座れば牡丹、歩く姿は百合の花」ですね。(笑)

この画像は小さく書いてパソコンで合成しました。これぞ私流のイメージづくり、全体のバランスが見直せます。

2月末には表具屋さんに送るので、そろそろ原寸で書かねばなりません。

ここのところ毎日、仕事が重なって忙しいけど、頑張ります。(^^)v

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年1月22日 (金)

Jazz38(ジャズサンパチ)主催の、第三回「ジャズ祭り」

Jazz38header
昨日の続きで、今日は「サンパチ・ジャズ祭り」の告知パネルを作りました。↓

Vol3pdf_2年に一度の大イベント!
タイム スケジュールが決定、早速お店に飾られました!!

いよいよ6月5日、何と10時間のロングライブ!
第三回の今回からタイトルが変わって『かめフェス2016』だと!

「亀有フェスティバル」の略ですか。
会場が常磐線・亀有駅前のリリオ大ホール、お店も亀有駅徒歩2分。 ゆえに、地域の名前を浸透させるのはなかなか良い事でしょう。

私は「第一回サンパチ音楽祭」から見に行ってますが、朝から晩までのロングライブ。その間、入出場は自由。

Jazz382015 ←写真は去年1月の「第二回サンパチ音楽祭」のステージ。キッズのダンスが出たり、 今年は太極拳の模範演技もあるそうで、幕間のサプライズもなかなか粋です。

東京下町の穴場スポットで、ジャズミュージシャンたちからも大人気の店。
小さなジャズライブのお店が、640名も入る大ホールを借り切って毎年続けているなんて、 大変なことですよ。

昨日も紹介しましたが、サンパチマスターさんを応援します。(^^)v

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年1月21日 (木)

Jazz38(サンパチ)紹介、レストラン編

Photo
昨年暮れにお店に出向き、仕事の打ち合わせでしたが、年明け早々、毎週土曜日のライブのためのフライヤー(店に飾るミュージシャン詳細チラシ)の制作。

さて、上の画像はレストランページのトップ

Photo_2「イタリア料理とジャズの店、Jazz38」では、Jazzライブはもちろんですが、料理やドリンク類も評判です。

そして、今日はこんなメニューチラシを作成しメールで送信。→
現在すでにカラー印刷されて、店内に飾られているようです。

マスターの早井さんは、常にタブレットを使いこなし、
フェイスブックでライブ状況を毎日連続発信。

今では、パソコンにもだいぶ慣れ、Windows10に買い替えてました。

1年前とは大変身です!(笑)

S←年齢を感じさせないバイタリティが素晴らしい、応援しましょう。

次は、6月に大々的にやる「ジャズ祭り」のチラシも現在作成中。

ウェブサイトの更新を続けながらの制作物。
いろいろと忙しくなってきました。(^^)v

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年1月19日 (火)

年賀状に見るNext-ad(わが社)の歴史

この画像は、わが社24年間の年賀状(年賀ハガキ)一覧。(左上から古い順に)

Next絵柄は、その年その年の業務内容を反映させています。

平成4年設立だから24種類、全部そろえるのは大変でした。(笑)

創立当時の年賀状(上左端)は、確か東急観光の海外ハネムーンパンフレットを制作し、その表紙用にモデル撮影した写真を使用。

そんな風に、一枚一枚に深い思い出があります。

並べてホームページに掲載したので、小さくて見えなければこちらを >>

Next2016_3後半(近年)は、なぜか?"干支の書"が多くなってますが…

そして、右の一枚は、先日紹介した今年の年賀状。→

とにかく並べてみると良いものですね。

自己満足ではない、自社PRなのです。(^^)v

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年1月16日 (土)

友人の書道展、来月1日から銀座で。

201602dm_2友人と言っても、過去に私が「日本書道会」の理事長を辞め、後任の理事長となられた方。

その嶋尾大恭氏から、年賀状と共に書道展のハガキが届いていました。

3年前に催した『心花(こころばな)』展の第2回目をやるそうです。

Tsuka_2第1回展の時は、私と井形氏(産経国際書会評議員)が、参考作品を依頼され、出品しました。
(右の写真がその時の作「敬天愛人」)→

そういえばこの作品、我ながら気に入っていたので、
1年前に「中国人の日本語作文コンクール」最優秀賞の女性に受賞祝いとして差し上げました

Photo左が前回の嶋尾さんと出品作品の一つ。

今回は2回目で、展覧会開催そのものにも自信がついたのでしょう、
我々の助けは必要ないようで…(笑)

もちろんそれはそれで結構なこと。

あ、画廊も「銀座・幸伸ギャラリー」に変えたのですね。

お弟子さんたちの作品の中に興味深いものが見れるようで、それも含め、楽しみに観に行くつもりです。(^^)v

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年1月14日 (木)

祝・日本僑報社創立20周年

Newyearmessage_2今年、創立20周年を迎えた日本僑報社

以下は、段躍中編集長の新年挨拶文の一部です。
あけましておめでとうございます。~中略~
まざまな困難に直面しつつも、なんとかこの1年を無事に過ごすことができました。
~中略~今年2016年は、弊社の創立20周年の節目の年に当たります。
これを記念し、皆様への感謝の気持ちを込めた各種行事も開催したいと考えています。その節にはまた、なにかとお世話になりますが、よろしくお願いいたします。

20thci単身で来日して、「中国と日本の友好の架け橋となれれば」という一念で出版社を作り20年。
常に初心貫徹、決してブレず、たいしたもんです。
この純な熱意と行動力に惹かれ、私に出来ることなら応援したいと(中途からですが)お手伝いをしています。

しかし傍に居て、その発展振りは、日に日に加速度的で驚くばかり。

写真は、20周年向けに作ったCI。→

同時に、是非このサイトを見ていただきたい、「段躍中編集長のあゆみ」。
これを見れば一目瞭然、驚かない人はいないでしょう。(笑)

更なるご活躍、ご発展をお祈り申し上げます。(^^)v

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年1月11日 (月)

1月11日11時11分の衝撃?(笑)

この数字、北川景子さん+DAIGOさん結婚(入籍)"日時"だそうで。

Photo第一報は、スマホの臨時ニュースで知りました。

北川景子さんのブログより、2016/01/11 (Mon)
ご報告ー いつも応援して下さっているファンの皆様、~中略~ 私、北川景子は、DAIGOさんと本日1月11日に入籍致しました。~以下略~

私は一昨年の日曜TVドラマ「みをつくし料理帖」を見て以来の"にわかファン"

追っかけファンではないので詳しいことは無知ですが、相手がDAIGOさんなら、良いではないですか!って感じで祝福します。

以前は伊東美咲ファンでしたが、素敵な人はすぐお嫁に行っちゃう。(笑)

まあ、焼けちゃうけど…おめでとうございます。(^^)v

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年1月 8日 (金)

新年会&歓迎会!

池袋の「日本僑報(きょうほう)出版社」へ、今日が初出社です。
夜は新年会をやってくださいました。

En04社内スタッフの他に、顔なじみのお客様も含め、中国で日本語を教えていた日本人先生、
そして過去の作文コンクールで最優秀賞をゲットした人が2名。最優秀賞受賞者が二人も参加とはスゴイ!

一人は日本人の久保浩之さん(立命館大学 漢字教育士)。
第3回・日本人の中国語作文コンクールで最優秀賞!
(名刺には、立命館大学白川静記念東洋文字文化研究所文化事業担当)

…ということは、あの漢字博士(白川静先生)に私も縁がつながった?(笑)

En02もう一人は中国人の李敏さん(当時は国際関係学院在学中)。
第9回・中国人の日本語作文コンクール」で最優秀賞(日本大使賞)を!
副賞の「日本一週間招待」で、一昨年1月に東京に滞在されました。訪日記録はこちら>>

実は李さんは、現在、来日して先月中旬からこちらの会社でお手伝いを始めたばかり。

つまり彼女の歓迎会も兼ねているのです。

こんな素晴らしい方や初対面の方との新年会だから新鮮、話題も新鮮!です。

En01前段が長くなりましたが、池袋西口、居酒屋『えん』にて、新年会の始まりで~す!!
段躍中編集長がセッティングしてくれたこの店、気に入りました。

素敵な料理が続々と、
例えばこれ『野菜スティック』、お洒落です。→

Photo広々した座敷で心地よい。だいたい女性客が多い店は当たりでしょう。

←最後は『鯛の土鍋蒸し』、これがとっても美味しい、お茶漬けにしても良し!!おなかいっぱいです。

ところで李敏さんは、進んでみんなに料理を取ってくれるなど、日本人女性は顔負け?
日本語の対応も自然で、最優秀賞を獲るだけの素敵な女性です。

本当に楽しかった、ごちそう様でした~(^^)v

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年1月 6日 (水)

書道展の準備。

練馬区書道連盟から4月にやる書道展のポスターと出品要項が届きました。

Photo_2対象は練馬区住人というローカルな書道団体ですが、
私は、練馬区の教室で学んだ時代の亡き恩師を凌ぎ、毎年出品させていただいているのです。

新作を発表する事は大事、早速準備にかかります。

直近3回の出品作品を右から古い順に並べてみました(左端がいいちばん最近)。
大きさがわかるように自分も入れるとこんな感じ。

3←右端の大きい作品(高さ3m×幅90cm)は3年前、長所短所が良くわかります。

実は、去年一年間は古今東西の優れた書画を多く観るよう心がけたので自分の作品を客観的に評価できるようになったかもしれません。(笑)

締め切りまで2ヶ月足らず、先ずは何を書くか?が最も苦労するところ。
頑張ります!(^^)v

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年1月 4日 (月)

仕事始め。

Next2016弊社は明日(1月5日)からスタート。

ですが、実際には一日早く、今日から始めちゃいました。(笑)

お得意様のご期待に応えんと、弊社が運営している数社のウェブサイトに正月メッセージを作り、早速公開、或いは公開の準備など。

明日からは、暮れから持ち越した仕事に取りかかります。

ところで、これは会社の年賀状。→

わが社のホームページの画像をあしらい、今年の方針と理念「共に創る、あたらしい価値」を掲げました。
過度なIT化より、人から人への丁寧な応対が生む、新たな価値の発見。

Photo_2事務所内には、私が個人的に書いた干支の「申」を額に入れて飾り付け、これで明日からの本格準備OK。

←これは毎年やってることで、新年への気持ちの入れ替えです。

今年もお客様との信頼関係を保ちつつ、事業のお手伝いをさせていただきます。

どうぞよろしくお願い申し上げます。
m(__)m

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年1月 3日 (日)

現代書道二十人展、今年は日本橋高島屋。

朝日新聞社主催の、お正月恒例「現代書道二十人展」は今年で第60回、還暦を迎えたわけですが、今年の会場は上野松坂屋ではなく日本橋高島屋(1/7まで)、理由は改装工事中だとか?

Photo毎年、書の友人がチケットを入手してくれるのでありがたいです。

なんだかんだと言っても日本の書道会の最高峰20人の作品はためになります。

やはり見ることが大事。

さらに今年は、特別展として「歴代出品作家選」が併催。
つまり亡き大御所たちの代表作を、重く懐かしく鑑賞できました。

帰りにパンフレットを購入、そのあいさつ文の中に、九州国立博物館長(島谷弘幸)氏のちょっと良い言葉:「書を読むことを忘れて、まずは感じて欲しい」。

しかし残念ながら、印刷物では会場で見た感動が半減です。

「書」に限らずですが、実物(原画)鑑賞の大事さをまざまざと感じました。(^^)v

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年1月 2日 (土)

初詣は、地元の氏神様「素盞雄(スサノオ)神社」へ

毎年恒例となった、我が地元の氏神様「素盞雄(スサノオ)神社」へ。

Photo小さい頃から『お天王様』と呼んで親しんできました。

獅子舞とお囃子がやって来て、頭を噛まれると魔除けになるって?

頭も良くなったかな?

この辺では最大の神社で、平安時代からの歴史があり、お神楽もある。

素盞雄大神と飛鳥大神をご祭神とする、荒川区内でもっとも広い氏子区域をもつ神社とのこと。

尤も、我が家は台東区三ノ輪だけど、同じ氏子区域に入ってます。

徒歩10分で行けるので、5年前に実家に戻ってからは、初詣で遠出することはなくなりました。(^^)v

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年1月 1日 (金)

2016年・丙申、明けましておめでとうございます。

2016_2「朝まで生テレビ」見ちゃいました(笑)

眠い目をこすり、お屠蘇をいただきながら、ブログ更新。明けましておめでとうございます。

こちらの年賀状をもって、新年のご挨拶とさせていただきます。→

あと、私個人の書道ホームページのトップページ(下の画像)を正月用に少し直しました。他のページはそのまま…後日更新する予定。
(自分のは仕事と違って、ついダラダラと)

それでは、本年もよろしくお願い申し上げます。m(__)mTsukahp

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2015年12月 | トップページ | 2016年2月 »