« 奥深い禅語「日々是好日」を書く。 | トップページ | 湯島天神"梅まつり"でつぶやいたこと。(笑) »

2016年3月 2日 (水)

来月、梁祝ゆかりの地(寧波)へ行くことに。

いままで何度も紹介してきましたが、
梁祝(りゃんちゅう)先生こと、渡辺明次先生宛てに、中国梁祝文化研究会の周静書会長から、文化学術シンポジウムに参加してほしいという連絡が入ったそうです。

Photo_4我ら日本の「梁祝会」は、ここ数年は飲み会中心ばかりでしたが(笑)、
久々に本家本元から大イベントの参加要請がやってきました。

以下は、渡辺先生からのメール:
『梁祝口承伝説集』の翻訳監修をしてくれた寧波大学の張正軍先生(写真左)から2月24日突然メールがありました。
内容は中国梁祝研究会会長の周静書先生(写真中央)が渡辺明次の消息を尋ねてきた。その内容は大変うれしいものでした。

01「寧波市は『東アジアの文化の都』として、 2016活動年開幕式と無形文化遺産保護シンポジウムを開催挙行する。」
これに渡辺明次を日本の「梁祝文化」研究者として招待する、4月14日に寧波に到着して下さい。4月15日~16日はフォーラム会議

(上の写真は2013年に寧波に建てられた梁祝博物館、ここに日本から送った我々の「梁祝文化活動」の写真や資料などがたくさん展示されています)

2008menber途中経過はまたお知らせするとして
今まで我々がネットに上げてきたものをちょっと調べただけでも、いろいろ活動してきたのですね。

そのホンの一部ですが:
①先ずは、「梁祝」ポータルサイトを作成して発信 
②中国新聞社 記者:謝国橋による渡辺明次インタビュー(2012年2月)
③「梁祝を日本に、みんなのブログ
④日本で初めての、中国愛情故事「梁祝(リャンチュウ)」の舞台公演のDVDに、
中国語の字幕をつけました。これも日本はもちろん、世界で唯一無二の動画です。
最初の4分間だけをアップロードしました。↓

まだまだありますが、これだけでも我々の今までの活動がかなりわかるでしょう。

というわけで来月、
私も(自費で)「梁祝会広報部長」として、二人で寧波に行くことになりました。(^^;ゞ

|

« 奥深い禅語「日々是好日」を書く。 | トップページ | 湯島天神"梅まつり"でつぶやいたこと。(笑) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/164930/63290365

この記事へのトラックバック一覧です: 来月、梁祝ゆかりの地(寧波)へ行くことに。:

« 奥深い禅語「日々是好日」を書く。 | トップページ | 湯島天神"梅まつり"でつぶやいたこと。(笑) »