« 2016年1月 | トップページ | 2016年3月 »

2016年2月28日 (日)

奥深い禅語「日々是好日」を書く。

Photo今日は「日々是好日(にちにちこれこうにち)」を書きました。
でも、日本的(私的?)には「是」は無いほうがシンプルで明解でしょう!
そして、「ひびこうじつ」と読みます。→

異論ある人はどうかな?(笑)

まあ、その辺はともかく、これは禅の言葉で、単に「良い日」ではない。
何が起こるかわからない明日に託すのでなく、この一瞬を大事に(毎日を全身全霊で生きる)です。

同じように「無事是貴人(ぶじこれきじん)」も、平穏無事が貴人であるわけがない。
「無事」とは、求める心や欲を捨て、純真無垢な自分を見つけた時(これぞ貴人)。

2shotまた、茶席の禅語として「一期一会」なども有名ですね。
←中国人は日本製のこの言葉が好きみたい(写真は以前に中国の学生に差し上げたもの)。

昔から禅語は好きだけど、やたら理屈っぽくて難解なのが多いなか、
こんな優しそうな言葉を部屋に飾って自戒することも必要でしょう。(^^;ゞ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年2月26日 (金)

NHKラジオ第1「先読み!夕方ニュース」に張晨雨さん。

張晨雨さんは、今週いっぱい訪日している、「第11回中国人の日本語作文コンクール最優秀賞(日本大使賞)」受賞者。

Nhk20160216NHK放送センターで生出演、と聞いてたので、その通り今日の午後5:00~6:50の時間帯に放送されたそうで。
聞き逃しちゃいました。
が、大丈夫。
NHKのホームページにアップされています。(2016年2月26日(金)放送分のところをクリック)→

一ヶ月の間だけ公開だそうですが、聴きました。
最初にNHK解説委員の加藤青延さんが出て紹介を始めたのでビックリ!(笑)

最優秀賞をGetした作品の内容を、張さん自ら日本語で語ってます。
作文の題名は『好きやねん大阪』、なかなかおもしろいですよ。

11それから、この一週間、日本の政治家や大使などなどを表敬訪問したり、
他にも初めて聴くいろいろなお話をしてました、是非とも聴いてみる価値ありです。

←なお、上位入賞の71本を収録した作品集はこちら

中国各地の180校から史上最多の4749本の応募作が寄せられたというから、
これもスゴイ話題です!(^^)v

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年2月25日 (木)

『汎美展2016』のハガキが届いた

友人画家、中西祥司さんの新作を毎度観に行ってますが、次回は来月(3月2日~14日)六本木・国立新美術館だそうで。

Photoそれにしても、昨年10月の秋展からもう春展ですか!

このピッチで新作を発表しているのには頭が下がります。

汎美展は春秋と年2回、秋は上野・東京都美術館、
春は六本木・国立新美術館と交互に開催するようです。

2この写真は秋展の作品でしたが、前回とガラッと変わって驚きでした!
今回は、SNSでほんのちょっと(部分を?)見ちゃいましたが、
とても力強い作品のようで大いに期待してます。

作風を固めずあらゆる可能性を確かめていく姿は共感できる。
毎度拝観するだけの価値を感じ、私への刺激にもなっているのです。(^^)v

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年2月22日 (月)

いよいよ来日、作文コンクール最優秀賞の張晨雨さん。

20160222昨日の日曜日、羽田についてその足でしょうか、早速「日曜漢語角」に出られたんですね。

右の写真、真ん中が張晨雨さん。
私が揮毫した「漢語角」を合成しました、格好がついたでしょ。

私は最近「漢語角」にはお休み続きなので、
段さんのブログで知り、あ、行けば良かった~と(笑)。

今日からは、色々な方々とお会いしたり取材を受けたりで祝福されることでしょう。

20160222_2←早速、福田元総理を表敬訪問されたようで、他へもいろいろ行かれる予定。これも段さんのブログに紹介されています。
とにかく、この日本訪問は本人にとって思い出に残る、たいへん急がしい一週間となることでしょう。
私からもお祝いします。
第11回中国人の日本語作文コンクール最優秀賞(日本大使賞)、おめでとう!(^^)v

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年2月19日 (金)

作文コンクール最優秀賞の張晨雨さん、"副賞の日本1週間招待"で来日!

日本僑報社の段躍中編集長(日中交流研究所所長)さんのブログより
第11回中国人の日本語作文コンクール最優秀賞(日本大使賞)受賞者張晨雨さんは、今月21日から28日、初めて訪日されます。<以下略>

11という事は、来週会えるかな?(笑)

日本僑報社のトップページもこの画像に替えました。→
これから訪日記録など随時更新してゆきますので、乞うご期待を。

今までの受賞者の訪日記録はこちらに掲載。皆さん素晴らしい訪日体験です。↓

Photo来週木曜日(25日)には、張晨雨さんの訪日記念懇談会と記者会見があり、会場は衆議院第二議員会館というから大変なもんです。詳細はこちら

とにかく作文コンクールは日本僑報社の一大イベントです。
単に書籍の出版だけでなく、長年にわたる日中友好、相互理解のための活動が各界から評価され、大いに注目され、今日までやってきました。

応援させていただいている私も大変喜ばしく、取り急ぎの発表でした。(^^)v

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年2月16日 (火)

今週末のジャズライブは日曜日もあり!

2016220毎週土曜日はジャズバンドのライブが2回というふれこみの『イタリア料理とジャズの店』ですが、今週の土・日は、両日ともにライブがあります。

そこで、両方のフライヤーを2枚作りました。(フライヤーとは、イベント告知など手配りしやすいA4程度のちらし)
お店にはもう飾ってあるようです。

・土曜日(2月20日)は、
 『NF4 日野林ジャズナイト』。
・日曜日(2月21日)は、
 『Yoichi Uzekiジャズライブ』。

毎週違うバンドの生演奏が聞けるのですが、私はミュージシャンの方にお会いしたこともないので、興味を持って調べると、今回もスゴイ方々!

2016221pdf土曜日出演の日野林さんのアルバムをアマゾンで見つけました
SAX日野林晋率いる Fusion Unit 「NF4」のファーストアルバム

日曜日出演のYoichi Uzeki(宇関陽一)さんは、→
ニューヨーク在住ジャズピアニスト・作編曲家、 オフィシャルサイトより

私のブログを見て誘ってくださいという方も出てきたので、今度はお客さんとして、Jazzを楽しみたいと思ってます。(^^)v

わが社のホームページの、グラフィックサイト(フライヤーセクション)にも追加掲載しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年2月14日 (日)

バレンタインコンサート、岩崎ミュージアムにて。

02_2バレンタインデーにクラシックコンサートなんてなかなか良いではないですか。

お昼から、みなとみらい線で終点の「元町・中華街」駅で下車。
アメリカ山公園を通り徒歩3分の岩崎ミュージアムへ。

妻方の親戚がピアノの先生で、バイオリンとチェロのトリオ演奏会。
お恥ずかしながら、私はこういうコンサートに行くのは初めてなのです。

Photoだいぶ早く着いてしまったので、港の見える丘公園でも散歩するかと思っていると、そこで親戚の皆さんとも合流。

クラシックは決して嫌いじゃないです、いいもんですね~、でも、途中ちょっと居眠りしてしまったけど…
隣の妻は、いびきをかかないかとひやひやしてたそうで。(笑)

終わると、お客様全員にチョコをプレゼントしてくれました。

Photo_2さて、終わったら中華街で食事だそうで、総勢9名。
ピアノの先生も来てくれて、またまたチョコのプレゼントいただきました!
実は、親戚といいながら私は初対面なのです。

お酒も入って話がはずみ、楽しい一日。

Photo_3親戚とは法事くらいしか会うことがなくなったので、こんな日もいいものです。

さらに、朝から2つもチョコが届いていて(これも身内からだけど)久々のチョコまみれ。

でした。(^^)v

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年2月13日 (土)

4月の書道展に向けて

Photo4月2日から始まる展覧会に向けて、額装してもらうので時間を計算すると、
今月中に表具屋さんに出さねばならない。

だんだん時間がなくなってきました。

先日、何を書くかを決めたので、今日は気持ちが乗ったところで一気に本番。

サイズは2尺×8尺という規定の紙で、メートルにすると、長さは約2メートル40センチ。

このサイズは決して大きく感じないから書くのに気持ちよい。

書道の展覧会では標準サイズです。

李白の「清平調詞一」の最初の7文字『雲想衣装花想容』。
楊貴妃の美貌を詠ったもので、和訳は「雲に衣裳を想い、花に容を想う」。

まだ時間的猶予があるけど、今日は頑張ってみました。(^^)v

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年2月11日 (木)

建国記念日の今日、重力波の直接観測に成功!

前の会社以来の友人の西村幸祐君(評論家、批評家、作家、ジャーナリスト。最近は拉致問題や歴史問題などに関する執筆活動を行う…<ウィキペディアより>)
のニュース速報によると、

Photoアインシュタインが100年前に「一般相対性理論」で予言した、重力波の存在を米国の科学者チームが確認した。
これはNYタイムズの速報です。と、
英語だけど素晴らしい!→

毎日新聞も取り上げてます。
(下の"仕組み"図も)↓
<重力波>世界初観測 国際研究チーム 宇宙誕生のなぞに光。
一般相対性理論の正しさを改めて裏付け

Photo_2これって、昔アインシュタインが、重力は光をも曲げてしまう(時空の歪み)。
という理論を、皆既日食の日にある天体を使って証明したやつでしょ?

重力波とは、星の周りの時空の歪みが、星(物体)から離れて遠くへ伝わってゆく現象。
これを米国のチームが直接観測して確認したという朗報ですよね。

私も大まかにはわかりますが、これ以上は聞かないでください(笑)

それにしてもいつも思うのは、物理学者がわけのわからない数式を、黒板にぎっしり書いて説明しているのをよく見るけど、計算だけでどうしてわかるの?

ど素人の素朴な疑問…、宇宙の解明は大好きだけど、とても、とてもついていけるものじゃーありません。(^^;ゞ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年2月 9日 (火)

「春節」にちなんで

Facebook
これは、FaceBookの私のページのトップ画面です。
去年の暮れに参加した「中国高校生訪日団」歓迎パーティでのワンショット。
(浅草ビューホテルにて)

飽きたらまた別の写真に変えるでしょうが、ちょうど今の時期、「春節」のお祝いを含めて、新年おめでとうございます。(^^)v

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年2月 8日 (月)

今日(2/8)は「春節」、中国のお正月です。

03新年好(シンネンハオ)!
中国語で「明けましておめでとうございます」のこと。

いろんな「丙申(ひのえ・さる)」を書きました。→
となりには、何年か前の正月に中国でいただいた空竹(紐で操るコマ)も添えて、
新年の挨拶です。

02それと、サルの字2種類。↓
左は中国の「猴」、右が日本の「猿」。
「猴=サル」と読めますか?
日本の「猿」の方がおとなしいそうで。

さて、日本僑報社も10日間お休みです。段躍中編集長も故郷(湖南省)へ帰られました。正月に帰るのは、なんと20年ぶり?だそうで。

2016_2『人民網』日本語版に新春のご挨拶が掲載されたようです。→

あと、創立20周年を迎え「段躍中のあゆみ」を半年がかりで作ってきましたが、
内容は驚くばかり、たいへんな量で若い時からの段さんがたくさん登場します。

中国に向けて「新年おめでとうございます」。
m(__)m

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年2月 7日 (日)

友人の書道展へ、

先日予告した友人の書道展、"嶋尾大恭とその仲間たち"第2回「心花展」。

Photo端的に言えば、"嶋尾先生と弟子たちの発表会"なのに先生ぶらないところがイイ。

結局、最終日になったけど行って来ました。

ここは銀座7丁目「幸神ギャラリー」、スペース的にもちょうど良いところですね!
しかし、この辺は昔クラブ通いしてた頃の中心地。

Photo_2今日は日曜日だから問題ないけど、平日だったらやばいやばい!?(笑)

尤も、嶋尾先生(夜の銀座の帝王?)ほどではなかったけど?

冗談はさておいて、彼の書のスタイルが変わった。
←(写真は嶋尾大恭の作品を挟んでの2ショット)

Photo_3このスタイルを学んだ生徒たちも伸び伸びと書いています。しかも、まだまだという熱心さには好感がもてる。→

日展はじめ毎日、読売などのマンモス書道界の重鎮とその弟子たち(戒律派)は、これを見て何と言うでしょう…。

そこで近代書道界の巨匠、亡き西川寧先生曰く
「書家達よ、誰かひとおもいに昔風の書法を捨てて、2~3年みっちり近代学を稽古して、それから法帖の勉強は止めて広告文字と学生のノート、文士や画家の色紙、女優のサインなどを収集してこれを臨書し、今だ嘗てなかったスタイル(若きジェネレーションの感傷を根こそぎ奪って了えるような)を発明し、さらにこれに近代美学の論理の基礎づけをして世に示す勇者は出ないか。…」(西川寧著『猗園雑纂』より)

Photo_4だいぶ話が大きくなりましたが、
大御所のお手本から脱皮し、自分の感性を磨く今の若い書家にも素晴らしいものがあると。

←こちらは小学一年生の作品だが、これも自由で良い。大人と差別なく展示されています。

学校や書道塾で習うといかにも「お習字」というステレオタイプなものが多いのは困ったもの。

嶋尾氏の、のびのびと書く指導、
そしてそれを発表するということにとても賛同できました。

こんな感想を抱くとは思いもしない友人の書道展でした。(^^)v

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年2月 6日 (土)

「春節や 上野の桜も 目を覚まし」♪

20160206今朝のウォーキングは上野の山を越えてアメ横まで(約1時間)。
買い物が目的でもあり、用が済んだら電車で帰る。

これもお気に入りコースの一つです。

やはり広々とした公園を歩くのは気持ちがいい。
ソメイヨシノはまだでしょう、そこらじゅう枯れ木だらけ。

しかし遥か遠くに、桜の花が見えました、寒桜かな?わずか一樹なのに、そこには既に人だかり。→

中国人ではなさそうだけど皆外国人。

Photo_3そこで一句作りました。(笑)

←「春節や 上野の桜も 目を覚まし」

イマイチかな?

2日後に迫る春節(旧正月)に向け、中国人が大量に訪れるのを歓迎するか、爆買いに驚くか?の心を詠んだ一句です。(^^;ゞ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年2月 5日 (金)

Jazzライブの「フライヤー」ができた。

201626_2Jazz38の店(イタリア料理とジャズの店)から、現在運営しているウェブサイトの更新・運営以外に、今年からは印刷物も頼まれ、いろいろ制作することになりました。

明日の土曜日(毎週土曜日がライブの日)のライブは、『Transphazz Jazz Funk』。

フライヤーも完成です。

フライヤーとは、出演するミュージシャンや音楽のジャンル、イベントの詳細などを告知するライブの紹介チラシ。

下のフライヤーは、来週の土曜日(2/13)『水橋Gon孝 ジャズライブ』。

2016213_3ウェブサイトのほうは、3月までスケジュールが出来ました。

土曜日以外の平日は?というと、
水、木、金、日曜日が「セッションデー」と言って、毎度違うミュージシャンの演奏で自由に参加できる。もちろん食事だけのお客様も大歓迎だそう。

いろいろ覚えました。(笑)

いまさらですがジャズはやっぱりいいもんですね~(^^;ゞ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年2月 3日 (水)

元社長の訃報。

およそ35年前に私が務めていた会社の、当時の社長が亡くなったという知らせ。

Photo驚きと同時に平素の疎遠を侘びる思いで文面を読むと、昨年11月18日(74歳)にて逝去。
二日後には近親者のみで葬儀を執り行ったとのこと。

今日突然、当時の役員だった沼さんからお手紙をいただいた訳ですが、「偲ぶ会」を行ったという写真もたくさん同封されていました。

その写真を一瞥すると、知らない人ばかりに見えたほど、私は長らくご無沙汰していたのでした。尤も、外見が変わったのも一因でしょうが…。
通知をくださった沼さんとは、年賀状だけの付合いが、逆に功を奏したのでしょう。

今後、法事等の折には是非ご連絡いただきたく、返信手紙を書き綴ったところ。

亡き社長は、日本デザインセンターの営業を経て独立。
後に、同社に勤務していた26歳の私をディレクターとしてスカウトしてくださった方。
以来、温室育ちの小生に独立心を持たせるなど多くを学ばされました。

遅ればせながら、亡き元社長へのご冥福、お祈り申し上げます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年2月 1日 (月)

ブログ始めて、ちょうど10年。

今日は私にとって記念すべき日なのです。(笑)

Photoこのブログに『夢酔独言』と名づけてスタートしたのが、2006年1月31日 (火)。

当時、友人たちから「ブログ研究会作らない?」
という誘いで軽く始めて10年経ちました。

第一回目のブログはどんなのだっけ?
そんな昔のページを捜すのは大変なので、検索したらすぐに出ました。
これがその画面 →

こんな「書(夢酔独言)」を書いていたんですね。

別に懐かしくも何ともないけど、10年続いたのは良い事でしょう。

Photo_2元祖『夢酔独言』は勝海舟の父親(勝小吉)。
←写真がその原本らしい

当時、この本を読んで勝小吉さんが好きになっていたので、タイトルの由来を自分にこじつけてスタートしたわけです。

一人で10周年に乾杯、私の周りもだいぶ変わったけど
今後ともよろしくお願い申し上げます。(^^;ゞ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年1月 | トップページ | 2016年3月 »